ブログパーツ アクセスランキング













声がする。「お願い、ありのままの私を抱きしめて」 第4話

166 名前:誠 ◆6/n/Makoto 投稿日:2013/01/03(木) 20:02:05 ID:45n3jGDs0

■第4話 「リベンジ」


     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |     レイと別れてから約2年・・・。     |
     |_________________|

                             、
                            _ヽ ,. -―‐-:::、
                         /´`v'::::::::::::::::::::::`ヽ
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ハ
                       /:::::/::/:::/l:::::::ヽ::::\::ヘ:::;ハ
                       ,':::::/::/:::/,_l::ヽ:::::トヘ::::\::ヽ:}
                       ,'::/l:::/:::/セ=',:::iヽ::|ヤミ::ヘ::::::::l__
                       l/ .|/l::rY弋i} ヽl `ヽ{iソ` YヾΣ
                      |! ヾ{、`ー  ,  `゙´ ./ゾ`
                         ハ   _ _   ,イ/
                         ` 、   ,/ |
                           ノ      |\__
                           _/|     /   `ヽ
                           , r'´  \__/       \
                    r'"´                  _>、
                   /\                    /   ',

                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                         |      俺は大学2年生になっていた。      |
                         |____________________|

声がする。「お願い、ありのままの私を抱きしめて」 第3話

110 名前:誠 ◆6/n/Makoto 投稿日:2012/12/29(土) 20:00:31 ID:GF.9mY.I0

■第3話 「衝撃」


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |      “その時”は突然やってきた。      |
 |____________________|


          | ̄|ヽ、      | ̄|\
     | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄l | \
    TTTTTl|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTl
   [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\
   `l []l[] |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |
   [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
   `l []l[] |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |
   [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
   `l []l[] |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |
   [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
   `l []l[] |  | l| ̄| ̄|]  |  | l 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_l [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |  |  |/          |  |   ______
              |  |  |            |  |  |○○高等学校|
              |  |  | _____ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |  |  |            |  |
_______|_l/             |_|________________

声がする。「お願い、ありのままの私を抱きしめて」 第2話

62 名前:誠 ◆6/n/Makoto 投稿日:2012/12/24(月) 19:55:06 ID:Xa97HISo0

■第2話 「無理解」

                      //                          __
   チュンチュン       //                             || ̄
                //                             ||
                //                      (二二二二二二二
          //|        _______      ||  ||  ||  ||  ||
          //  .!        |     ll      |      ||  ||  ||  ||  ||
            ̄    .|       |     ll      |      ||  ||  ||  ||  ||
              |       |     ll      |      ||  ||  ||  ||  ||
              |       |     ll      |      ||_||_||_||_||_
              |         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       l_______
              |                         //
              |                         //
              |                   //
              |                   //
            /|                    //
          //|              //

声がする。「お願い、ありのままの私を抱きしめて」 第1話

1 名前:誠 ◆6/n/Makoto 投稿日:2012/12/23(日) 19:36:23 ID:bmi3LKfw0


このスレは>>1の実体験を元にした物語です。


下は作中に出てくるセリフたちです。↓
これ見てどんな内容か察してね



           これ以上、突き放すなら私、死にます・・・。



   あなたと付き合った理由は、
   童貞とセックスしてみたかったからよ。
   ただそれだけ。
                                     信じてください!!
                                     あなたのことが嫌いに
                                     なったわけじゃないんです!!

                     君、クビ。



          げええええ!!
          しかもいきなり結婚かよ!!!


                                 あの女の人生がむちゃくちゃになったんは、
                                 お前がきっかけであることに変わりはないんやで。






完結まで完成済みなのでエターはありません。

雑談やご意見、ご感想、ご質問など、どんなレスもお気軽にどうぞ。
たぶん>>1がしれっと混ざったりしますが。

作中に盛り込めなかったエピソードも随時このスレに書いていくので、
よろしければそちらもお読みください。


4 名前:誠 ◆6/n/Makoto 投稿日:2012/12/23(日) 20:00:13 ID:bmi3LKfw0
では始めます