ブログパーツ アクセスランキング













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は救い救われるようです 第三話


123闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:05:52 ID:r/AHYEBM0


投下のほう、開始させていただきます



                 / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
           /   ⌒      ⌒ \
              /   ( ⌒ )   ( ⌒ )
          | : : : : (  人  ) : : : : l
          |     `¨´  `¨´     |
              \              /
              >-ミ____   __,,.   '′
            ///∨/\: : \∧ ∧\
              /////∨/∧: : / : ∨∧∧
.            | /////∨/∧/ : : /∨∧∧


やる夫は救い救われるようです  ~本間棗軒異聞~

   第三話~師弟三世~

          ____  , ==-- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::∥ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /



124闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:11:59 ID:r/AHYEBM0

―1827年3月25日、やる夫は紀州の華岡邸にて、華岡青洲と対面した

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   本間やる夫ですお。今日からよろしくお願いしますお
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ






     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    よくきてくれたね。僕が華岡青洲だ
.         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!               j!/ j|:::リ     
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
             リl::l゛、           ./  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


125闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:17:21 ID:r/AHYEBM0

―あいさつもそこそこに、青洲はやる夫に、まるで世間話のように軽いふうで

 そのうえで中々に重たい質問をぶつけてくる



//::ハ::::::::::::Ⅶ:::::::::::\ヽ::::::::Ⅵ、::::::::::.ヽ
:::i::::::|\::::::::Ⅵ:::::::::::::::\、::::::Ⅶ:::::::.、::::
:::|:::::ii::::::\:::::マ::::::::::::::::::::\ :::Ⅶ::::::::::::
:::i:::::|!:::从:::\::\:::::::::::::::::::::ヽ::Ⅶ:::::::::::
::|!::::ハ:::::i::Ⅶ:: \: :::i:::::::|`:::::::::|`∨:::::::::
::i:::::i::i:::::ト、:\:::::::\i:::::::!,:::::i::::i ::::|::::::::::   さて・・・さっそくだけど、杉田先生のもとで7年、その前は
::::::::|::|}从‐\i\:ミ|::i:::::::i|Ⅶ ::从:::i:::::|:::
从 :|::|| .ヽ  \.\ヽ:::ノ| ∨ .___ン|:::从:::  南陽先生の元でも修行をつんだときいてるけど
{ ヽ:::|ヽ `ー==仆、    :' ̄ ̄ ノ//::}
ゝ、人:i           :.    ∥/    蘭学、漢方学双方学んだ君からみて、「傷寒論」
.Ⅵミ、\          :.    /{/
 \:::∧. ヽ      _  ノ    /八     についてどうおもうかい?
, ‐‐ヽ|::\     _____...   イ/ーヽ、
  ::.. ||  \    ̄ ̄  .//′   \
   i::::〉:   \     / /::::ゝ    ' ‐- ...,,__
   |:::::::、    ` :=彡  ,  X::}          ~""'' ‐、,‐
   Ⅵ:::::`         /  ::/               i
   \::::::       __:::// ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,,__ノ_
     \:::::     /_, ̄ ̄,ゝ ̄}   i
      \::::::::::/  ヽ  \:/ ::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


126闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:25:14 ID:r/AHYEBM0

―蘭方と漢方・・・この二つ、決して仲がいいとはいいがたい。
 それぞれの術理体系が大きく異なっているがため、双方の間で
 反目しあう空気がやはりあり、蘭方医を毛嫌いする漢方医も
 漢方を毛嫌いする蘭方医も珍しくなかった。




     ____
   /      \
  /         \
/           \  (蘭方医として名を馳せた青洲殿・・・やはり
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   漢方はきら・・・)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


―それゆえ、やる夫も一瞬青洲もそのたぐいかと思い、漢方を否定すべきかと思うが・・・


127闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:27:59 ID:r/AHYEBM0

―が・・・脳裏に、彼が一番最初に授かった師の教えがよぎる

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N      あのな、やる夫。たしかに傷寒論は偉大な書だ
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l         だけど、それだけでいいわけじゃねーんだよ
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   ) 治療法に古いも新しいも貴賤もねぇ、治るかどうかが
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ   一番肝要だろうが
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....



       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ   て
    /       ―   ― ヽ   そ
   |               ヽ
   l       ( ◯)    ( ◯)
   ` 、         (__人_) /
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\


129闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:29:08 ID:r/AHYEBM0

―師の教え、さらに自身が感じていた思い・・・それには逆らえず、もしこれが

 青洲の怒りをかって追い出されても仕方ない、と覚悟を決めてやる夫は思うが儘に答える

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ    ・・・間違いなく有益かと。されど、盲信するに及ばず
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<    その内容を己が血肉とし正しく使うことこそ肝要かと
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


130闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:34:26 ID:r/AHYEBM0

―その答えをきいた青洲はそのままさらに問いを重ねる・・・が、やる夫はすでに先ほどの問いかけで

 覚悟が決まっている。己が思うが儘をそのまま答えていく




                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|   ふぅん、傷寒論が有効、ね。じゃ、蘭医についてはどう思うかい?
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
  / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、



         ____
      /       \
     /  _,  、_ \   ・・・実に有意義で漢医より優れた面も多々あれど、場合によっては
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'   |  漢医のほうが優れていることもありますお
   \    ` ⌒ ´    /
   /ゝ    "`     `ヽ.  これもまた、患者にあわせて使うことこそ肝要かと
  /              \


131闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:42:28 ID:r/AHYEBM0



         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/   ・・・ふぅん・・・そうかいそうかい
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′   使い分けねぇ・・・君は蘭方医と漢方医
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /        どちらのつもりなのかな・・・?
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\





     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,    どちらでもあり、どちらでもないですお。やる夫は「医師」となる
.  /( ●):::::::::::, -‐    i
  i     ::::: ( ●)     |   つもりですお・・・
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/     (蝙蝠と思われても別にいい・・・今更ごますりなんてむりだお)
    /         \


132闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:47:59 ID:r/AHYEBM0

―蘭医の弟子でありながらどちらにも属するつもりはないという、”義理”や

 ”信念”に欠けるととられてもおかしくないその発言に、青洲は大笑いすると・・・


     {:::::::!     ,}::{     .〃:.:.:.l/:.:/:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:|:.!:.:.:.ヽ.:.:..:.:.::\|:.!.:.:..:.ヾ:..:. l:.:..:`.       /:::ノ
     、::::!     〈:::;'    /:.ハ:.:.|:.:.:/:.:.:.∧、:.:.:.:.:.:!:|.:.:..:.:..`:.ミ.、.:.:..l ト.:.:..:.:..';:..:.|.:.:..:.:.',    ./∠_
      }:::{    }::{_ /.:/!:l:.}:.:!:./:!.:.:/:.∧ヽ:.:.:.:!:!`:.:.、.:.:..:.:.:.:.\:l !:.\.:.:.l.:..:l:..:.:..:.:.',   .//ー-、ヽ/7
       {::::二ニ二::::::::ニ,'.:/:.l:.l∧:V:.:|:/l:./ Vヘ\|:!:\:.|`丶、ー=:ミl:!.:.:.:.\!..:.l..:.:..:.:..:.',  .//    〉,、ヽ
      |:Y    `!::}´,':.:'.:.:.!:.V∧V://!:'_  .Vヘ l:ト、:.:.:ト、:..:/≧.、l|ヽ、:.:.:!:.:.l.:.:.:.!:|.:.:.', ,//    // ヾ〉
      |::'     l::! ,::.;.:.:.:.|、:.V∧∨ l;仁≧ミ ヽ|lハヽ:.lヾX >==<、:.\:.|:.:.l\ l.:!:.:.:.',{::、r==ニ7:,、:、
      }:{   ___!:{_l:.:!:.:.:.:l∧:.V:.ゝミ,《 (:い:)ヾゝl!=メ{{、イ,イ{ (:い:) .》`メ、Y、:l:.:.:.:.!:|、:.:.:lゞ、>ゞ、/:/ ヽ}
     ノ;' く::r==、:r l:.l:.:.:.:.l':∧:.\ :.ヽミ≡彡 .,イ 、  ヾ  `ミ≡彡'" //:!:.ハ:.:.:.:l:l.、:.、:!  `ーイ
     {:::ゝ、ヾゝ、__八.| ト:.:.:.:l:.: ∧:.:.:ヽ「     人: : ` .        /;ハ!:.l:.}:.:.:.!:l:.:.:.、ヽ
     `ー'´  `ー='´l:l.!:.:.:.:!:.:.l、.:\:.:.ヽ.     (::ノ::): :ヽ :)        / .|:/ノ.:.:.:.}:l:.:.:.:.ハ}          おいおい、君は蘭医である杉田先生の弟子だろう?
             .l八:.:.:.!:.:.|.:、:,人⌒        ヽ  ´          lハ:.:.:. ハl.:.:.:.:| __
               マハ  \:!:. l:.:.:ヽ:.ゝ {.,ィ _rー― -‐―- 、 、    /  }:.:./, !:.:.:.:.l }::! 、_/7    だというのに、蘭医であることを拒否するか!
               マ:〉 「;'ヽ:.l.ヽ. ハ   ‘、(ヽ _,、_, _  `ヽ}        l.:/ リ:.:.:.., .|::| `¨7;ヘ
             マゝ }{、.!ヽ:.:\!.   ヽー'´:::::::::::::::::::::::`丶く|      リ/ィ:.:.: !.,′!::} r=メ;ゝ、
              }lー=、`:|八:.:.:.:',.     Y Y:.:.:.ヽー:.:.:.:⌒Y ヲ     //:.:.:.:.:.:ハ'  |::{ ゞ=彳⌒
       ー- 、    .,':'  .マ〈⌒.\.:',    に{、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ,/     ,/ィ:.:.:.:.:.:./ .,、 .}::;
        ヽ:::ヘ   /::{ __〉:'、___ }:∧.   ゝ`ー=ー‐r‐-イ.ノ       イ .!:./:.:.;' {::;' ゞ:.ヽ
         マハ  \ヽ\、.}:「¨` V:.l::.     ヾミ _ 彡'      ./   |/:.:.:'  l::;  `´
    「ゝ     マ〉   ヽ〉 ヽ'」     V:.:.ヽ   冫ー 二二 イ     /:.:'   .ハ/:,' ./:/,、__ ,}::〉
    マハ     マ〉、__,ィ='ヘ、.    ';!:: .\           /:.:.:.:'   { } | ./:/ ー--==メ/
    マハー----‐'::::´r一 ⌒¨¨     .|:.  :. \         ,ィ.:.:.:.:.:.:'   :.:l!ハ!/:/  ,,,,  .'/
      マr‐一 ¨´ ̄マハ           」:.:.. :.   ` ー = イ:.:.:.:.:.:.:.:,'   :.:.r 、|{::{ .r:ィ¨¨ヾv/
      マ、      マハ     _, イ7 ! :.:.:. :.:.   :.::.:.:.:.:..: ' " .:.:.:,'    >  ト`_.{:::!   〉:ヽ
      マ、    _ヾゝ、_, イ:::::::::::〉 `ゝ、 :.::.:.  ´" "´  .:.:.,:´ _. <     |:::::::>..、イノヾ:〉
       マゝ、 /:r=. イ::::::::::::::::::::/    ` <:.:..     .:.:.,' イ´         !:::::::::::::::::`ヽ、


133闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:49:46 ID:r/AHYEBM0


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^  ・・・・・・・素晴らしい。さすが杉田先生
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   実にいい弟子をよこしてくれたよ
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   そう、それでいいんだよ。それでこそ正しい医道だ
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i   君のような若者、僕はずっとまっていたよ
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i




―そして、大絶賛した


134闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 20:53:45 ID:r/AHYEBM0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \  え・・・その、いいんですかお?
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /  だって、華岡先生は蘭医・・・
      |ェェェェ|




                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   僕の父さんは漢医だし、その関係で僕も当然
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    傷寒論は暗記してるよ
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     あれで治る患者さんはいっぱいいるよ
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


136闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:00:46 ID:r/AHYEBM0

―たしかに、蘭医と漢医は対立することが多かった。

 だが、なかには「蘭医」「漢医」にこだわらず、その両方を等しく大事と考える優れた医者もまたいた。

 やる夫の最初の師である南陽もその一人であったが・・・華岡はさらにその傾向が顕著であった



                          ,. -─=─- 、
                     /:/:::::::::::/::::::/::::\
                        /::::/:{::!:::::/:::/:::::;:イ::::::ヽ
                    /::::/:从{:::::_::;:斗::'´:/:::::::::}ハ
                       i::::/::;::::::〃:::::::::::::/::::::::,.イ::::i
                        |::::{:::|:::::从::::::::/::/:: /::/::}::}
                       i:::::Ⅵ::/::::::r:<tッユ/厶イ::/:/
                    V::::Vハ:::::::{    ´  ヽ 厶'  医術の基本は※「内外合一」にして
                     ∨:人_V:::ト、     / !
                        ∨:::::::::八    ー=彡 /  ※「活物窮理」・・・まさに、今君がいったことそのままだ
                      ∨:ノヾ、 ト .   ' /
                    _,. - ミト _::::::::::::::7=´    君の考えは理想の弟子そのものだよ
               ,x<: : : :   \ ≧=-┴ヘ
                  /: : : : : 〈      ‘ ,    ∧}
               ,.イ: : : :-: 、:.\    ‘ ,  ./ヽ゚,:ヽ、
              _/: : : : : : \:\-\     }、/  ∧::}
.          r‐ '⌒ヽ---- ミ::≧=-     / ‘ ,   ∧ヽ
      / ̄` 、ー-、 ‘ ,〕iト、 \  r:. //   ‘ ,  ∧:‘,
.     /  ,メ、  \ハ  ‘ ,ヽ:ヘ ヽ !:/: : :\    ‘ ,  ∧:‘,
    , =一'-- ヽ   \!  ‘,  ', .V/ : : : : : \   ‘ , ,ハ::‘,
.   /   __   ゝ- _, ー ‘ ,  \.〉.: :. : : : : : :\  ‘ , i::::‘,
   /___ノ/ ̄`       , : '⌒ヾ、 {: : : : : : : : : : : \  ‘,|:::::i
    /   /   ,.ィ〃     〕iト , : : : : : : : : : :∧ ‘,j:::::: |
.  /  ,. - 、_   ´  ` 、         \: : : : : : : : :∧ ‘!::::::!
. く_,. '´   ` < ̄ ̄≧===--z=个x   \: : : : .  :.∧ |:::::l
           ` <二=- V: : : : : : :ゝ-- ' : : : : .   ∧リ:::/


      ※内外合一:外科(蘭医)、内科(漢医)、医者はその両方に精通するべきだ、という考え

      ※活物窮理:患者は生きいて誰もが違う。だからその人に合わせた治療こそが肝要、という考え


137闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:18:04 ID:r/AHYEBM0

―この時、青洲67歳、やる夫は24歳・・・親子どころか孫ほど年の離れた二人なれど

 青洲は己の理想と同じことを唱えるやる夫をひどく気に入り、猛烈に歓迎したという



     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!   さ、そうと決まれば話は早い
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ   今日のところは旅の疲れをいやして
        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/    明日から僕の助手として学んでもらうよ
            }ト.、   r ===ァ    ./' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ     /  |/:/     
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



―そしてやる夫も、己の信念と同じことを主張し、最初の師南陽と通じるものがある

 華岡に、たいそうな敬意と親しみを考じていた




                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /  ・・・はい、ですお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


138闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:23:22 ID:r/AHYEBM0

                                                ∩∩
                                               | |.| | _
            ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ⊂ニニ三三|―|
                                               | |.| |  ̄
                                                ∪∪


139闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:28:45 ID:r/AHYEBM0

―さて、やる夫が到着したその翌日。やる夫は本当に、多数いる兄弟子を差し置いて

 青洲の助手の一人として扱われることとなる。そして、実際に働くその前に・・・



                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i    さて、やる夫。今日から助手として働いてもらうけど
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|   最初に一つだけ約束してくれ
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
  / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    なんでしょうか?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


140闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:34:47 ID:r/AHYEBM0

―先ほどまでの、年老いた重鎮ながら、どこか気さくでさえあった

  様子とは打って変わって・・・有無を言わさぬ口調で、青洲は約束をせまる


: : : /: : : : : : : : : : : : : > ´: : : :/; : :. :. :./::::::::::::::://::::/:|:::::::i::::::::::::::::::::::リ::::}
:./: : : : : : : : : : :.> ´  /: : /: /: : : : .:/::::::::::::::://:/イ_,.!:::::リ:::::::::::::::::: / i::7
___ : : :斗:≦弋==zz≧=-:./:. :./: : : :./::::::::::::::; '::::/≦__i:::/:|:::::::::::::::::/ ,::′
: : : : : : |: :|  \  弋_;fツ^ヾ=/: : :/ . ::::::::::/ィ弋fツ !:/: :リ:::::::::::::/ //
: i: : : : :.i: :|    ` ー---─ /: :/: :::::::::::/: :ー---=≦/ : /::::::::::::/ //
:.|V: : : :.lⅥ             ///: :.> ´.: :   : : : : : : / : /:::::::::::; '∠.イ     僕が教えたことを余人に教えるな
:.| ∨: : :|ハ:!         //‐ ´   i: : :    : : : : : /::::::::/
:.ゝ-V: :.| ヘ、                |: : : .  . : : : : :厶イ/ _           親兄弟、親友にも、だ
: : :.|..∨ム                   |: : : : . : : : : : : : /:/    > .
ハ: :.! iヾ:.i                 {: : : : : : : : : : : イ:/ \     > .  ・・・それさえ守れるなら、僕は君に僕の医術の全部を
.∧..i.....i \              __    j: : : : : : : : : , i:::/    \       `
.... Ⅵ.....i  \            `  〃: : : : : : : , '....|::′、     \       包み隠さず伝えよう
........ヘ.....i    \       ___,........__: : : : : :., '........j/......∧     \
.................i      \       ` ー─一 ´: : : /∨...................∧      \
..................i        \       ̄:::::: : : :./   i..................... ∧       \




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   親兄弟にも・・・ですかお?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


141闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:41:54 ID:r/AHYEBM0


                              |:::::::::::y'/::::::i:::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::
                             |::::::::/:/:::::::::::|i:::、:::::::::::::::::::i::i::::::::::
                            |:::::/:/:::::::::::::i=!::|=:、:::::::::::::ヘヘ::::::::
                           |:::7/::i::::::::::::|tキ!≧:z、::::::::::ヘヘ:::::
                           ヤ:::::7 i::::::::::|',ヘヤ!弋ゞ;;ッ、<;::::\
                              ヤ::::i i::::::::::|:.i: :ヾ、___ ̄ _ヽ、>、:  ああ・・・なにせ僕の医術の中には
                                ヤ∧ .ヤ:::::::i:ハ, .ヤ!: : :  ̄: ヘ,: : : :.
                            ヤ:::ヘ ヤ:::::ハ:.:. ヾ: : : : : : : : :、 :   危険なものが大変多い。
                             ヘ:::::ヽ',:::iヘ:',:. : : : : : : : : : : : .:::
                                 ヘ::::::::ヾヘ ヽ . : : : : : : : : : .:::  たとえば、通仙散なぞ、処方を少し間違えれば
                              ヾ::i:::::ハ    : : : : : : : :   :::
                              ,イ! i::::::i::i',   : : : : : : :.  ::::  簡単に患者は二度と目覚めない眠りにつく
                               ∠_ ! ヤi::i',:iヘ   : : : : : : : : ヾ
                          , イ  i i ',!リ ',iヤヽ   : : : : : : : : : :  
                        , イ   .::i ヤ:ヘ ,j.:.:.:ヾヘ:::\  : :` : : ‐--
                   , -<´  ..:.:.:.:.:.:7 ヘ:.'i,:.:.:.:.:.:.:.ヘ::::::\ : : : : 、:_:_
                , -‐'"............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.i:.:.:.'i,:.i:.:.:.:.::::ヘ ヘ:::::::::\ : : : : :
           , -‐ '"/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ::::ヘ:.:.ル:.i::::::::::::::ヘ ヘ:::::::::::ヽ : : : : :
         /ノ///:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:/::::::::::::::::::ヽ ヽ::::::::::::> .





             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ  だから、僕も直接大丈夫と思える弟子以外には教えるつもりはない
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/   助けるべき術で患者を死なせるのなんて本末転倒だからね
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/
        ハ、_ハ\       |        /l/     ・・・・わかってくれるね?
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \   
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ


142闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:53:21 ID:r/AHYEBM0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\   ・・・わかりましたお
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |  (優れた技術なら広く世にだしたほうが・・・と思うんだけど・・・
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、 華岡先生のいうことももっともだお)
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!




//::ハ::::::::::::Ⅶ:::::::::::\ヽ::::::::Ⅵ、::::::::::.ヽ
:::i::::::|\::::::::Ⅵ:::::::::::::::\、::::::Ⅶ:::::::.、::::
:::|:::::ii::::::\:::::マ::::::::::::::::::::\ :::Ⅶ::::::::::::
:::i:::::|!:::从:::\::\:::::::::::::::::::::ヽ::Ⅶ:::::::::::
::|!::::ハ:::::i::Ⅶ:: \: :::i:::::::|`:::::::::|`∨:::::::::
::i:::::i::i:::::ト、:\:::::::\i:::::::!,:::::i::::i ::::|::::::::::    よろしい。じゃ、これに血判押しておいてね
::::::::|::|}从‐\i\:ミ|::i:::::::i|Ⅶ ::从:::i:::::|:::
从 :|::|| .ヽ  \.\ヽ:::ノ| ∨ .___ン|:::从:::    それがすんだら診療を開始するよ
{ ヽ:::|ヽ `ー==仆、    :' ̄ ̄ ノ//::}
ゝ、人:i           :.    ∥/
.Ⅵミ、\          :.    /{/
 \:::∧. ヽ      _  ノ    /八
, ‐‐ヽ|::\     _____...   イ/ーヽ、
  ::.. ||  \    ̄ ̄  .//′   \
   i::::〉:   \     / /::::ゝ    ' ‐- ...,,__
   |:::::::、    ` :=彡  ,  X::}          ~""'' ‐、,‐
   Ⅵ:::::`         /  ::/               i
   \::::::       __:::// ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,,__ノ_
     \:::::     /_, ̄ ̄,ゝ ̄}   i
      \::::::::::/  ヽ  \:/ ::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


143闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 21:58:01 ID:r/AHYEBM0


―やる夫は青洲の潔癖ともいえる徹底した制止に引っ掛かりを覚えるものの

 実際に筋は通っている。それにこの青洲による「徹底したふるい分け」があるからこそ

 青洲の直弟子であることは名医の証左となっている・・・異論を挟まず、素直に血判をおす




                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \   ・・・押しましたお
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ


         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l    よろしい。それじゃ、はじめようか
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i


144闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:10:32 ID:r/AHYEBM0

―さて、こうしてひっかかるものを残しつつ弟子入りしたやる夫であったが・・・

 

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '   治療終わり・・・っと。
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\




                ____
               /       \
             /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
           / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !
           |   (__人__)      | |  |    すげぇお・・・お腹を刃物で切り裂いても
          \.u |r‐- l        / |  |
          /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |     ぴくりともしねぇお・・・
            |   (____ノ .ノ  ____/
          ヽ        _つ /
           / `ー─── '   /
           ノ         (


145闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:19:26 ID:r/AHYEBM0

―華岡の卓抜した・・・優れた蘭医である杉田の指導をうけたやる夫をもってしても

 「次元が違う」とわかる華岡の医療技術を目にしたことで、そのひっかかりなどすぐさま霧散してしまう。

 なにせ、この時代の外科とはせいぜい骨接ぎがいいところ。ましてや「開腹手術」など夢物語でしかない

 ・・・それを、簡単に、当たり前のように華岡はやってのけ、その術を授けてくれるのだ

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   これが通仙散の効果だよ
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/    これを投与したら患者は深い眠りにつく・・・その間なら
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      腹だろうが足だろうが切ったところで目を覚まさない・・・
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /     その間に治療しちゃえばいいのさ。調合、よーくおぼえておいてね
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥




―やる夫が華岡に心酔するのは無理からぬことであった

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\   はい、ですお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


146闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:28:17 ID:r/AHYEBM0

―青洲に心酔したやる夫は、朝早くから夜遅くまで、青洲の教えを少しでも理解しようと

 必死になって働き、7年の下積み経験もありみるみるうちにその腕を伸ばしていく




               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ  すげぇ・・・すげぇお!青洲先生の医療技術・・・はんぱないお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /  
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \



―そして華岡も、そんな若く情熱と才能にあふれるやる夫を助手に

  膀胱結石や痔、腫瘍の摘出手術などいくつもの手術を行い、彼が身に着けた技術と知識を

 惜しみなくやる夫に授けていく




            / .::::/::,イ:::ノ::/:::i:::::l::::`ヽ
            〃 .::i::::|,イ::l::/:;ノl::i:|:::/l:::i:::::゙l
           /! .:::::l:::i'l::!::|:l:/::i::/l:;イ|::::l::i:::ハ
           l l .:::::::::'::i::l:::/!ィ'ハ::::ノ/!ノtlイ::::i
           |1i.:::,、ヽ:|Vナf゙テ、ソイ/;'ヒナ'l::/
           ヾ. l(rレ、l `ー¨‐'  i'  `゙ ´i/   やる夫、いいかい。ここはこうするとだね・・・
            `、ヾ_j l゙      、 〉  ,'
              ゙l.:::::ハ     ,... ..  /
               ,l´゙レlメ、゙ヽ、   ` ¨´/
              ,<ヾヽ-、__ `゙ヾ`、t‐-'"
         /`ー‐`、二=三ヽ-、ソ
        / ..:::::::::::::::::::::::::::`゙ ̄`ヽ、
        l :::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
       ,.ノ :::: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
      ,." :::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              r、
      !  :::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`- 、          `込._,--、
     ノ :::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|         /      k'
    / .. ::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ____,,..-‐=ヘ、     }'
  . '´ ..::::::::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ ヽ、‐-'"


147闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:43:09 ID:r/AHYEBM0

 ―青洲は、血判を押させたときの約束をたがえず、本当にやる夫をはじめ

  見込んだ弟子たちにその医療技術の一切を包み隠さず、惜しむことなく伝授していった

  そして、その一方で、見込みなしと判断したものはいくら頼まれようが、金を積まれようが

  絶対に弟子にはせず、その医療技術をかけらも伝えることはなかった




      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |  お、おれたちも弟子に・・・!
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ 
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |





                     / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
    馬 バ   言 ぃ      /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、      :     :
                   / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :      :     :
    鹿 ヵ    っ       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
                  ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i      :     :
    ば     て      l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i .       :     :
                   リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
    か     も      1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l :::..       :     :
                  l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;.    :     :
    り     わ       リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
                   |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..        
     :     か       / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
     :              i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
          ら       !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
                    ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
          ぬ          ヾ、                         ///  :|      .:::
                       l ヽ                       /        _/:::::
                       !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::


148闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:46:44 ID:r/AHYEBM0

 ―徹底した選別・・・そして、自分たちはそれに選ばれたという実感があるからこそ

  弟子たちはさらに深く華岡に敬意を払い、その教えを忠実に守り、そんな弟子たちを

  華岡はかわいがった・・・なかでもやる夫は格別の扱いを受けていたが




     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
....   j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
.      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!  やる夫、メシにするからついてこい!
.         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ    ./' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ     /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    喜んでおともしますお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


149闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 22:55:02 ID:r/AHYEBM0

―さて、そうしてやる夫が弟子となり、またたくまに二ヶ月が過ぎたころ。

 青洲はやる夫を呼び出すと・・・


             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ   やる夫、ちょっと長崎に2月ほどいってくれないかい?
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/    
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/
        ハ、_ハ\       |        /l/
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ





               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i   師匠の言葉ならば喜んで・・・ですがなんでまた
          |     (__人__)    |
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |


150闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:04:12 ID:r/AHYEBM0
//::ハ::::::::::::Ⅶ:::::::::::\ヽ::::::::Ⅵ、::::::::::.ヽ
:::i::::::|\::::::::Ⅵ:::::::::::::::\、::::::Ⅶ:::::::.、::::
:::|:::::ii::::::\:::::マ::::::::::::::::::::\ :::Ⅶ::::::::::::
:::i:::::|!:::从:::\::\:::::::::::::::::::::ヽ::Ⅶ:::::::::::
::|!::::ハ:::::i::Ⅶ:: \: :::i:::::::|`:::::::::|`∨:::::::::
::i:::::i::i:::::ト、:\:::::::\i:::::::!,:::::i::::i ::::|::::::::::
::::::::|::|}从‐\i\:ミ|::i:::::::i|Ⅶ ::从:::i:::::|:::  種痘術に詳しい医者がちょうど長崎にいるらしくてね・・・
从 :|::|| .ヽ  \.\ヽ:::ノ| ∨ .___ン|:::从:::
{ ヽ:::|ヽ `ー==仆、    :' ̄ ̄ ノ//::}  その効果や実用性、ぜひとも知りたいから学んできてほしいんだ
ゝ、人:i           :.    ∥/
.Ⅵミ、\          :.    /{/
 \:::∧. ヽ      _  ノ    /八
, ‐‐ヽ|::\     _____...   イ/ーヽ、
  ::.. ||  \    ̄ ̄  .//′   \
   i::::〉:   \     / /::::ゝ    ' ‐- ...,,__
   |:::::::、    ` :=彡  ,  X::}          ~""'' ‐、,‐
   Ⅵ:::::`         /  ::/               i
   \::::::       __:::// ̄ ̄ ̄ ̄~""''' ‐- ...,,__ノ_
     \:::::     /_, ̄ ̄,ゝ ̄}   i
      \::::::::::/  ヽ  \:/ ::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


―種痘術、すなわち天然痘への予防接種のことである。江戸時代、天然痘は幾度となく大流行し

 時の天皇の命をも奪っているのだが、治療方法がない。そして確固たる効果があるのが予防法である種痘術なのだが

 これも様々な迷信のせいでいまだ広まっていないのが実情だった


151闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:08:58 ID:r/AHYEBM0


―その種痘術の見極めを、入門二ヶ月のやる夫に託す。

 これだけで、青洲のやる夫への信頼のほどがうかがえるというものであった



               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \   そういうことなら喜んでお受けします!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   すぐに身に着けて帰ってきますお!
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /




                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   うん、お願いするよ。あと、なんかオランダ人の医者が
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   ちょうど長崎いるっていうし、本場の蘭医もついでに見ておいで
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


152闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:14:51 ID:r/AHYEBM0

―そう、軽口をたたきあい、青洲はやる夫を長崎に派遣し、やる夫はしばし

  長崎で学ぶことになるのだが・・・この時、青洲が言っていたオランダ人医師こそ・・・


                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i    なんでもえらく腕が立つらしくて
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|    江戸から何人も弟子入りしにいったとかなんとか・・・
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;    やる夫、鞍替えしないでよね(笑
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    はは、師匠より腕が立つ人なんてそういないから
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      大丈夫ですお
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


153闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:24:43 ID:r/AHYEBM0

―高野長英たちの師匠、鳴滝塾を開いたシーボルトその人であった


       ___,,.... --、....--――--...._
     ...-/    __ ノ-、 _      `''ー 、
    |  '  ィ ̄ "´  /  ^''‐‐..,,     ^‐ 、
    | i'   l''´ _. ‐"        `゙ヽ、    ゝ
    i0 O  /''''''''‐‐....----ニ‐‐、_  ` ヽ、 │`ヽ
    /  ,/   >     i        `‐^''‐ヽ ¦  !
  _/  /   /│______,,ヽ           ゙V-‐1/
/:;:;:;ゝ    / ./゙ー-―=''゛ i             i
/.:\:;:;ヽ  _/`ー、ー''"   "          l  / |
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:;ヽ /〃'l      ‐''マ¬‐-_..._  │ /   l
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:!、  <       ヾl,,フ‐-..`"ヽ ¦ノ _..,!
\:.:.:.:.:.:l;:;:;:;!゙ヽ-│      ゙''‐--,, `   ''´/ニヽ , '     ハーイ、ハジメマシタ
/:.:.:.:.:.:l:;:;:;:|ヾ` 、 、              ン丿
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;lヽ/ヽ               !  ¦   シーボルトイウネン
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:/. |       、          !  /
.:.:.:.:.:.:.:¦  !   \    `''‐-....,,_  --イ, '     ヨロシュオネゲーシマンネン(オランダ語)
.:.:.:.:.:.:./, ‐‐ '....,,    !\        フ /
.:.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.:.:.:`''-..ュ \         /
.:.:.:./  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐、 `ー-.. _ /ヽ
.:.:/┌.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ツ.:.:.:l
        シーボルト



       ____
      /      \
    / ─    ─ \     よろしく、お願いしますお(オランダ語)
  / -=・=-   -=・=-. \
  |  u ,  (__人__)  U |
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|


154闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:33:34 ID:r/AHYEBM0

―さて、シーボルト・・・彼は優れた医師であったが鎖国下の日本に滞在するため

 ”ドイツ人”であるのにオランダ人のふりをしていた。が、彼のオランダ語の能力は

 当時の日本人通訳よりひどいもので、かろうじて意味が通じる・・・といったレベル。

 蘭語の医書で勉強したやる夫も当然、その不自然さに気づいたのだが・・・




                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \
             |.  (_人_)   u |   その・・・ずいぶんと変わった話し方で・・・
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ


                              -  -――――-   ..,,
                            /  入     /    \
                          /へ  ヾゝ ̄ ̄ `` ̄ ゝヘ \
                         / ゝ´´ ̄´   ノ    ヘ  ∧\ l
                         lゞ  ゝ   /       ゝ ∧ゝ !
                         !/   ヾ  ´ /───ヘ へ \ !
                         / ハ_.._∧´ ゝ´::::、¨艾 て ゝ  ∧ゝ \ !    オー、ゴメンナサッテ
                        く / てゝ::::::|             ∧ゝミヽi
                        丶ゞ  ノ´ く;;;;::::          ∨ ―- ゝ   オイドン、ヤマオランダジンイイマシテ
                         |     I:::::::ゝ::          (/へ i
                         〈i    _::: ::            〉 )丿   オランダゴベリベリーナマッテルッタイ
                         ヽ   ノーーーー ゝi      丿/
                          ヘ  くI_ ´ ̄ ̄~/      ∥/      セヤカラジャポン語マジリでコウギスッケン
                            ヽ  \ーーー ´     / /|
       ::: ̄ ̄ ̄ム////ゝへ  _       ゝ    ̄::::::::::    /:::::/        ドゾ、ユルシテ
    /:::://////イ::::ゝ////I:::::::::::::::::::::ゝ      ム    ̄    :::::イ::: |
  /::://///イ::::::::::::::::|///!:::::::::::::::::::::::::\ ゝ──\__  /::::::::::/|
/:::////::::::::::::::/::::::::::::///::::::::::::::::::::::::::::::::::\ \////////::::::::::::::::   |
  ┤//__/::::::::::::::::::::::://// ̄ \::::::::::::::::::::::\ \//////////::::::::   |
 i:::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::/    :::::::: ̄ ̄ ̄ ̄) /////////巛  ミミミ
 i::::::::: ____/。 ̄ ̄_ ´ ̄ ̄へ────´
  ─────  a           \ __


―と、オランダに山などないのだが、誰に対してもそのように強弁してごまかしていた


155闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:48:48 ID:r/AHYEBM0


       ____
      /      \
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \
  |  u ,  (__人__)  U | (う、うさんくさいお・・・)
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|

―さて、そういった事情もあって、やる夫は非常にシーボルトに懐疑的であり、

 シーボルトもそれを感じ取っていたが・・・


                    , イ       ヽ  ヽ
                  /       _,- 、_ i   「ヽ
                  ノ -―=',.‐''"     ゙ヘ、_/__ ゙ l
                /    '、 ,ノ   ヽ  ´  ゙lヽ>
              ┌ '"     ノ .,' __    `   , ' !イ
               彳..__ ‐ 、'冫 r_二 =ヾ._j .'   |.! , ^ 、   (・・・やはり、疑われますか。まぁいい・・・
               ヽ //ヽ ゙  丶ゝ-´_ユ`ゝ `/_=- ! ヽ  \
               丨i l.ソ_         ヽ !´ユ`'/ , ‐> ‐`ヽ、 ここに学びに来たということはそれだけ熱心ということ。
                ヽ,゙ 丶i            !   ! l 丶..ィ‐ 、l i
                | |ゝ !            ′  /  l  l/ン' ̄'' 、ヽ 私の知識に触れればすぐに彼も虜になります。
                | /' ::'.、      ̄゛''ー 、   /   i 丶< /  ̄二'、
                   _ l' │ ::\     ^   , ′   !  !:::l 〈 ri"`  リ  なにせ、ドイツの科学は世界一ですから!)
              /.:.:.:| │   ::\      /      !   :::::l ノ ` ' i l
              l:.:.:.:''‐...ヘ     ::::丶___../         丶   ノ     !│
            ,/丿:.:.:.:.:.:.:.:.゛ー 、_ :::::::::/ゞ冫          ヽ 丨   / il\
        _....-‐''.:.:.:./ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.^'- ,/:.:.:.:.:l- 、         i人  -//// 〉、
   _,,..-‐''"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:ヽ,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.::/:.:.:.:`''ー-....__ ./- .、_ ./////,、.:.\
l''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.^ー-..__:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///∟..////<\\/ \
\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.゙'''l/く/ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|//i_////:.:.:.:.:\丶, '/:.:.:ヽ
//i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,,:.:.:.:.:.:.:.:|//|//| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V/////:.:.:.:.:.:.:.:.::/ /ヽ \:.:.:.ゝ


―今まで積み重ねた実績から、すぐにやる夫も自分の弟子に取り込める、そう確信していた


157闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/19(木) 23:51:57 ID:r/AHYEBM0

―のだが・・・

              ______
            ´ ̄    ` ヽ
            /            \
          /   .!    /        ',
.         /    .i   /         i
       /    :!   /         {
     /__  ,、____   _______      '、
     \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r、/  えー、このように乳房にしこりができた時
       ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :./i ! {
        ∨//: : : : : : : : : : : : :.ハ i ! :   それはもはや助からないので投薬で少しでも苦痛を取り除き
          ∨//: : : : : : : : : : :/ i !_! ,′
...         ∨/_ニ=--=ニ___/  !  /    患者さんが楽に暮らせるように・・・(日本語)
          7ニ-‐=ニ ̄ニ=‐- .ハ /
         /¨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7ハ
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.斗-‐──‐---ニ= _
  ___ ≦ ̄:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:.\
 ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i`ヽ



         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\   ・・・乳房を物理的に取り除くのはダメなんですかお?
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


158闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:00:59 ID:i8h6ZTd20
        _,..-───―‐- ..
     ,. '"   ヽ    、 } } `ヽ
    /   _./ ̄ ̄ ̄`'´ ̄'寸!
  ,.'   ̄ ./    ,,イ゙\ /入、ヾ,
. /    / ./ -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''l}
| _ {!  /  .∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ
| -==廴 u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }     何言ってるんですか!そんなことしたら
厶-= -‐./u uヾく,_,ノ′ l lゞi-rイ
寸 ir-、 i| u    ' ' ` ,__〉〉  |      患者さん痛みでしんでしまいまーす!
 V :l 「ヾ'i|  .,.r‐     `'U'U__,.ィ}|
 }i | ー}.l| /,r 'T"丁 ̄| ̄ | l|'|      それに、傷口が腐っちゃいますよ!
 }  ト、}( l! ,イ  |__,∟ ⊥ _|__,l|.|
 `i .ハ `| i l_/       _,ノノ||
.  } .j  ー| |Y/      ‐┴''" ||
  ゙l!    .|. 仁   _,__      ||
  / \  .l lニレ'´     `ヾ'、  ||
厂 ̄ ̄ ̄:::ヽ 「]、       ヾ>、||
::::::::::::::::::::::::::::ヽ`「ヽ        }H|\
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||:::::::` ー─
:::::::::::::::::::::::::::::::::: \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ ̄ ̄ /::::::::::::::::::::::




          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \    (アカン)
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ―繰り返しになるが、当時まだ局所麻酔ですらまともに誕生していない。

   局所麻酔による手術が欧米で行われるのが1847年、これから20年先・・・

   やる夫が青洲から授けられた外科技術は、手術に関しては少なくとも40年は先を行っているのだ


160闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:12:23 ID:i8h6ZTd20

―それゆえ、やる夫は2月にわたり、種痘術を習う傍らシーボルトの講義を受けたのだが、

  その時、義父道偉にあてた手紙の中にやる夫はこう記すこととあんる


      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\  「蘭医シーボルトと申す者、頗る奇妙なることも之有候えども、
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /   華岡の上に出候人物とは存じ申さず候」
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ


―口語訳をすると、「シーボルトという蘭方医、たまにすごく興味深いこというけど、華岡先生にはてんで及びません」

 といったところである。なまじ優れた医者と評判であっただけに、やる夫にはシーボルトには心底落胆していたようであった


161闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:17:22 ID:i8h6ZTd20

―そして、種痘術を治めるとシーボルトの教えに未練を残さず足早に長崎を後にした。

 

         ____
      /       \
     /  _,  、_ \   種痘術もおさめたし、さっさかえろう・・・ほんとがっかりだお
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'   |  こんなのが優れた医者で江戸から殺到・・・ほんと、弟子入りしたやつらに
   \    ` ⌒ ´    /
   /ゝ    "`     `ヽ   青洲先生の手術みせてやりたいお。目から鱗どころじゃないお・・・
  /              \





           <     :,   \
         /         }   } \
        /__,. ----==- 、ノ>―‐z.._ヽ
      /   /               } }
      /    {    ──     ─‐   | |
   r=彡 __ム   ======   ===== .|ミ|   おう・・・全然信頼かちとれないとは・・・
   ヽ: . . : . . :/                |:./
    ∨: . . : .7.   ===≦   ミ==   j/    彼にはドイツの科学力が伝わらなかったみたいで残念です・・・
      \ -、/       ___     | }
      {:.          |     |   .:リ
      ゝ _,、.    |     |    )
           `  ...__           イ
             }三三r「{ ̄
            ィ´:.:.:o===o、
             /:.:||:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.||:、
          /:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:|l|:.:.リ:.:i





―これから間もなく、シーボルトはシーボルト事件を引き起こし大騒動となるのだが、深入りしなかった

 やる夫に特に影響はなく、この判断は僥倖であった


162闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:26:35 ID:i8h6ZTd20

―さて、こうして足早に長崎を後にしたやる夫は華岡のもとに戻り

 戻ってきたやる夫を華岡は歓待するのだが、その時・・・


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  おかえり?で、どうだった?
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/  種痘術とか、シーボルトとかいう蘭医とかさ
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


163闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:32:17 ID:i8h6ZTd20
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ  ・・・種痘術は大変優れたものでありました
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<  きわめて有意義で、広める価値は十二分にあるかと
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!



             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ   ほう・・・やる夫がそう言うくらいなら行かせて大正解か
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/    それで、シーボルトのほうはどうだい?
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/
        ハ、_ハ\       |        /l/       巷じゃ日本の医者は足元にも及ばないとかなんとかいうけど・・・
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ


164闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:45:02 ID:i8h6ZTd20

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |  ・・・天下一の名医とは、華岡先生ただ一人のことを
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く     さす言葉かと
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ







   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|      
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !     
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |      
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |     
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||      
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|       
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//       
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/           ・・・・そうかい。いや、ありがとう
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!         
    / ` |               |/,/,l/               実に参考になったよ
   /                  |V /              
  '             ヽ- ,.. ノ              
  \     `ー------- '/ ヽ               
.    \            /    ヽ
      \       /      |               
      /ヽ、   ノ         |                
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l               
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |


165闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:48:51 ID:i8h6ZTd20

―飾り気のないやる夫の、心からの賞賛の言葉。それは青洲の心に深い喜びと確信をもたらすこととなる



                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    やる夫、明日からまたビシバシ鍛えるから
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    覚悟しておくように!
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    (母さん・・・加恵・・・・僕は、僕は間違ってなかったよ・・・!
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l     二人のおかげで・・・僕は・・・!)
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i




                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     わかりましたお!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


166闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:51:23 ID:i8h6ZTd20

―このこともあってか、長崎から帰ってきたやる夫を青洲はより一層可愛がり、

 手塩にかけて教えを施す。やる夫もその教えによく答え、やる夫が青洲の一番弟子として

 名が知られるのは、そう遠くないことであった



                  _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
             /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
             ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
          {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
             ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i
          i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|   僕のお古の上着だが・・・うん、よく似合ってる
          l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|
          l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|   
            |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;
            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
            :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                          / 从:::::|::|:::::|:://
             i                 /  ヽ|::|::::〃'
             人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
       _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
   ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
  / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、




                 / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
           /   ⌒      ⌒ \
              /   ( ⌒ )   ( ⌒ )
          | : : : : (  人  ) : : : : l
          |     `¨´  `¨´     |  ありがとうございますお!
              \              /
              >-ミ____   __,,.   '′
            ///∨/\: : \∧ ∧\
              /////∨/∧: : / : ∨∧∧
.            | /////∨/∧/ : : /∨∧∧


167闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:52:53 ID:i8h6ZTd20

                 / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、    人
           /   \     /  \  `Y´
              /   ( ─ )   ( ─ )
          |  ⌒ (  人  ) ⌒  l
          |     `¨´  `¨´     |  ,人
              \              /  `Y´
              >-ミ____   __,,.   '′
            ///∨/\: : \∧ ∧\   キリッ
              /////∨/∧: : / : ∨∧∧
.            | /////∨/∧/ : : /∨∧∧
          //// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|^ヽ77\|
          ∨/////////////|─|'///∧
          |'/////////////,|Τ|/////|

やる夫は救い救われるようです  ~本間棗軒異聞~

   第三話~師弟三世~「結」

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj 
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/  
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


168闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:54:26 ID:i8h6ZTd20


   /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
    / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
   ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :
    | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :
   || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :  というわけで、本日はここまで・・・次回は20日の
    |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
    |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :   20時より
     |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
    '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:
   : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / ∨: :ハ: : |: : : : |: :|: : : : : : : : : :


170闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 00:59:08 ID:i8h6ZTd20

::::::::ィ           .-ゝ
:::::i´            `ヽ、
::::::レr-、         `ヽ、ヽ
:::::/ i |     ,      、ヽノ
:::::! i」/  i   i   i  ヽ i!.|
:::::>ィ'  / / i .| i |i !| |ヽ!   さて、補足解説というか・・・華岡青洲について補足しておくと
i!  ヽ-'ヽ'v-'/ / / l' | i! i
;`ヽ、キ  //7 /'1  i /|/     彼は蘭方医としても漢方医としても優れた実績を残されている
;;;;;;;;;;;;゙;;;7 '´/ノ"i./ ノ! / i!
;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ、  ィ'/ レ'        「紫雲膏」という独特のにおいがする塗り薬、あれの調合を編み出したのは
;;;;;;;;;;;;{   ,r‐ ´
;;;;;;;;;;;;|`ヽ,;;'-、             青洲殿だ
;;;;;;;;;;;;`;;;;;rュ;;;;L_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}




   /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
    / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
   ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :    そのうえ、西欧より40年先駆けて麻酔薬の開発に成功
    | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :
   || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :    その麻酔薬をもって開腹手術など大がかりな外科手術をいくつも
    |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
    |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :     成功させている・・・この時代の「日本」どころか「世界屈指」の名医であったのは
     |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
    '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:     間違いないわけだ
   : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :
   : : : : : : : : : : : / ∨: :ハ: : |: : : : |: :|: : : : : : : : : :


171闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 01:06:01 ID:i8h6ZTd20



        /               Vミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         {                ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヘ
        |             i    V:::::::i::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::ハ:::∧i
    _,ィニニ|          /  ハ   }:::::::::ハ:::::::}}:::::::::::::::::::::::、::i |::|
  _,ィ壬ニニニ.Vi      /  |   / .|   }::::::/ i:::/ノ:::/i:::イ:::::::::::::ヾ|レ-、
<ニニニニニ|:v:i   |  |  . |  |  }  |::/_///∠/ノ::/::::::ハ:::::/二二二
二二二二二ニ|::::r 、| |  |  . |  |  |  /イ彡'ニ='´ ̄Уイ:::::::|/:::ハ二二二    技術における40年はとてつもない差がある
二二二ヾ\ハ/::/  |ヽ|  |   ||  .| / / /<弋ン>  /:::::::::/ i/二二二ニ
二二二\:::::::::::i  | ヽゝ |   ||  | /./ ∧   ̄ ̄  /:ハ::::/ハ|二二二二    それこそ、今から40年前となるとビルゲイツが
二二 ヾ\:::::::::∧  | |ヽ∨ヽ .||  | レ |    \    イ/::::/二二二二二二
二二ニ≦ヾ:::::::::::::\_ヾ  V  ||  |  .|     \   /ハ::/二二二二二二ニ    マイクロソフト社を立ち上げたばかり・・・
二二二≦=、_:::::::::::≧、 ヽハ ヽ .|  |      ヾ ハ二二二二二二二二
二二二二ニフ/ ̄|´  \    \ハ.|  ー'      レ' |二二二二二二二二    未来人とでもいえるほどの格差を個人でつけていた・・・
二二二二二ニ|  |   ∧     ̄` ´ ̄     /  |二二二二二二二二
二二二二二ニ|  |    \\   ` ̄     <     |二二二二二二二二   やる夫がシーボルトを酷評していたが、シーボルトが優れていなかったわけでは
>、二二二二.|  |       >      //     |二二二二二二二二
二ニ>、二二ニ|  |        >──イ/     ∧二二二二二二<    ないことだけは、ここに言わせて頂きます
二二二 >、ニゝ  |         >=-=<     / /二二二二 <二二


172闇医者 ◆OG8Pxj/6uM2015/03/20(金) 01:11:12 ID:i8h6ZTd20


       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    さて、ともかく、今の時点では
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/    まさに敬愛する師匠に可愛がられ
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/  二人の仲はまさに蜜月でありますが・・・
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ このまますんなりとはいきません
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、  どうか、今後もお楽しみに・・・ 
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::: では、読んで下さった皆様、ありがとうございました   
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/:::::::::


173名無しのやる夫だお2015/03/20(金) 01:11:47 ID:jHoVCdQY0
乙でした
予告では重要人物っぽかったのに、あっさり終わってしまったなシーボルトwww


174名無しのやる夫だお2015/03/20(金) 01:13:11 ID:uzbH/YhQ0



175名無しのやる夫だお2015/03/20(金) 05:08:06 ID:4riw6fhE0

教科書で見て知ってただけだった青洲の凄さを改めて実感しました
同時に時折アクシデントに見舞われつつもより飛躍し続けたやる夫の
今後が更に気になる回でもありました


176名無しのやる夫だお2015/03/20(金) 07:48:55 ID:ebJZb3J20

山オランダ人www


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruyalibrary.blog.fc2.com/tb.php/2973-92205c63


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。