ブログパーツ アクセスランキング













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新選組列剣伝 番外編:蝦夷地銘々伝 中 島 三 郎 助


455◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:03:17 ID:DlVOk9zc0

では始めます。






456◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:03:32 ID:DlVOk9zc0




         .   _____________________
           |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
           |┃                                ┃|
           |┃        蝦 夷 地 銘 々 伝       ┃|
           |┃                                ┃|
           |┃.          中 島 三 郎 助        .┃|
           |┃                                ┃|
           |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
         .    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




.


457◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:04:09 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          以前紹介した、中島登の「戦友姿絵」。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

                        _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_
                        f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                      _,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,,_
                    ,.r'´,.    -┐   ':..,゙ヽ
                   ,r' ,::;:'    ,ノ ヽ、    ゙:::.ヽ
                  ,.' _.,:;:'___ _立_  ___;;ミ゙、     
                 .l厄巳厄巳厄 i王i ,.巳厄巳厄巳l     
                 l´ , "´  ̄ ̄ ̄ `'''′  ̄ ̄ ̄`.:`{     
                 | l ;;:.,.   ::、.       ...   '゙|
                ,.-''、.,! ,.::'    ヽ、:.゙、 ;;.:' ''  ヽ | ,.、   
               ./  、/ `ヾー─tッ-ヽ''  kーtr─ツ'´〕. ヽ.  
              / {´i Y::::..   ` ̄ ̄´.: "i! ::. 、` ̄´ ゙:::.、} r、 l  
              | ヾ_,,入;:::.. `'' " ´.::; .::i! ::..  ```  :. }ツl l
              \  ノ ヾ ;:::.   .:r'' :: ll! :ヽ;:..:.   .: j,ノ ,!  
                ヽ',,;l  ゙i ;::.. _ `ヽ、;;,,,,'.ィ'' _,, .::,;r'1,,,/    
              ッジ::::::|  ゙ ,r'´:::;;;;;;;::>  弋´;;;;;::::ヽ'" |:::::゙'イィ 
             弍:::::::::::l  /:::;r'´ ,,..-ー…ー-、 ヾ;:::'、  |:::::::::::ヒ
              シ:::::::::::l   i':::,!  ´  __  ゙  l::::l:. |::::::::::ス 
              彡;:;:::::l  l:::l     ''''''''⇒;;;:,   l:::l  |::::;;ャ`  
              ,r', 广'`ヽl:::l ::::. .::     ゙::.   l::l ノ^i`、   
             ,イ(:::j    i::;ヘ  :;:.       .::   l::l'"  l:ヽヽ 
             |;:ヽヽ   l::l  ヽ ;:.... ..  .. :  /l::l   ノ ,.イ
             |;:;:;:;\\ l::l   ', :;.:;::::::::::..::.  /  l::l,r'' /;:;:;|
             |;:;:;:;:;:;:;:ゝ`l::lー--.、`ー-----一,'-‐,二l::l''´;:;:;:;:;:;:|
             |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ソ:,!;:;:`:;`ヽヽ    r'´,r''´;:;:;:;ヾ、:;:;:;:;:;:;:|

                      【  中島登  】

                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                   ┃
                      そこには新選組隊士以外の者も
                            幾人か描かれているのだが、
                                                   ┃
                     ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


458◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:04:31 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          その一人に、中島三郎助がいる。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━┛


                                   ̄ ̄ ̄``丶、
                                 /                \
                              {/               |` 、
                          /               |:.:.:.` 、
                                             八 .:.:.:.`、
                            /                  /|/ハ.:.:. |i:.\
                        {                 //:.:|| /|:.:. |{ ト-\
                             〉           _,,..  -=ニ¨∨/:.:|| /|:.:. |{ |:.〉
   ┏                ┓     / ≧=-  __,,,.,ァ'’:.|{ \:.:.:.:.:.:.:∨ jIL_:|:.:. |{ |:.∧
   ┃   中島三郎助   ┃     {-ニニニニニニ/ ¦:.|廴__\{\:.:.:仡i「)〉.:.:八|:./∧
   ┗                ┛      ≫ァァ=¬fi〔:.:.:.:ⅰ:.|ニニニニ}'  \vリ }:.:./}/j|\:.∧
                       ‐---‐…/.:.:.:.:.:.八 : .:ⅱ:.|ニニニソ   `¨^ムイ:/:.:j|  \:{
                            -‐/-‐…彡'゚^:,:.:.ii:从-‐     '   .小:.|:.:. |   \
                       . : '".:.:.:.:.:.:.:.:.:___|:.:.:.:./ド八::个 .   ー '’ .イj/|{l |\{
                      ,,.:.  -‐ァ¬ァ^ニ|:.:: /`寸i:i\{ うぅ=-<j|/イ: 八|:  \
                    /'"     / .:/二二|:.:/ニニニ寸} }--r‐…寸ニ|:.:/{
                          {/ニニニj|/ニニニニニ寸i:i:i{'’/.. '寸廴}廴___
.           -‐……‐- ミ    /二二二二二二二二二〉i:八{_/..................}}...`゚'く77ヽ
        '"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`¨アニ=-  -=ニ二二二二二/i:i:i:i:i:i込r入_...........}}..........}  ‐-ミ
   __/-‐…i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i-‐…rく二二二ニ=- -=ニニ二二./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/⌒>、...八.......,     \
   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir包=包i:i:i:``寸ー=ニニニ=- -=ニ二/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /  V廴...../.、      Y
   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir包i:包i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`寸 -=ニ二-_ 寸/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:jIイく{ト  `ア'77^⌒>-----'’
   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r包:i:i:i:包*。,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`寸 -=二〈_〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/{.......\i:i゚'く/// ///
   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i包i:i:i:i:i:i:包i:i:i^'*。,_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:寸[_}/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/......}...........‘,i:i:i:゚'く__///
   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i包:i:i:i:i:i:i:┗=包=包=包=包=包ア^i:i:i:i:i:i:i:ijIイ...........八......... ‘,i:i:i:i:i`TT


                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                        ┃
                           この男は日本の開国と、
                              江戸時代の終焉の現場に立ち会った
                                        稀有な人物といっていい。
                                                          ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


459◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:05:07 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          中島家は父、清司の代から
               浦賀奉行所で与力を務めていた。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                  _ -‐_二二二ニニ==-、
                 ,=   ̄    _ -=-― ´
               , ´      /´
                      /==、 _
                       ∥|: : : ` : : . .、
                   /`ヽ´′: :ヽ: : : : : : : ニ=-
                  /: : :/: : : : : : :、:,: : : : : :,: 、:ヽ、
.                 /:: :: : : : !: : : : : x:|´: : : : :\`ー=-.  _,.. --.、
                 /: : : : :,:、:|、: : :´!ソ| ヾ、: : : :>: i  ァ.´    ./
                 | : : : ,十刈ヾ--斗そチvゞ/! : : :i ´     ./    ペリー来航の数年前
/! ,.、             .!/|: : :!,斗そチ   丶 ゞ´ |: : : :!: : :/      ./     アメリカ船のコロンバス号が来日した時
/,. /                 |: : :|ヽ. ゞ´ `     .|: : : :!: : {     ./
ゝ/                ゞ-,:i: 丶:::::: 、_ ノ  .|: : :/ : : ゝ    ./
. ヽ                 i : |;込       ./ : /:: : |: : |ヽ   |       退去するよう交渉にあたったのが
  .}.                / : |: : `>- ,,_ .イ!: : |::: : : i: : i    ├、      清司だクマー
\ .` - 、            /, 、/: : : ノ::::::::_, }  {: : {、_.、:i、_!    , \
.  ゝ 、   `ヽ      r ‐γ /: :/T ̄;.7ヽ .{: : :{;/   、 _,..-゙゙    !、
      、.    ヽ、_,.  -.|;.;.;.;!´: :/ |..!;.;.;.;i-‐‐-| : : ゝ、  γ      ,  〉      ┏              ┓
       \   ´    {;.;./: : /   r >;.;.;.| /;|:|、 i/ヽ  .}  _,..- ゙゙  ヽ     ┃   中島清司   ┃
         ゝ、_,.. - ゙゙ .i/: : :/  / 〈ゝ‐-ゝ-ーヾヽ:丶 !ヽ、ノ-        〉    ┗              ┛
         ./: : : /: :/:{:i: : |^ゝ i  ヽ〈:::〉 --´  \ヽγ+ゝ、_,..-゙´  ヽ
         |/: : / i: /| : !:\!/: : i.   /::::{ヽ.     i  //ゝ、{       .〉
.          |: / |:/ |: : : :/ |::l: : ト ./::::::{      V/´〈---〈ゝ---゙´
.          |/   !  ヽi:: :| ヾ :/ /::::::::i_,..     Y ヽ ゝ==Vヽ/`\
                \! _,./´./::::::::::|       ,.i_ /: : : : :i,: }\  ヽ_
                ,. =ニ 、/|::::::::::::|   _,_   ヽ.ゞヾヽ: : : :},::| .\/./l
               .〈 lニニ!|..|::::::::::/-‐''"   /ニ, .ヽ  \: :|ヾ   .|/ /


460◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:05:40 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          清司の三男に生まれた三郎助は、
                     幼い頃から文武に励んだ。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                                                  ,.. -‐- 、
_______________________________r―'´ ̄工/ ̄`ヽ `"''‐--..、__
_______________________________l二エエλκl>―――――ヽ__ヽ_
                                           |_,.....-‐''⌒ヽ、_            `''‐-..、
                                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                      ┏━━━━━━━━━━━━━━───
                                      ┃
                                         六歳から宝蔵院流槍術を習い、
                                                  十歳で目録をもらい、
                                                                    ┃
                                        ───━━━━━━━━━━━━━━┛


461◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:06:05 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          剣は北辰一刀流と天然理心流。
                                 ┃
         ───━━━━━━━━━━━━┛

                    /|∧ /ヽ!、 i、
                   ィ、 .!::i!:::v:::::::::レ'::∨',  ,,
                    i:::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::Y::i
                   {ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レi
                   iY::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У
                ',::::::::::::::::;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::彡
                 >:::::::{"゛  `^~   ~^}:::::::ア
                '彡:::/ ,、__     __ .゙i:::::::i゙     天然理心流つっても分派の方で
                  从::| --ッ゙_z i!'´- ッ_ァ |:::::i      俺や勇とは交流があったわけじゃないけど
                 〉^i!   ̄      ̄  .|:/`i
                 | ! i!               i!i ,!
                   \.!   . ` ´    ,'ィ'"       三郎助は勇より一回り以上年上だし
                     |:::i 、   ´ ̄ `   ./i::|
                     И \     / .N
                 /ヾ;、  .`ヾWシ′ .|、
                ,-'"、   ヾ;、       / !i.\
           _,..-‐'"   \   ヾ;;、   / i;;i  \
        ,.-‐'"         \   ヾ;;、   i;;i  | .`ヽ_
       /       __         \   ヾ;;;、 i;;i  |   `ー-=.,_
              \.       ' ,   >―‐- 、|        ヽ,
               ',        ヽ, .(_/>‐'''" ̄i       ヽ,
                  .',        ヽ, / ,ィァ'''''' `ヽ       ヽ,
                ヽ,        ヽ,〉-'./ /フ''_ |    |   ヽ,

                  【  近藤周斎  】

.


462◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:06:46 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          他に高島流砲術も身につけた。
                                 ┃
         ───━━━━━━━━━━━━┛


                      |/ /
┏┓┏┓┏┓           \─ 、  /___
┃┃┗┛┗┛          .\\ ̄ヽヽ    /    
┃┗━┓        .\\\ \ヽ. l l \./
┃┏━┛  \   | l\\\ ヽ ノ ノ.  ヽ、 _
┗┛     /    ヽ ヽ、 ____ //   |    `\             /`、ー--、
  ┏┓     ̄ ̄|   ヽー── ´     l    _ヽ          / ̄ ̄ ̄.. ̄_`〉
┏┛┗━┓    |/  \         /  //  ̄ \       `テ--‐ ''´ ̄ ̄ i| ,ハ
┗┓┏┓┃          /\        /   / / /⌒ヽ ヽ     / / ノ__ハリV l リ |,リ ハ
  ┃┃┃┃       / / |  ̄ ̄ ̄     / / /ヽ | |/l l      j リ、!キソ´ ● ! l ' ハ
  ┗┛┗┛        l l |         l |  |二(()二| |     / ハ〈  ー  ,ノノ .iル 、
  ┏┓            l l ヽ           | l  l/ | |ヽ l |    /.,.ノ,!l , `ーゥ  t-!,、yハ \,:\
  ┗┛ ┏┓      ヽ ヽ \       ヽヽ ヽ、_.ノ ノ    ´ ' レ^V♀ニニ,,t ー〈  \::>,、
 ┏━━┛┃        ヽ、ヽ、 ヽ、      ヽ、ヽ    /        ((/ イ彡ノ´'j  \/\::\
 ┗━━━┛           ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄          ,/ー、{ル! /ー、!  \/\::\


                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                         ┃
                            三郎助がまず世に知られたのは、この砲術である。
                                                             ┃
                           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


463◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:07:15 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          一八三七年、アメリカ商船のモリソン号が、
                      日本に開国を求めて来航。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     ∧
             ∧  ___|::|___    l⌒⌒l
          __|::|___ (:::  :::(    |~⌒
           (::   :(  (::::::::(.    ||
           (::::::’( ___|::|__ __|:|__    /)
         __|::|__/:::  :::/  /:::   :/   /)//    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          /::::   ::/ヽ::::: ::/  (:::  :(   //ヽ/)  <    おーい、開国しようず     |
         (::::__::(   |::|     |::|    //ノノ/丿    ゝ______________,ノ
           __|::|__/   ̄/ /:::  ::( ///ノノ/ノ
          /     ::/:::   丿/;;:: ;;;; (/.//ノノ./ノノ    ____
         |::::::   :::(::::    / ノノノノノ //|ノノ/ノノ    _)___)
          )::::::: :::::: / |::|ノノ    |:| //|:| /ノ,―――(   (
         ノノノ_|::|_____ ノノ|::|ノ___「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ::: ̄ ̄/ ) ̄
   (;;;;;;( \\lllllllllllllll\;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;\:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;ノ ̄;;)
   VVVV二二二二二二二二=====二二二二二二二二]V
     VV ̄\ ――"──゛"────────,,,"───/VV
         ヽ ―――─────────────/――――――
          )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
::::: ::: :::: ::: ::::::::  :::::: :: ::::: :::: :::: :::: ::::::: :::: :::::: :::  :::::::: :::: ::::::: :::: :::

                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                         ┃
                            だが当時の日本は外国船は、
                                 問答無用で打ち払う方針である。
                                                         ┃
                           ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


464◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:07:46 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          浦賀奉行所の者たちが砲撃を浴びせ、
              驚いたモリソン号は退去していくのだが、
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ┏┳┳┓ ┏┓     ┏┳┳┓ ┏┓     ┏┳┓  ┏┳┳┓ ┏┓             ┏┳┓
 ┃┗┻┫ ┗┛ ┏┓┃┗┻┫ ┗┛ ┏┓┃┃┃  ┃┗┻┫ ┗┛ ┏┓┏┳┳┓┃┃┃
 ┃┏━┛┏━━┛┃┃┏━┛┏━━┛┃┣╋┫  ┃┏━┛┏━━┛┃┣┻┛┃┣╋┫
 ┗┛    ┗━━━┛┗┛    ┗━━━┛┗┻┛  ┗┛    ┗━━━┛┗━━┛┗┻┛

  。    i  i   。      。    i  i   。         。    i  i   。      。    i  i   。
   \ 人__人/        \ 人__人/          \ 人__人/        \ 人__人/
  。   Y    て。 o    。   Y    て。 o     。   Y    て。 o    。   Y    て。 o
    ノ γ⌒\         ノ γ⌒\         ノ γ⌒\         ノ γ⌒\
   /⌒ノ \   \        /⌒ノ \   \      /⌒ノ \   \        /⌒ノ \   \
      ゚    \   \       ゚   \   \         ゚    \   \       ゚   \   \
           /\   \_          /\   \_        /\   \_          /\   \_
           //二\   \\      //二\   \\       //二\   \\      //二\   \\
        γ⌒ヽ:::\  ∧∧⌒ヽ  γ⌒ヽ:::\  ∧∧⌒ヽ   γ⌒ヽ:::\  ∧∧⌒ヽ  γ⌒ヽ:::\  ∧∧⌒ヽ
         | 0 |  :::`ー(   )\ |  | 0 |  :::`ー(   )\ |  | 0 |  :::`ー(   )\ |  | 0 |  :::`ー(   )\ |
          ゝ--イ\__と   ヽ__>  ゝ--イ\__と   ヽ__>  ゝ--イ\__と   ヽ__>  ゝ--イ\__と   ヽ__>
                  ヽ   )            ヽ   )            ヽ   )            ヽ   )
                  (_/`J             (_/`J            (_/`J             (_/`J


465◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:08:13 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          この時、砲手を務めたのが、
             与力見習いで十六歳の三郎助であった。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       /⌒¨¨¬=-―‐ 、
                    /             \_
                 /                 /:.:丶  {ハ、
                   /             /:.:.:.:.:.:ヽ Vム\
               {             /:|`、\:.:.:.:.', Vム=\
                   ∧      _  .イl:.:l.:.:|:.:l:.:.:.:.丶:.:.l マニlニム
                   ///≧==≦イ///L:.乂:.:.|:.:ト :.:.:.:._:.|:.| }ニ=|ニム
              ¨¨7:.T爪イ:|:.:.i/」L/ト:.:ヽ:.l.=l-l:.:.:トニニニニ{ニニト       撃ち方が見事だったと
                {:.:.j/:{ ,l:l:.:.:ll/l「// ヽ从示ァ:.//|:.:ハ=-ァニニ/ム       褒美に銀二枚をもらったぜ!
                  乂/:.:ト.l:\l::: ̄    ,リ Vツ_彡:.//  \ニニニ∧
                    ノ/:|:.:|:.:|:.:.ヾ、 、_    //乂l|     マニニ∧
                彡/:.:.|:.:|:.从:.込.  ` ′ /≧=-____∧   ‘,
               ∥ /|l小|:.ト乂ゝ>-< /////    /// ∧   ヽ
                   l|乂/:/:∨/-=)〕(///////∥   // /:::/  ̄ ‘,   \
                    // / -=≦}//}}///////∥   |::| |:::|      ‘,    ,
                 xz≦T_////|'/∥///////〃\ |::| |:::|__     丶     }
             ///斗 〔ァ7//|/ ///////イ   ≧=:: V\/ ̄ ¨¨¬- .. _ノ
    ,.  -===ァ//∥//≦-≧///////////      /  ̄ ̄
   //´    // l|//{////////////////// \ __>'⌒> ̄>
   乂、_ / // l|//{//>'`/////////////ト',',',',',',',',/ /、
      ̄∥≠=ァ//////////////////',',l、 ̄ ̄   ̄   \
      {{ /ハV/ ///////////////|',',',',',',',>――- __  ̄ >--、
     _乂,シ///////////////>'`  \ ̄´  /   ̄::::ィl―¬'::://::/


466◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:08:45 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          また三年後、水野忠邦が砲術検分を行った際も、
             三郎助は全弾命中させ、やはり銀二枚をもらっている。
                                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                   ┃
                                   ┃
        ┃    ┃  ┃                     ┃
        ┃  ━┛━┛     ┃    ┃        ┃               ,...,,::;;''::,,,.::; .. ,,,, .
            ┃       ━━┛    ┃        ┃              . .:''::´::''": ::.  ; :"::"
        ┏━┛                 ┃    ━━┛              :.'"::" ::  ::,. ::''  :: :::"
        ┃                     ┃        ┃            .,,:' ''  "   . . ::: ''"
      ━┛           ━━━━━┛    ━━┛                ,;'"',     .....::."
      .                                     _,:-、,. : :.,,. ,;;:''""
                        _,;-、.                    _,;:-'":::::_,ヽ"'''"'''"
         __,,;;;;;;--ーー''''''''''i:'ー、__/  `|::'ー,、         _,;:-'"::::::_,;:-'"
      .   |.,::..:--ー''''''"""i :i : : : ;; : : : : :| i:::: \,.    ._,;-''"::::::_,;-''"
      .  r'' : : : : : : : ::r、 :i :|: : : :;;; : : : : :::|l:::::::::::`ー,;::-'":::::::_,;;-''"
      .  i;" : : : : : : : :|;: : :..:|: : _,,-=、、: : : :l:::::::::::":::::::::_,;:-'"
      rー'"i : : : : : : : :;;- : : l ::|::=";;;;;'''" : :_,;-'、,,::::::::,-ー"
      "''",,, : : : :_;_,,,,...;......ノ : :|: :'、: :|_,;;-'"_,.;-"-;;,,_-:i ::_.i


                                   ┏━━━━━━━━━━━━───
                                   ┃
                                      この時期の三郎助は、
                                         砲術家としての面が強い。
                                                             ┃
                                     ───━━━━━━━━━━━━┛


467◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:09:15 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助が違う面を見せ始めるのは、
             父から与力職を継いだ、三十歳前からである。
                                           ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   ´ ̄ ̄ ー 、
             > ´   ,. - : : : : =-- __
           /     ..イ: : : : : : : : : : : : : : : : :>= 一
           ./     /: :.\ : : : : : : : : : : : : : : <\
           /     /: : : : : : \ : : : : :\: : : : : : : : `:.<
         ′    /: : ',: : : : : ', \: : ノ: :\: : : : : : : : : : ー――ァ
         i     〃: i: : \: : : : ',孑.z≧=: : :\: : : : : : : : : : :<´        モリソン号やコロンバス号など
         {. _ ノ/: : :|乂: : \: : :ィ´ マ炒'´∨: : : : : : : :` ̄ ̄: : . _      外国船が来日することが増えた
          j////: : : : |f//\: : : : : \¨´  ∨:{Y⌒i : : : : : : : : :< ̄
           ///}: {: : : :|{///ツj` ̄ ー `    V!Kノ/ : : : : : : : : : : :\
        ////ハ:ヽN: :∨彡 `         八.ィ : : : : : : : : : : _:_ : :\    もっと海防・海軍に力を注がないと
       {{/////ヘ: : : : : :乂___   __     / : : : : : : : : : : : : : : : :\ ̄`   いかんだろ
         `''ー ⌒\: :` ⌒ヾ  (_ .ィ´    イ { : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
              \: : : : :\     /  V: : : : : : : : --ァ=≦ ..__
                    \ト: : : \ー ≦.====ミ=≦彡ニニニニニニ>、
                   `>≦マハニニニ> ´ニニニニニニ> ´f  \
                   〈ニニニ}.}.}ニ> ´ニニニニニニ> 7/ /     、
                 _ }ニニニ|.|/r-<ニニニニ> ´  // /   ′  \
                乂ニニア>彡ニニ\ - ` '' =-< > 彡  /  ./      \
             ,..z≦ニニ}/ニニ==- r.彡⌒: : : : : : : `:< __ /  /        \
          ,..z≦ニニニ/ニニニニニく.ノ´: : : : : : : : : : 〃´: : ∨ {         / X
        ,..ィニニニニニ/ニニニニ ==-く: : ,: : : : : : : : : : :{{: : : :: : ∨        //ヽ

                               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                               ┃
                                  三郎助が特に考えたのは船のことであった。
                                                               ┃
                                 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


468◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:09:49 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          警備船に砲を設置できるよう改造したり、
              洋式帆船を真似て作った「蒼隼丸」の
                       建造に関わったりしている。
                                         ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                               fゝ
                              ,. .'||‐- _,,
                ,,、          fゝ ,. '" , ','|l,.-''" ヽ
               ヾ\         ik'"   ,,.'‐'' !|     ヽ
                λ ヽ、     ,.'!!ヽ.  ヽ  !|     ハ. |ゝ
                λ   ゙ヽ、  .'..,!|  ` 、,' i  !|     ハ. !!、
                    !     ゙ヾ、 |.!   ,'`.リ_,,l.l,,_  _,, _,,,」,!!-=ギ、
                  i   ,.'  ゙|.ト、 ,' / ゝェiノ'キ''"~ ヽ !!   ヽ
                     !  ,.'  ,' |.lヾ、',,,.'-‐''"!:!;       ゙!!.     ハ
                    } ,.'   ,' !.! 'ヾ、  ,:.:;|:|.;       iヲ_,,... ..,,」
                    !,.'       |.l   . ヾ、,:.; | !;.;.      i=‐'''"~ハ
          ∧ ∧    ,l'    ,'  :!.!     ヽ、.!:|.;.;      ,!:    i',
          廿 廿   ,.' !    '  | !       ヽ.ヒ二ニユ=、‐n.:.     } ',
           ゝ‐ゞ - '、ノ _,,.' -‐| |'''"ャ"" ''''''i''iヽ;"~ ̄  ヾ|--‐-_y, '.,
            V∧,,"_'' ~"'',‐- 、,,_;| |  ∧,',',': | |; ; ;.     i|'''¨¨~~ i~ ', '.,
             ヌ¨ヽ. `"'' ‐- "'',,_‐"' ー'、,ハ,'   ! | ; ; ;      !! ::   }  ', ,:ャ
              Vハ- ,,,,_      "'' ‐ ヾ,i,,_ |::|; ; ; ;    7.! ::   ノ__,,.≠"__、
         _ t─キ‐-゙t- 、、,,_"'' ‐-  ,,_    ~"i''i:‐ュ;-_、.. ,'l Lニ=ッ',."≠"""バ _____
            Ll,,,l__l l! l l. i~r~;''ェ- 、,,_ ~" ''' ====゙ー--`┴゙‐ ゝ'ブ     }
                ゙,  ̄',~¨"''' 'ー'-゙ ',,,:__|  ~¨"''' ー-- - - - ‐ ''〃─ - - 、ノ
               }¨'''''キ-,,-    ..,, __ ~¨" '''  ー -- - - ''' "ノ;;,
              ,厂i|::::!;;;;;;.;.;.;,,,,.,.,..     ~~¨¨" ''''''_'',,二ニ,,'''-"~'"~
         '';; ''::'';;: ::i,;,;」!;;;i;;::''''--,,..,,,'''~;;~":::;;;;::''"~"~''''~~~
          ...,,,,,..:::;;;;::;;:;:;;;::::;,,,..,,::,,,:::::: '' '''''~~
         :::;;;::::;;;;'';;;::;;'''''~~
                               ┏━━━━━━━━━━━━───
                               ┃
                                  海軍・軍艦との関わりは、
                                    この後、生涯続くことになる。
                                                         ┃
                                 ───━━━━━━━━━━━━┛


469◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:10:20 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          そして一八五三年、幕末超弩級イベント、
                          ペリー来航が発生。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ...-- ─‐ ─-- 、__ ___
            /: : : : : : : : : : : : : :|三三/: : : :.ー‐、
           / : : : : : : : : : : : : : : : !三ミ/: : : : : : : : :.〉
          /ミ\: : : : : : : : : : : : : : /三/: : : : : : : : : /      __
.         /、三三\: : : : : : : : : : : />个ト、: : : : :_∠斗=ニ二>'´\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        /: : \三三\: : : : _;斗七三三>'^ーzく二二三>'´    )                  >
         /: : : : : :>=‐┴≦z◎三>'´ ...<三/  \>'´      <   日本は開国しなさい! >
.       {: : : : : :/三三三三三>' ...<三三ン' ヽ  .ヽ\       <                 (
       \:_:_:/二二二二二斗≦三三三/ヽ   |   :|   、     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^\_
    __.斗≦ニニ}三三三三三三三三三/   l i :|   :| i i                        /::}
   {二二二二ニ∧三三三三三三.三.// ハ :l l :|   :| l |                      /:::::/
           |i \三三三三三.ィ´ / / il≦i l :|   :| : |                   ___>':::::::::/
          /li  ` ー=7^´} / / 斗zヤ斥ラ ′ ! l |         __... -─≠´::::::::::::::::/
.          / 八   fえ芹う | / /    弋ぅツ ./  :|  .八 (`ー─‐‐ ':::::::::::::丶::::::::::::::::::;.斗<´
         / /  \  i乂cソ i/       ´¨ /  .:八./ :.\ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ー、
         , ′/ ..:/ \j 、、、、    j    ````,′ ..:/斗七ニ7:.\ .`7 ̄`λ::::::::`丶:::::::::::::::::::::::〉
      /  / ..:/ / v、ヽ             /  .:/ニニニ/丶 :.∨. . . ..}::乂:::::::ノ:::\::::::7:::::::/ヽ
     /  ./ ..:/ /  .∧ヽ丶   (  )  ィ   .:/ニニ/     _}. . . . .|::::::::\::::::::::::::::/::::::/:::::/
   /   / ..:/    / ∧ニ\>   イ ' .//  ̄ `>‐≠ー'´/:.|. . . ..人::::::::::::ヽ:::::::::/:::::/:::::/:i
  /    . ′ .′  ,斗-v'⌒V二斗≦/ ..:/彡'  /:.:.:/:.:.:.:./:.八. . . . . .>--< ̄/:::/::イ:::/
/    /  .>-≠≦ー‐、乂个彡-‐/ ..:/.      }:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\. . . . . . . . .__ノ{:ノ ´ し'
    . '  /: : : : : : : : : :丶/: : : : .′./:`ヽ    ノ|:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:.:.:.:.:.>z=' ̄´
  /  /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : /  /: : : : : ∨ ,'  i:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=<´
     .′: : : : : : : : : : : ,′: : : :/i /: : : : : : : :∨   ∨:.:.:.\:.:.:.:.:.:/ :..i
/    {: : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ. | /: : : : : : : : : }    _>ー≠─ ' i  :.|
      八: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.′: : : : : : : :.八  /´i:.. i:. l  } :  :.|

             ┏                     ┓
             ┃   どう見てもアメリカ人   ┃
             ┃                     ┃
             ┃       ペリー        ┃
             ┗                     ┛

.


471◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:10:48 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          この時、小舟で黒船へ乗り付け、
              交渉に当たったのが三郎助である。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    >'`  ̄ ̄ ̄ ̄ }
                  /        /⌒\
                    /          / ̄丶: : \
                 /       /: : \: : : \ : \
                  /      // : ',: l: : ヽ : : ∧: : l
         .        /     /ニ/ : : : ',:ト、 ∧l:_: ∧: :ト、
               /    /ニニ∧: : : : :',V ィ'爪 : : ∧ V ≧=-
         .     /   /ニニ/Vヽ\: : : 彡z=テァ : : :|: :ヽ       長崎以外では外国との交渉は行わない
             /  /ニニニ/|/||/|ト: \: :イVソノ|: : : |:\: :\
              {__/ニニ/| 〔/||/||/ンヽ\l   ||: : l|: :∧ ≧=-
               /ニ/:|: :|: :/7 ̄´ 丶    ∥: /l: :| ∧      あっちへ船を回してくれないか
         .     / // : |: :ト:ヽ乂        ∥:/: |: :|ヽ∧
         .        /: / |: :|: \\..、  ̄  / |/|: /: ∧ \、
                // 从ハ: 乂\:} >‐'   |Tl/:V:_:⊥--、
                  人  |ヽ/://\     イ / ̄   /⌒\
                  -=≦/〉:/ !    _/ /     / l   \
            ..-=≦////////ノ  l ̄ヽ / ./ /      /  l      \
           ∥∥/////////     l_____/      /   l        ̄ヽ
           ∥∥///♀///{      l    /      /   /         |
          ∥∥//{ll〈|〉l|//|      ',   /       /  /             /
          ||/||////777//h     ',  ∥      イ   ./        -==〉
          ||/||=≦///-=≦∧\.   ', ∥   / /\ /       /    \


472◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:11:19 ID:DlVOk9zc0

                           _  -=≦ ̄   ト、
                     -‐  ¨ヽ lilil}     }
                   ,           } lilil}       ′ \
               __〈       _ ノ ノ圦___      /∧
            ト- __ ̄¨¨丁  ア7====‐‐--  ¨≧=イ//i}
                   ̄ ̄/7=-ァイ {\       ̄¨≧=〈<___        イヤよ
                  / '  /{ :i レ気≧ュ、       ̄ヽ/^ヽ_¨        だいたい相応の役人でないと
                      /  ' { i/夊ク ノ/イ≧=- ____/:_∧/::、         問答する気は無いわ
         _ノ     /  ′  i{ {       ノイ/{リ¨〉} |ヽ: `{: : i: :fY: v‐、
        {(__  -‐ ゜ / ,/  i{ {       ノ   / i} } : : : :i:_ノ:{: :}: : ‘,
          >            イ ト、 ノ ∧          /  ト、 ‘,: : :、:::しi: : ト: :.   あなたの地位は何!?
       /         /, ∧:::\'  \  へ   イ  /  \ 、: : : V: :}:_ノ: : }
            /   /   / {>。:::::∨    _彡  /     \>、 : : : : : : ∧
         ィ     { ,:'´  ̄` \_}}===丁=-}}'′/{     {`¨≧=‐-≦气
    /    //   /   iレ′       ¨ヽ i}_i}_i}_iハ /_ノ     ∧       }
   ′      ′ ,/  /         厂}'/斥芋ミf、  `ヽ  / }≧=‐--‐=≦
      ,      /{/⌒      _    レ気ニ==‐≦二≧=‐- _\   i}     i.:.:.}
 ,    /   { / {⌒ヽ  \ /、 `ヽ/:/‐‐‐‐‐‐‐‐‐` v‐‐‐‐‐‐‐ 、 i}    }:.:.:}
 {   ′  i{ ′/:.:  \  i}'{    {iイ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐∨   ,::.:.:.}
 {  /    ノ .::.::./   }/∧    {リ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}‐‐‐‐‐‐‐‐‐}   /:.:.:. ′



  .           |    ::::!ヽ/:::\ ,..
  .           |    ::::!:::::::::::::::`::::ヽ::`ヽ
  .          /    ::::|:::::::::::::ヽ::::::::::}:::::::::\
          /    ::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::!:::::::::::::ハ,_....... ,,_
        /    ::::/:::::::ヽ:::::::::::::丶:::!:::::::::::::::::::::::::::::::゛゛ゝ
         /   ,、,:::::::}::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ!:::::::::;:::::::´\`ヽ
  .      /_/゛_/::!::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;:::::::::{:::ヽ
       -=ニ三ニン:::!;;;ハ:::::::::::::::::::::::斗孑七:::::::;:::::::::ゝ:::::ゝ
     -=ニ三ニン::::::::{  .∨::::::::::::::::::ハ:::ハ::::::;;;;::::::::::/  ̄       (奉行所与力……じゃだめだろうな)
    -=ニ三ン:::::::::::::::!\_辷::::::ヽ:ソ ,ィiテ=ア::::::ル::ヽ
      {:::ソ:::::::::::::ヽ::! ゞヽ//へ:::::::ヽ   {i;;ソ:::::::::|;;:::::::ゝ
      |:::ハ:::::::::::ゝ::::ヽ///////ルレ;;;ゝ  `´イ::::::::};;:::::::::ヽ       (ええい、ここは勢いだ!)
      !,' }:::::::::::::::::::::::ゝ.//// ,     u  /!::;:::/:::::::::::::::ヽ
         |::::::!::::::::::::::!::::ヽ ̄   r,    ィ !:::// ̄``}
        !,'ヽ!ヽ::::::::ハ::::}_ `      フ !:/ : : : :}  |
            ヽ::ソ ヾ! : : : : :| `´  / : : : : : : :/ .|
           /;;;;;ヾ}ヽ: : : : : : ヽ^ヽ‐ / : : : : : :/   }
  .        /;;;;;;;;;;;;;;;;} : : : : : : }  / : : : : : /|      i
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! \: : : : :| ./ : : : : /:.ヽ    ヽ
          /;;;;;┌ ヽ;;;;;!   |\_|/_: :/:.:.:./ ヽ     `ヽ
        ヾ;;;;;;;|  ヽ;;!  \:./{:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:../    ヽ     }
           ̄         /:.:`ヽ,゙゙゙` ´´       }   /


473◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:11:50 ID:DlVOk9zc0

             ,.-―‐: :⌒: : :―-. .、
                /_: : : : /ヽ\: : : : \\   つ
            /: ̄: : : : : : / : : : : \: : : : \\   っ
        /:./: : : : :/: : : : : : :.l : : : : \: : : : : ∧
       /: : /: : : : :/: : : /:.l: : : l: : :l : : ∧: : : : :∧
     /: :///: : : : l : /:∧ |: : : :l: : |',: : |:∧: : : : ∧
     //// : : : : :| /l: | l:l_: : : :l ┼マ:≠l十: : : : :|\
     /: :/: : : : :.斗r七i爪|∧: : :l:T  V l |: : : : : |: : :\
    /: イ: |: :|: : : : :ト|/}{//}{/Y : : l:| テ示ミk: : : :l: |≧=-―   お、俺は浦賀奉行所の副奉行だ!
  __彡'`  |: :|: :|: : : : :|//}{//}{乂V\|    //: : :∥|
.       |: :|: :|: : :\∨/:: ̄´  、乂  u ∥|: : /∥`、
.       |: 从从: : : :\ゝ             ∥ l: :/〃: : `、     エライ役人だぞ!
.       |:/ 乂乂 : : ト     r ――,    / /:|: : :\: :`、
      乂 /: ∧: : : l \  ヽ   ノ  イ: :/:.:|: : :`、\:ゝ
        .//:/ \: :l: : /:}> 、    / //|: :|: |: : `、
        / /:/ :/ : ト:ゝ/ _}    ` ´  {乂/|: :|: |\: :`、
        /:/ :/ |: :|: ://         ∨l/|: :|: |: : :\`≧=-
        /://: :|: :|: :| {__         .}  |: :|: |: : :| : \:.、
.       /: :_ -=≦¨|: :| |  ヽ  /⌒/ /:./ ≧=-: 、 : :ヽ:.
     / ̄!     Ⅵ |-=≦ ̄≧=-/ //      }¬乂
   __彡   |           l       /            l ∧
    /    ‘,         l      /            l / ∧

                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                         ┃
                            三郎助、身分詐称して交渉に当たる。
                            
                            (なお、副奉行なんて地位は無い)
                                                         ┃
                           ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


474◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:12:22 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          んでまあこの後、ペリー側と
                三郎助・幕府で色々と交渉があるんだが、
                     歴史の授業になっちまうんで、すっ飛ばす。
                                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

             f彡 : : : : : : : : `ヽi:i:i:i:/_ム ‐==〉......._ _.................................}
             { : : : : : : : : : : : : : \/二二ム‐=/㍉イ二二二≧=‐ _........../
             {: : : : : : : : : : : : : : : ::.、 ̄ ̄ V心彡' ¨  ‐=ニ二二≧=‐'′
             ノ: : : : : : : : : : : : : : : : /         ̄{二≧=-  ‐=ニ/
            {=‐丁: : :  ̄: : : 、: : : ::{       / 、二二二≧=イ
              〉、/: : : : : : : : //\ : i}    / /ト、 {∧二二二二〈
            / {リ=‐--  _:_:{/:i:i:/〉イ   /{ / fう:、ノ〉、二二ニ=-゚。
           ′/         ¨`ヽ/¨′   ' {'  ゞソ 〉  \ 二ニ=-゚。    まあ、国書は受け取らせたし
              ,           ム  / /      ~^ {     \ニニ=-゚     一度は引き上げてやるわ
          /   ′            ′∨ ,′     、.__ノ      \ニニi}
         ′ /           ....:'‐‐‐∨i{       `⌒{イ  /} /丶=}
          ′       \..:.{‐‐‐‐∨}   丶     〉ノ/ }/  `'     その前に蒸気船の中へ
       /  :             `v}‐‐‐‐‐∧     、_ イ '′  ノ        幕府の関係者を招待してあげる
     /    {           ∨‐‐‐‐ Vヘ  /⌒¨ /
   /  /                V‐‐‐‐‐V `< }   /
      ′   :    i           V‐‐‐‐‐}‐‐‐\ ,
     /       i     l         \‐_/‐‐‐‐i/ ′
           i.         l     \`气‐ / {
   /       ::.    ヽ : : : : l  _  ‐=:.{/{il〉< {
            i:.:...        : : ノ /.:.:.:.:.:.:.:.:.>ノ‐‐\ノ、
            l、:.:...     i : : '  〉:.:.:_ ‐====\=== \}
           i \i    : : {f´:.:.<===‐‐‐‐‐‐≧=‐-イ、
      /   /:          _}:.:.:.:./‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐丶‐\

                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                            ┃
                               その招待者の中に三郎助も含まれていたが、
                                                            ┃
                              ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


475◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:12:51 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助は機関部や大砲などに興味津津。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_,,,,,,,.........7 ,'   ,ム===== =ー-   ...,,,_,.イ ,. '゙ _,.<;;;;>''"   ,,.:≦彡'''"´‐''"::;;≦;;;;;
_,,,,,,........7 ,'   /===''''====ー-  ,ッ'" ,. '゙_,.<;;;>''"   ,,.:≦㌢'"‐''",..≦、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
‐===''7.,'   ,ム========ェ..,,.イ , '´,.<;;>'"1ヽ ,,.:≦=''"‐''",,,;;≦イ: : : :};;;ァ=ミ:::;;;;;
,,..ニ¨~~7.,'  ,/ェニ゙===゙ニェァ'",. '゙ ,.<;>'" _,ィ| l :;l''"r::、"::≦;;;,.='''、='ゞ.;,,ノY゙: : : :Y:::;;
-= =''7.,'  /'""¨¨ ̄ ̄¨¨/,.イ, '゙,.<>'" ,,.:≦ゞ'゙1.!.:;|'"1 :|:;;r'"゙Y,´: : ヾ::::;;;;;;;;{l: : : : :リ;;;;;
,三二゙7,'  ,ム-====--:'゙.イ,. ,'゙.<''''" _,,.:≦'''"_,,,;;≦;! !..:|ハγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
≡='7.゙ /;;;;;;;;;三三;;;㌢"ィ"<''"-rァ'升''::f '"´!|::;Y;'´ ゙! !..:l: :}.|    船室はいくつあるんだ?         >
三≡7. /≡;;;;;;;;;;;;;イ,.:'",;:''"_,;;'_''1.:f;;;;;;;;!.:.:lll.:.:.:.l.! .:{l : : | l .:| ノ||    機関の動かし方を軽く教えてくれ!   │
川川ー''川川川川川 :|゙ l l l l l''"|..:|r'".:l_,,,..!.;;;;;;!| ::弋ン! !..:|~,ォゝ___________________,ノ
川川川 川川川川川 :|! l l l l l,,,..!..:!::-‐|:/:'''" !|:Y~YY:| l ::|,'.:| .:|:l:l.: : : : :l.l.: : : : : : !::;;;;代 : : : :
川川川 川川川川川 :|! l l l l lテ|.::レ"~;|:ゝ''゙ー;''!|:{!:.:.}:{!:! !:::|!i:.! .:!从: : : :.从: : : : : :从;;;;;;;ゞ、: :_:
川川川 川川川川川 :|! l l l l l..:::!.:,ゝ-く:ゝ-ゝX!|λソノ、| l ::|ゞ1..:!;;刄.:,,ン;;;夂,,_少;;;;;;;;;;;;;`"'';;;
∧川川 川川川川川 :|!:r==ャ;;;;;/  ,;;}:===!|:=::=! !..:lニ!..:|ニニ/;~; ̄~ヾ.二二三三;;;;;;;;;;
\\川 川川川キニ7;F丑三::;;;rシ  ,;;イ|:>:-く,,;;l.!(,,,;;;;|lr| l ::|;/1 :|レ=、'fT~i ̄!:;;;i;;;;;ア゙ ̄ヾヽ;;;;,r=
\\,夂,,丈丈丈弋'ゞL_」;_三ヒシ=-=::;j'''!ー゙=く,,_l.!く.,,,_|lk! !..:|{;;;| .:!{:.:.:};l..i...l.....l.;;;;!;;;f.!: : : : ゙! !;i゙: :
、 \夂ミヘ、゙ヽ、゙丶、`丶、`丶 、゙  ', .,`゙ ' ‐- ..,,_''  ''Ll__j`"ー'' ー''代i T:::T;;リ;;;;l.!: : : : リ;,!;l : :
:::\ \,夂ミ::.、 ゙ヽ、.`ヽ、. `丶、 `丶 、' ",'' ‐- ..,_ `゙ ' ‐- ...,,,_¨""''''゙''ー‐''゙::'''''夊,,_,..夕从: :
;;:::::::\, \,夂ミ≧、. ゙ヽ、 `ヽ、. `丶、 `丶 、"' - ., "'' ‐ ..,,_   `"' ‐- ...,,_  ¨"'''' ー-'' `"
::;;;;;;::::::::\, \,゙'ミ≧:.、 ゙ヽ、 `丶、  `丶、. `丶 .、 `"' - ., `"' ‐ ..,_    `゙ ' ‐- ...,,_
:::::::;;;;;;;:::::::::\, >.,,ミ≧::... ゙ヽ、  `丶、  `丶、.  `丶 .、  `"' ‐ .,  `"' ‐ ..,_      ¨


476◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:13:15 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          そこら中を見て回り、質問攻めにしたため、
                                     ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         /...........................................、     _ -=‐ ¨
       ′............................................\_ -=‐ ¨
      /..........._ -==-  _................_ -=/_      , ' ⌒ヽ
      ...........ィニニ二二ニニ≧ュ、../‐=イ.........`ヽ    (  ∧  )
    ,........./ニ/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽリ{乂∨¨ ̄`ヽノ    ヽ廴) ノ
    {........レ' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / }  .,  斥、 }     |/
   _人..../ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イ}   }  ′ {i:i:i{_ソ
   `ーイ/:.:.:..:.:.:. _ <,ィf芹ミ  i}  {  {i:i:i{
      {: ._ <⌒} /' ヒヅ}  '  {i  {i:i:i{           こいつまるで密偵だわ……
     ¨}i  i{ィfリレ′  / /  {i  {i:i:i{、
       {i   {从~ '  u ノイ   {   {i:i:i{ \
     ,:{ ハ i{  、 -‐ /    /¨~‐={i:i:i}
  、_ノi{ / ^ヽ./  >イ     〈    {i:i:i:i〉、  \        、
  `⌒)レ   / //   /  {ノ>=--=< \   、       }
    /      //   /{  ノ      i    `   \      ノ
    .′/{ ,  _/   ./:.:.:{  {         :     _>、_ `¨‐=イ
    , {/ ,:´イ/ /ノ:.:.:..{  {=、  ,:.  _  -‐  ‐― ¨⌒ヽ \
   { { { i ノ{ /==‐ _∧ `ー=―  _ ,  ¨      \     、
   ヽ(  ノ‐‐ヽ(`ー ¨‐‐‐‐\ __ ‐ ¨/            \
   /‐‐‐‐‐‐/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐V    .′\                 \
   '‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}    /                    \
  {‐‐‐‐‐‐‐ {‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 人  ィ气     、            、      ゜
   、‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐_  ‐=∨=‐}    }     、              :

                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      ┃
                         と、ペリー側に記録されちまったほどである。
                                                    ┃
                        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


477◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:13:47 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          ちなみに一年後、ペリーが再来日した際も、
               三郎助は貪欲なまでに内部構造を調査。
                                         ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

/ , -‐ オ        /\: : :\`ー--‐ァ
.  /    /      ./、: : : :\: : :ヽ弋_´
 /  /     /{ヽ:.`: : :.\', : : ヘ : :_`ニ=-
      _/: : :ヘ >、: iヽ/:', : : :ヘ:.:\
-‐==ニニ/ト、: : : : :ヘ ',/_彡イ : : :.:}\:.`ー-‐ァ _    大砲の図をこれに書き取らせてもらうぞ!
ニニニ=/: : | \: : : : X /´@ 丿i : : :}、: ヾニニ´-'/
二ニ/廴;,:⊥ zェ\:.{\:`マ ´  }: : ∧ヽ、__ <´     釣り糸を使って船内の長さも測る!
-‐'´ i: : : :V斥乂くソ´ヽ `ー`-  |: :.iヽゝ:.`ー三ァ__
,ィ: i :ヘ:\: :ヾ>>'´  ′_ . 、  .!:.:/ ̄`ヽ、`7´:;:;`ヽ、  ___   , - 、
; イハ:.:ヘ: :` 、__ゝ、  r_' ´-‐ ヘ / ,' :;:;:;:;:;:;: ∨:;:;:;:;:;:;:;:; } /´:;:;:;:;:`Y /:;:;:;:;:ヽ
 {!〉!: :.:\: :\     i   / ̄ ̄i:;:;:;:;:;:;:;:; 「};:;:;:;:;:;:;:;: ,'/;:;:;:;:;:;:;:;:厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  i: |: : : :.}`ー‐≒‐  iーf´    丶___ ノ 乂__ノ.乂__ノ          t
. {: | : ,イ/: : : :/ ` マ''|                                |
ニア}/: : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.`|                                |
/.: :_  -=ニヘニニ===|        黒  船  調  査  書         .|
,. <=ニニニニニヘ、::::::::::::::|                                |
ニニニニ♀二二ヘ\__:::::|                                     !
ニニニ\|/二/{、::::::: |                                     !
ニニニニニニニ/i:::i:::: ̄ ア|                                |
=ニニニニ//:::i:::ヽ:::::/:: |                                |
ニニ二/:::/::::::i:::::::`´:::: |                                |
=ニ/::::::::i:::::::::i:::::::::::::::: |                                |
/::::::::::::::!:::::::::ヽ、::::::::: |______________________|
:::::::::::::::::::!:::::::::::::: \::::::::::::::::::::::{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  i:;:;:;:;:;:;:;:;:: φ

                                 ┏━━━━━━━━━━━━━───
                                 ┃
                                    ……ペリーもよくやらせてくれたな。
                                                             ┃
                                   ───━━━━━━━━━━━━━┛


478◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:14:21 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          ペリーが去った後、三郎助は
                 老中へ意見書を提出。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━┛
                          __
                        ´    ̄ \ /
                      /       ___ ィ(
                    (    .ィif ̄ ∧: : :}i≧=-
                     >=彡. イ |: / : !: :人:}
                 ー=≦__. ィ㍉{: |/\:「:||「'L_
                   アィ⌒ィ从_,ノⅥ^苡;||||| 「        日本にもあんな軍艦が必要だ
                    j/∧}li:. ' _  /.|    /
                      _,/  アィ >≦ニ.∧_∠.、
                 /´/⌒ .ィ⌒ヽニニ〈. . . . . . | \      砲撃台場の設置なと並行して
              __,/  ′ ィfニニニ}ニニ∧_ 斗k⌒ヽ       建造に取り掛かるべき!
              /   ー=≦ニi{ニニ /ニ=- ⌒〈  \rfフ、
             ー===== ⌒寸ニ ィf´     }! ∧   ヽ:.:.:\
            /ニニニニニ> ´ 八     ,/ ^丶   }:.:.:.:.:丶、
        __, ィf{/´:.:.斗 ´ __/ /}ト、\ー 彡 /:.:.:.:.:.\___}:.:.:.:.:.:.:./
          ア:.:′:.:./ ___  〕iトく/∧ ⌒ヽ __ ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       _,/:.:.:.:.:.:.:.:丶 「 〉 /:.:.:.:.:.}r――‐ ⌒ア__ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   __ ィif:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `| 「´:.:.:.:.:.:.:}      {__:.:( ̄ ̄ア ´
     ̄`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /: | |:.:.:.:.:.:.:.: }  _j斗si〔ニニ匕
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i{:.: | |:.:.:.:.:.:. 斗si〔ニニL斗‐┴ 、
      ./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ー┤!斗 f ̄ア⌒i「 ̄ \  \ 丶、
     / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |is. ∨//  i{′ ,  丶 ィfヽ.ィf\


479◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:14:53 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          これが了承され、日本初の国産洋式帆船
                     「鳳凰丸」の建造が開始され、
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     fゝ
                     ||
                 __||__    fゝ
              λ     ヽ.    ||
 ────────‐r }      ハ.‐, ' || ' ,────────────
          ヽ.   l! .,!         ヤ'''''''''''''''ヾ
              l \ l!/   _,,...  、 |.!     .ハ
          、  !  _/,,ィ'夭=孑-''ズリ        !
            l\l  ヽ           /    ,,... .,, ,!
          l ,iィマl!        _/,.ィ壬=-‐' 寸
:...         ハ !    `!       ''ハ"~       ゙!
: :゙:゙:':.:.:..,.    卞l.    リ  ,. -rヒ"~-゙'''!       ,!
: : : : : :.:.:;:;:;:,:,,, λヒ,,、 ="‐'''"~       l   _,,.. -,,='
;:.:.:.: : : : : :.:.: :.:.ャキ、 ゙f''ヽ         _ノ,,.孑‐''"~ λ
'':;;:.::::.:.:.:.:.: : : :.:ヾ.ヽヽヾ7ハ       ゙ム       i
  "''':;;;;;;,:,:, : : : :\゙ヽ〈,'λ _,. ォ''千州、       ノ
       ""''''''::;:.;'.''\ ゙ヾ.'"<,_ ィ゙ォ州;=゙! ,,.,,ッャ゙
          ""''':゙\ 、゙'' ,_`ケ卅三"三彡ヘ、,,,,,......  _--‐'゙,,ェェェェュ
                 ~"`''<,''<二_'---〉ゝ≡≡三云孑'"¨~/
                  `''<_ `"""_,二仄 ̄  }゙  ,/
                      ̄ ~~ -'゙     /_,..ィ´
                                   ̄

                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   ┃
                      三郎助はその建造責任者に命じられた。
                                               ┃
                     ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛


480◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:15:22 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          この頃になると三郎助は、
               外国・海防の知識人として名高くなる。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

             __      _. -───ッ‐'
            /.  `ー‐"´<::::::::::::::::::::`ミ、>、__ノ
        _......ノ.:::_:::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::\´
     /:. ..  :::::::`三三ミ_::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::、:::` ー--ィ____
    /:::::::::::::...::: .::_::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__::. .::::::::::::::`ヽ、
    j.:::::::::::::::::::::::::. .::::::__::::::::::::::::`丶、:::::::::::::::::::::::::::::.. :: . ..:::::──:、::::\、
    {:::::::::::: .....::::::::::::───:::、:::::::::::::::::::::::::::. :::::::::\、::::::::__ -:::ィ´ ̄ ̄\
    '.:::: . .::__::- _二二三三≦> 、::::::::::::: 、::..\、..<二二─<、
    \/.:::::::/¨ - ニ<`>/,≧;マ' \::、::. :. 、  、. ::::::::::`丶、丶.\      海防について訊ねるなら
      l: ::::::{     ><彳}::j,j!   ヽ\、. .:::::、:::`:ー::::__:::::::丶、\`      中島三郎助をおいて他に無し
      {: 、:..::`ーッ-     >'′    ` ヽ:ト、. ::.\、__:::::ヽ、:::::>´ノ
       l :.二:=ィ',f≠、            l| ハ::::::}`\  ̄ ̄  ̄´
      '、::.、::::::弋{Yj/              _ >::lヘ}``ヽ
       ゝ、>、:::∨            _. ->'´ ヘ| ' \::\
            \ゝ、-  , -―   _ >'´      V \:}
            |:l:.::\'′r‐   { く ハ          V   `            ___
            |ハ:::::ハ`ヽ、  _ハ v | VL        '._  -─   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :\
            |l l::::| くく__`¨¨´: ハ v7l j    , . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : ハ
             ヘ:j /_....._\ : : ハ v |/  , : :´: : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : : : :{: : : : : : : : : :}
              /  ── 、`V_ } }_ //}: : : /       `ヽ: : : : : : :!: : : : : : : : : :!
              j    二 ̄} lノ¨{: :,rく <: :/          \: : : : l: : : : : : : : : /
             /    j 7 .ハノ/l: :}¨j'"¨:/             i: : : : |: : : : : : :_:_j′
          , - 7      Y_ノ/  |:ノノ: /  __ --┐       l: : : : l: : : : :/__\

                 【  宮部鼎蔵  】

                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                            ┃
                               池田屋で死ぬ宮部鼎蔵は、
                                  一八五四年、三郎助を訪問し、
                                     海防について教えを請うている。
                                                          ┃
                              ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


481◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:15:51 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          そしてこの時、吉田松陰も同行していた。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 _,ィ‐⌒ト‐--、___
              >'"´ゝ、 { | } /,ィ´ .,>、_          ,イ
             / ‐-、`ヽ、ヾ、i !//ノ//∠-‐ラ\     ノ |
            ./ /三ミ゙゙゙゙ヽ、,, ,,-=ニミ=ニヘイ´ /入_ .,ィ‐'´/ .} /}
            .r´、〈彡´,-‐'´` ゙ ミニ"´ ,,==・,,`ヽ_,ィー´-'´ ノ j/ .|
       ト、    }ヾヽ)'´'´,,;""⌒ヽ : : :,イ゙    ゙ヾ{ミ三彡-‐'‐'´ノ ノ ,ィ
     N、 ミー-┴'彡j',,;・"  __  .,-ー、´ ,ィ-‐-、  ゙!`‐‐=ニ二 ̄_/イ |     なるほど!
     ト、i、  `‐-‐ラ彡{"  ,イ彡ミ、/ i⌒i∨{::イ~ャ、゙v‐Kヽミヾ=ニ二    /
     i `ヽ、二=彡'rヘレヘ{;;;,廴ノノ.},ィ-‐t、j、.辷彡ノミヽ} }三二ニ-―‐彳'´|
    iヾ、  `‐-‐‐'{ {゙〉'彡ヽ_二彡ィイ.ト-ヘiゝ、_´"  `.| |ミ、二__‐'´ ノ     黒船とはそのように
    ト、ヾミ==彡' .| i .| / ,ィ‐'´ {´,イト、〉 -‐ミヽ、 .ノ人ヽ-‐'´   ̄ノ     なっているのですか!
     {ミ、二彡'´ 八`ゝ、 /r-‐‐--‐ー‐ニ==テラ' } Yjノ ミ三二ニ=彡イ
     .\__二彡ヽ .ヘ´ { ヽ┴┴┴┴イ"7´ィ┐|_}ミヾ、_二彡 /
    大 ̄  ラ-、彡'´\__} ',( ̄`‐/⌒⌒⌒ ̄_,ノ .jヽ、ミニ__`ヾ,イ‐ヌ  (⌒ヽ
     `>'´`ヽシr‐‐、  ヘ.  `‐ラ-/  X ヽ"ヽ;/|ヾ  .r‐、ニ入´ .\ヽ´ \
     /゙゙ヾ ィソ"`ヽ/./⌒Yヽ(( (___,/三メ、__ノ ノノiュ__{,-‐∨ニA ""ヘ.| ⌒|
      /   //゙゙ヾ //...⌒//⌒i`ヽ、゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ _/::: .:::/--| ヘ  ∨;;;∧  |i   .|
    ./   //   イ./  / .i  } :: ` ̄ ゙゙゙̄  ::  |  ∨ヘ  ∨;;;;;|  .i|   |
   ∨   リ   .//  ./ j  .} ::   ;;;::::::;;   ::  :|   {  〉  .);;;;;j   '`  }

                  【  吉田松陰  】

.


482◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:16:25 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          訪問を終えた松蔭は、
             同郷人に三郎助のことを伝える。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

                _,ィ´ ̄ラ'´ ̄ ̄`゙`ヽ、
            _,=-'´/´     _,ィ'´ ̄`゙`ヽ、
          ., '´/  , '  ./  '´  ./´ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、
          / ,'  , '  ., '   , '´ ノ´        ::::::i
        .,イ ,'  .,'/  , '   / ,ィ'´  ,ィ'"´ _,=-‐''´ ゙̄ヽ、
        i(  i  ,'/,'  /  ., ' , '´ ,ィ'´ ,ィ'´  ,=-‐―‐‐ ::‐ト、
        r'ヽ .', ii ii /, .//,ィ彡'´/  _,='´,ィ⌒`゙`ヽ、   :::i  .,イ
   ト-‐―‐' .Y ゙゙゙ヾヾ!!////'´ノ∠´,ィ彡'´,ィ彡'´-‐'⌒゙ヽ、 `>-‐'´:::i
    ヘ -‐  .{              ,リ´ ..::::::`ゞ`‐-ミ、`゙`‐-彡'´., '  ::::/ , .,イ
     \_ノ彡i         ,ィテ{  ..:::::::::::::ミ、   `゙ ̄  '´  ::::ノ,イ|//
   .ト-‐彡'´  }  i  U リ   ' ノノ  .:::::::::::::::〉ミヾ、     ::::‐-‐'´  '´:::ノ      まだ幕府にもあれだけの
   \ミ二´ 人,, ;;ヽ } リ/ ;;::   i{   '´ ,,,,j:::::(ミ`ヾミニ三彡'´     ::::/       人材がいました!
     木ニ彡'´{`iヌ、} il r//   リ ,,,,,,ィ≦'´〉テ〉-、ミヾ、       .>≦-ィ
     `、彡' r、弋)゙)、,;ヽ=ラ=テヘ ヽヽ=ィノ_rュニ=Y‐-、_,ィ'  '´::::,=-'´
    ヘミニ彡' ヘ入ニjノ==彳( ゝ辷ノ) /.ノ二 `|:::::::: j: ヘ、}`ゝ-==ニ-‐ィ         あなたも彼に教えを
    ∧     ∧  i  |  トゞ-=ニノノノニ :::. ノ:::::::.. し'./、`ミ二ニ=-ノ´         受けてきたらどうです?
      `ゝ-ィ二ゝィト‐'`‐つヽ、    ..:::::::/::::::: ,' /`ヽ、二./"´ `゙ヽ、
         `ゝ-ヘゝィニ彡___こ==ュ―ィ'´/::::::/ゝヘミ、ミ彡'´      ヽ、
            `ト十十十イ匕Yト) ./,;'::: :::/:  :. / /ラ´ヽ . . . . . . .  ヘ
             λこニ‐ラ'´⌒}_ノ./'´::´_,ィ'::: .:/ /ノ  ヘ: : : : : : : : :  \
             {:'´ ゙`/ ` ̄/   ,ィ<  :::./ / .,'  .:::::::::ヘ: : : : : : : .    ::ヽ、
             ゝ、... } ==} .∠::::  ::, '  .ノ , ' .::::  ./ ̄ ̄ ゙̄`ヽ、    ::ヽ、
       __,ィ‐=、_   ゙フ   |‐'´,イ⌒ヽ、/ /,' ! .::  ., '         `ヽ、  ::∨
       (  ...::(     ` ̄´    ∨〈  ( i/  ,' .,'  ! ::  /             `ヽ、:::∨
      `ラ-ュ'´`ヽ        ...:::Y \ .(  i {  | :  ./     ...::::::::::::::....     `::∨


483◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:17:00 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          その同郷人も三郎助を訪ね、弟子入りを志願。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       /⌒¨¨¬=-―‐ 、
                    /             \_
                 /                 /:.:丶  {ハ、
                   /             /:.:.:.:.:.:ヽ Vム\
               {             /:|`、\:.:.:.:.', Vム=\     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   ∧      _  .イl:.:l.:.:|:.:l:.:.:.:.丶:.:.l マニlニム       |   俺を住み込みの弟子にしてくれ!   >
                   ///≧==≦イ///L:.乂:.:.|:.:ト :.:.:.:._:.|:.| }ニ=|ニム      ゝ__________________,ノ
              ¨¨7:.T爪イ:|:.:.i/」L/ト:.:ヽ:.l.=l-l:.:.:トニニニニ{ニニト
                {:.:.j/:{ ,l:l:.:.:ll/l「// ヽ从示ァ:.//|:.:ハ=-ァニニ/ム
                  乂/:.:ト.l:\l::: ̄    ,リ Vツ_彡:.//  \ニニニ∧
                    ノ/:|:.:|:.:|:.:.ヾ、 、_    //乂l|     マニニ∧       与力にすぎない俺に
                彡/:.:.|:.:|:.从:.込.  ` ′ /≧=-____∧   ‘,      物好きなもんだなぁ
               ∥ /|l小|:.ト乂ゝ>-< /////    /// ∧   ヽ
                   l|乂/:/:∨/-=)〕(///////∥   // /:::/  ̄ ‘,   \
                    // / -=≦}//}}///////∥   |::| |:::|      ‘,    ,   いいぜ、海防や造船について
                 xz≦T_////|'/∥///////〃\ |::| |:::|__     丶     }   俺が知るだけ教えてやる
             ///斗 〔ァ7//|/ ///////イ   ≧=:: V\/ ̄ ¨¨¬- .. _ノ
    ,.  -===ァ//∥//≦-≧///////////      /  ̄ ̄
   //´    // l|//{////////////////// \ __>'⌒> ̄>
   乂、_ / // l|//{//>'`/////////////ト',',',',',',',',/ /、
      ̄∥≠=ァ//////////////////',',l、 ̄ ̄   ̄   \
      {{ /ハV/ ///////////////|',',',',',',',>――- __  ̄ >--、
     _乂,シ///////////////>'`  \ ̄´  /   ̄::::ィl―¬'::://::/
 -=≦/////////////////>'`///\      \ _/::/  ∨ ̄ \/::/

                                       ┏━━━━━━━───
                                       ┃
                                          この弟子こそ……
                                                       ┃
                                         ───━━━━━━━┛


484◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:17:27 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━───
       ┃
          ――――桂小五郎である。
                             ┃
         ───━━━━━━━━━━┛

                 -=ニ" ̄"''‐-‐''" ̄"ニ=-
                ∠´           `ニ=-
                 /              `ヽ,
                /                  !
               i                      .i
              .|         /| |:| ト,ヽ       |
              |.    ノ  メ:::リ:|.|:::|ノ`>      |     今日からよろしく、中島さん!
              |.    /リメ, .\::リ::::/ ,.ヘ!ゞ,    |
              .|   ./    \|  |/   ヽ   |
               i⌒| | ==o=-  .-=o== | |⌒i
               | G| | ヽ . __ ノ | | ゝ __ ./ | |∂|
              ,.ゝ,_.|.|      | |     / |.|_,ノヽ,
             /   ||      ヽ!_レ  ./  リ    ヽ
         ---‐‐''7|   ヽ. ==========ヲ /   | ̄""''''‐‐--
         --‐‐''7 .レ|   | ヽ `-ニニニニニ-'´ /.|  .N""''''‐‐----
            /   レ|  |  ヽ.  ≡≡  ./ |  | |
           ./    .|  |.   \    /   |  |  .|
           /  _,,  .|  |    \ /    .|.  |   |
         . /_,,-''" \ .|  |\ .!j      /|  レ‐、 |
         . "      ".レN\`'‐-------‐'´/リN  ヽ |

                   【  桂小五郎  】

.


485◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:18:03 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助は桂を大変可愛がった。
                                 ┃
         ───━━━━━━━━━━━━┛

====‐|| || ニニニニニニ____________
' ̄ ̄ ̄||| | ┏━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┓
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼士─┃
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼|\, ̄■]\,
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\\    \
、   _,,|| | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\l\| ̄ ̄ ̄|
  'ヽ,/ || | ┣━┷┷━╋━┷┷━╋━┷┷━╋━┷||\l\||    |
./″' ..|| | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\l\||    |
     || | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\\.||    |
     / ̄ ̄jl ━━━┻━━━━┻━━━━┻━━ヽ、| 。}||    |
   /    /i___,,;;;;;:| ;;;          ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::. \|  ||    |
. ,.∠___/ ´x  /,,,,;||__________\;;;;;;;;; γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
´ || ̄ ̄ ̄||ー―‐',, ,,,,:.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \::: |    ここをお前の部屋にしよう    >
                                  ゝ________________,ノ


                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                        ┃
                           わざわざ納屋を改造して桂の個室にしてやり、
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


486◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:18:26 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━───
       ┃
          食事の時も桂を同席させ、
                             ┃
         ───━━━━━━━━━━┛

                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   |    小五郎、一緒にメシを食おう    >
                   ゝ_________________,ノ
            ∫                      ∬
         ∫                     ∫       ∫
     ∫    ∬      ∫      ∬               ∫
       ,.,、-------::、..            ∬       ∫
    ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、        , -‐ '  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐- _
   ( ,i'。'゙  ~ " ~ ` ゙~'';:、,)     /        ;'' : :;;;'::,, 、      \
   .| ゙-..;;_'' ~ ''´''',, ''_,,..-'゙|     /  _, ;;‐::~";;^二';;' ̄::: ̄"'''‐- 、   _,,-:'ゝ
    l      ̄ ̄ ̄ ̄     |    / _,r´::;;:;; 、;;::::::#:;;;;;:::;;:: ::;#;,、:::':;"`''‐''゙;;;;;'シヘ
    !、            ,/    lゞ (〇);;::):  ;;;;:::}!::::;;;;:::: :;;}' ::#::;;;__::;;;:て,, l
      \          /     ヽヾ::: ; :: ::# :::{!;;;;`;;;;;;#;;; ;;;;;;::::,r''´ "''ー、;ゞ
        ゙l'-、______,、-'l´         ヾ```ー''キ、::;;;__,,,yァイ´          /
       ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'′          ``‐- ..__ _  ;i!!;!;!j"    _ __.. -‐ ´
                               `  ̄ ̄  ̄ ̄ ´
       l三三三三三三三三三三三三三三三三三|

                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    ┃
                       自分が不在の時は給仕をつけてやった。
                                                ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛


487◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:19:11 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          あまりの厚遇ぶりに、
             中島家の使用人が不平を鳴らした。
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       _   ┛┗
                    /∧\ ┓┏
                   // ∧ ヽ、     ,,ィ┐
                  //  '"´    ̄ ゙̄''</  |
                  / '"   _       `ヽl!
                 /     '~´         ー-、',     なんで他国人の居候もどきに
               |                l     そこまで目をかけるんです!?
                |        ノ´ ̄`ヽ    |
                |       |     |   |
               \          ̄ ̄ ̄     /
               , '" ~/\、_______,,/
             /   /___∧    ∧_> \
           /〃         \  /        |


488◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:19:41 ID:DlVOk9zc0


                     /⌒        /⌒!
                     /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                    丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                   / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ     給仕をつけるどころか
                  ./ / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::;:|     あいつに給仕させても
                 | .:::::::::: / / tーーー|ヽ    ...::::: :: |     いいぐらいですよ!
                  | .:::::.  ..: |    |ヽ  _|_|_ .::|
                   | :::    | |⊂ニヽ| |  _|_|_::::
                    |. :     | |  |:::T::::| !   .|  |  .::
                    \    ト--^^^^^┤       丿



             /                              、
            {                             ヽ
               .                                 }
              {                              /
           _-ニ}                        /    /
        ,..:<三八 `゙''ー- _                /   /ヽ
     ,,..:<三三三三ニ=- _              ,,.. -―--≦〔: : !: :ヽ
  r≦三三三三三ニ==― -- 、 ____ ,,.. -=≦: : :i: : : : : : ',:ヘ: : |: : :',
             |: : {: : :!: : : |: : |: | |: ハ: : : : : : }〆ヘ: ト、: :.',: : :.',: ',: :| : : ',      ……お前たちは何も分かってない
             |: :ハ: :|: : : |: : |: { j/ V: : : : :.|斗孑七',: :ト. : :.i: :',: }: : : ',
            ノ|: :{: :',: :,: :.:.|: : |Nf笊ミx V: : :.:.|ィf笊爪ミV: ハ: :|: :.|/:ハ\:,,
          ∠: : ハ: !: :\:',: :.|: : i八.Vリノ ヽト、: :! Vzソ ソ|: : :}:∧: |: : {  }::     あいつはいずれ大を成す男だ
            ノ: : :ヘ{: }从:\:{: N:` `T´ ´   \! `¨  ´ |: : j/ : : !: : !  リ
       -= : : : : : : : : :j: : : : : :ハ.   !    .j          | : : ; : : :; : ,  /
           ̄ア: ´: :.j/: /: : : ゝ.                 .ィj: : /: : :/: /
          ノ: : : : :/: : V: : /!: }/ > .  ´   `   .イ/: : /:/ :/: /
   、_ ,,.. -=: :´/ヽ~ヽ≦//!: /-|/}ニ --≧. _  .≦--= |: :/j/- 、∠
        ,イニニ',ニV//,j///j/ハ//=-- __ }-- =≦//{://///∧fヽ__
      ,イニニニニ',ニV///////,ヾ//////,| .|///////,j/////////  ヽ
   __ 彡ニニニニニメニ}/////////,\////,! .|//彡〔/////////     マ
 _.ノ {{ニニニニニ/ニ/////////////,\≧===≦/////////       V
 }}ニハVニニニ/ニ////ハ////////////////////////> ´         i


489◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:20:32 ID:DlVOk9zc0

             ,.-―‐: :⌒: : :―-. .、
                /_: : : : /ヽ\: : : : \\
            /: ̄: : : : : : / : : : : \: : : : \\
        /:./: : : : :/: : : : : : :.l : : : : \: : : : : ∧
       /: : /: : : : :/: : : /:.l: : : l: : :l : : ∧: : : : :∧
     /: :///: : : : l : /:∧ |: : : :l: : |',: : |:∧: : : : ∧
     //// : : : : :| /l: | l:l_: : : :l ┼マ:≠l十: : : : :|\
     /: :/: : : : :.斗r七i爪|∧: : :l:T  V l |: : : : : |: : :\
    /: イ: |: :|: : : : :ト|/}{//}{/Y : : l:| テ示ミk: : : :l: |≧=-―     逆に俺があいつの給仕を
  __彡'`  |: :|: :|: : : : :|//}{//}{乂V\|:::::::::::::://: : :∥|          することになるだろうな
.       |: :|: :|: : :\∨/:: ̄´::::::::、乂   ∥|: : /∥`、
.       |: 从从: : : :\ゝ             ∥ l: :/〃: : `、
.       |:/ 乂乂 : : ト     r ――,    / /:|: : :\: :`、      ハハハッ!
      乂 /: ∧: : : l \  ヽ   ノ  イ: :/:.:|: : :`、\:ゝ
        .//:/ \: :l: : /:}> 、    / //|: :|: |: : `、
        / /:/ :/ : ト:ゝ/ _}    ` ´  {乂/|: :|: |\: :`、
        /:/ :/ |: :|: ://         ∨l/|: :|: |: : :\`≧=-
        /://: :|: :|: :| {__         .}  |: :|: |: : :| : \:.、
.       /: :_ -=≦¨|: :| |  ヽ  /⌒/ /:./ ≧=-: 、 : :ヽ:.
     / ̄!     Ⅵ |-=≦ ̄≧=-/ //      }¬乂
   __彡   |           l       /            l ∧

                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                              ┃
                                 そう言って三郎助は、
                                    桂の厚遇をやめることはなかった。
                                                              ┃
                                ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


490◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:20:59 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          これほど桂を買っていた三郎助。
                桂もまた師に深い敬愛を抱いた。
                                     ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             , -─                \
           ∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
             /     ,.イ./|./::::ヽ. L、ト、        .|
           . / ,イ   /‐K」!':::::::::iゝl-ゝ!'\i、    |       中島さんは人格・見識共に
            レ' .! ,イ ,イ===。、:::::_"===。=:l. r‐ 、  !       一級の人物だ
              |/ l/ l:::ー-/:::::´ `ー-‐,,´:::| Fヽ ! |
                  !/:::::__-,  -‐''" ::::| Lソ/  !
                 `T、--;‐=;===ニヲ.::::::l└ ' 、 ヽ      弟子入り出来たことは
                 /! `'ー-'---‐ '´:::::/i    l \\    生涯の幸せだぜ
                 / _ヽ  ー一 .::::/:: !   /  |`ーゝ、
               ,.∠-‐'' | ヽ.   :::/:::  i   ,/    |
             ̄       /.|  ヽ;:イ::::    ノ  /' l   |
                  /  !   ト、._   /  /  !   |

.


491◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:21:27 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          だが師弟関係は、一月ほどで終わりを告げてしまう。
                                             ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    >'`  ̄ ̄ ̄ ̄ }
                  /        /⌒\
                    /          / ̄丶: : \
                 /       /: : \: : : \ : \
                  /      // : ',: l: : ヽ : : ∧: : l
         .        /     /ニ/ : : : ',:ト、 ∧l:_: ∧: :ト、
               /    /ニニ∧: : : : :',V ィ'爪 : : ∧ V ≧=-
         .     /   /ニニ/Vヽ\: : : 彡z=テァ : : :|: :ヽ       長崎に海軍伝習所が作られ
             /  /ニニニ/|/||/|ト: \: :イVソノ|: : : |:\: :\     俺はそこに入学しろと幕命がきた
              {__/ニニ/| 〔/||/||/ンヽ\l   ||: : l|: :∧ ≧=-
               /ニ/:|: :|: :/7 ̄´ 丶    ∥: /l: :| ∧      
         .     / // : |: :ト:ヽ乂      u  ∥:/: |: :|ヽ∧      すまんが長崎へ行かなきゃならん
         .        /: / |: :|: \\..、  ̄  / |/|: /: ∧ \、
                // 从ハ: 乂\:} >‐'   |Tl/:V:_:⊥--、
                  人  |ヽ/://\     イ / ̄   /⌒\
                  -=≦/〉:/ !    _/ /     / l   \
            ..-=≦////////ノ  l ̄ヽ / ./ /      /  l      \
           ∥∥/////////     l_____/      /   l        ̄ヽ
           ∥∥///♀///{      l    /      /   /         |
          ∥∥//{ll〈|〉l|//|      ',   /       /  /             /
          ||/||////777//h     ',  ∥      イ   ./        -==〉
          ||/||=≦///-=≦∧\.   ', ∥   / /\ /       /    \


492◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:21:54 ID:DlVOk9zc0

                __>´\     _
                 >:::::::::::::::::ヽ  /<
               /::::::::::>ア:::::::::}/:::::::::::::\
              /::::::::::∠ <:::::::::::::::::::::、ヽ:::::::<
              ./:::::::::::::::::L_ゝ:::::::::::::::::::::> >:_:::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r'" ヾ:ヽ  ̄
            ./:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ハ:::`^ヽく:::::::'.
           /,...、:::::::::ムア::///  '.::::::::::::::::::::::|
           .//  }::fT_  \\/    .}:::i:::::::::::::ト、|
          /::l rア/ '  ` <ヽ:/   /イハ::::|、::|      残念だ……
         , ':::::l 、_/.  ゝ 。 >   ∠_=斗/}::/ }/
      __/:::::::::ゝ/ u    ̄   く.。 //
    丁::::::: ̄|::::::::ハ          \´ ./           でも俺一人に構うより
    ::|::::::::::::::;::::::::l  '.   - .._     _\           中島さんが海軍のことを学ぶ方が
    :::!::::::::::::|::::::: |   '.     ` ‐- ..  /            よっぽど日本のためになる
    :::|::::::::::::|:::::::ハ   '.  <`ヽ   /:`丶
    :::|::::::::::::|::::/ l    '.    ̄  , イ::::::::::::`丶
    ::::|:::::::::::|:/  |   丶   /|::::::::::::::::::::::::::ヽ
    :::::l::::::::::/   .|     ゝ <:/::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ::::::\::/    |`ー--イ//::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|
    ::::::::::/      |   //::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::|



               ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
            ∠             ´   ,.>
     .     /                 ̄`>
          /           ,、      `\
     .    !             / \    \. トゝ
        │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
     .    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
          |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!         どうか長崎でがんばってください
         | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
         | l ヒ |:|.       r __   \l
          |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′         俺、遠くから応援してます!
         ノ     | \     ___  /
     .   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
       /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
       ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
     . /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
     /      _..⊥._ \``  |


493◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:22:21 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          この後、二人が再会することは無かったが、
               桂は三郎助の恩を生涯、忘れなかった。
                                         ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                              ________
                             / ̄ ̄ ̄ ̄〈 ̄ ̄\ :.\
                               |     r┐ :У: .   |.:_ノ|
                               |   _ノノハ、_   ::/|: : :.|
                               |  {三三三三}   '.:.|: : ::|
                               |     ̄|ミ「 ̄     :|: : :.|
                               |      |ミ|      |: : ::|
                               |   .::|ミ|:.      |: : :.|        ∥   !
                 ∥ : : :: ::  :: .:: : :|     Lノ;.      |: : :.L_: : :: .::_ノ| : :,|::.
                 ノ:!,、;..v,;v、: :::: ::::.: /ト、 ,:㌫;㍉:㌦:㌶: 、   |::、/7\;、wX(: 八: : /:{: ::.
                 ―=ミ゙八爻彡wヾW;:rく:/ :|.:/ ̄\ __  _ .,ノ|}〈: ;/  .::〉ミ三三ivV:ゞ爻ミ;=―
                 ': .' ; :'    . .`¨^ :'〈 ̄\,_〉.;''  ' .; :'.、,`¨^;''´   .   ' ; :' : . :.
                    : . : . . : . : : . . : : . :: . : . . : : . . : : . :: . : . . :: .


                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                           ┃
                              後に三郎助は蝦夷地で果てるのだが、
                                                           ┃
                             ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


494◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:22:56 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          その報告を受けた時、
               桂は榎本軍降伏の祝杯を挙げていた。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         _   l     >
           ,)  .'、__,   `,=-
          :    -+    'ー、,,
          :   {ニ|メ、   、' ̄
          :   .ォ,.-、   ,ニ=
          :   !'| /   (       、
          :   +-ォ   `,ニ=-    ヾ\  _,
          :   .'ー-    {    -='  ̄  `´ ヽ
          :   ーラ    >   =ニ"__,.- 、  ヽ
          :   /L    '-、    i i!/ ヾ_,  i      これでようやく明治維新が成った!
          :    (    ( ̄`  _,.-' <  i l6l ,l
          :     )    `,=-  '-ュ-  -= i l ) i
          |     (     (    `r三ヲ/| `  i'
          ・     .)    r、」    7 /;; i 「ヽ`、
               (    `,=-    ー' | ,.-| |十`ヾ、
               )    (      /,-'+l .l十十+ i
                    ヽ     ('|十 レ ,.- ー 、+ |
          ,.、 ,r、  i、  ;´⌒ヽ   /;;|十+/ 十十',十i
        `/ |/  `;、| ヽl      /+,|,十.i+十十+| +|
             _          〈十,|十.|-十十+|++l
            (`ー`i        /`''=ヽ+キ十十十|++l
            (ヨ u 'ー----─''' ̄` u ,|十l、'''''゙u''"'l十l


495◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:23:23 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          だが三郎助の死を聞くや愕然とし、
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━┛

           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィr;::::::::::::::::::::::::::::::::',    ヽ_,
          ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|l:::::::::::::::::::::::::::::::::ト     ヽ(_/
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::/| | ハ::::|、::::::::::::::::::::::::i`     ) (
          l:::::::::::::::::::::,;:::/〉:/|| | ト、| ><>;::::::::::::l     ノ (`
         〈::::::::::::::/!/j:∧'/\! | | |/:::/ヽ ヽ:::::::{     ´⌒\
         , L__:::::/./__/__´ヽ::::| ! 「::/, -―¬l:::l⌒ヽ
         ! r┤:| ´    `ヽ´  '´/    , |::l⌒! l  
         ヽ lハ::| \   ゚  , | | 、 ゚   / .|/ //       な、中島さんが死んだだとぉ!?
          ',く_」;l  `ー‐ ´ | |  `ー ´ / }、_//   
           ゝ-lj   v    | | u  /  .ト、_イ
           l:`´ヽ   u__ー|_|-__ ´   /:::::::l        なんてことだ……!
             !::::::::丶  fー-- ̄---―ヽ ./:::::::::!
            l:::::::::::::丶ゞ二二ヱ二二ン.,イ::::::::::l
           ハ:::::::::::::|丶   ===   / |:::::::::::ハ- 、
         /:::::::l::::::::::: ト、 丶    ./ ,.イ::::::::::l:::|::::::`    、
       ../:::::::::::::l::::::::::::|:.:.\ `ー ´ /:.: |::::::::::l::::|::::::::::::::::::::::`  、
       /:::::::::::::::::::!::::::::::|:.:.:.:.:.',     ./:.:.:.:!ハi:::/::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       ::::::::::::::::::::::ト、::ハ」:.:.:.:.:. ',    /:.:.:.:./::::|/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヽ
       :::::::::::::::::::::::::::'::::::Vヽ:.:.:.:iー-イ:.:.:.:.:.!:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::',

                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                         ┃
                            酒を全て下げさせ、深く嘆いたという。
                                                         ┃
                           ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


496◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:23:58 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          また明治八年に三郎助の遺族が、
             訪問した時も喜んで迎え入れ、こんな提案をしている。
                                                 ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     _
                  _.. --ゝ `ヽ'´ ̄¨Z_
                   >             \
                 ∠.._     ,       i
                 /   ,.ィ./uヽ,iゝ      |
                 /イ  ィ,ヘ'i ヒ'.へ「\.  │       中島さんの娘を
                  レ|/lた・ラ :ヽ二’フ:|∩ |       俺の養女にさせてくれないか?
               .     l/ _┐  /  ||9| l
                    `i.r====ニヽ |レ'  l
                     i‘ー── '´/   i      少しでもあの人の恩に
                     ,ハ.  ̄ v / ,/!  ヽ     報いたいんだ
                    フ ヽ. / ,∠ -‐l   ヽ
                    ーz'ノ Z イ    ヽト、 i 、i
                        / ,. -‐ .、  }ハ}ヽ|
                           l /     \     |
                        | |        ヽ.   |


                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                     ┃
                        この養女案は三郎助が賊軍であったなど、
                              色々な事情により実現しなかったが、
                                                     ┃
                       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


497◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:24:31 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━───
       ┃
          桂はなお榎本武揚に、
              遺族の保護を頼んだ。
                               ┃
         ───━━━━━━━━━━━┛

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|       |    俺の代わりの中島さんの       >
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|       |    遺族の面倒を見てやってくれ!   .│
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ      ゝ__________________,ノ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >    ̄ イ:.:/       ああ、承知した
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ
    |                  | |    | |          }
    |                  | |    | |             ,'
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !

               【  榎本武揚  】

                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                          ┃
                             榎本は三郎助の三男、與曽八を養育する。
                                                        ┃
                            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


498◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:25:01 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          さらに桂は明治九年、北海道を巡察し、
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    [!   厂\
                      (_} 〈    ヽ
                        i    \
                        |       丶
                        |        .
                            ノ           \          .ィ
                        |           ≧==z    //
                           ノ                    `ー一  /
                      {                       ヽ
                      |                          {
                  厂\__ ノ                      \/
                 \                    __r‐z厂 ̄
                _/                     /
              r‐彡      ____        /
              |   / ̄\ /      `         /
            ォ  \ ヽ__   ′            ′
               }   \            \ノ
                /  r─‐≧
          .     廴__/

                    ┏━━━━━━━━━━━━━━───
                    ┃
                       三郎助が死んだ地を通ったのだが、
                                                  ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━┛


499◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:25:35 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          往時を思い出し、人目も憚らず慟哭したという。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    ∠う ̄ ̄ヽ/ ̄ ̄/ ̄ ̄\
                      ̄/ ̄            ̄
                  /                  \
                    /        / ̄|           \
                 /     ⊿〆  │|ヽ          |
                //  く//  v   ヽゝゝ         |
                    / /\ヽ\  ┌ノ ̄\\      |     若造で押しかけ弟子にすぎない俺に
                    | ヽミ、_ ||   |-∠-三ヽヽ     |     あの人は目をかけてくれた……!
                    | ̄="'フ  ミ   ̄三 ̄ 丶 -、  」
                    ノ  /" u  " ヽ"!"v / /^丶|  |
                    i! ∠  --つ  v  !!   ノノ ̄//  |     榎本や大鳥のように
                    !i i"二二 ̄二"ヽ    /ノフ /   ノ     生き延びてほしかった……!
                    ヽ [==二 ̄"フU  /ノ-/  /
                  U  _   ̄ ̄  /!  ̄   /
                 ヽ   -     ,,ノ  i     |ヽ
                 | ヽ v  ,ノ/    |     ! ヽ ̄--
              / ̄!  ヽ /" / U  |     |  丶   ̄\
                /    |/      |     |   ヽ
               /   /↑  v    |:    ||    ヽ
             ////  |        |∥∥∥


500◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:26:01 ID:DlVOk9zc0



                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


.


501◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:26:19 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          さて、海軍伝習所へ入学した三郎助。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _______
               |  |  |           |  | | 海軍伝習所  |
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________


                               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
                               ┃
                                  彼と同じ第一期生には有名人物が多い。
                                                           ┃
                                 ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛


502◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:26:45 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━───
       ┃
          まず勝海舟。
                   ┃
         ───━━━━━┛

                    ィ: : |:/: :/: : :,:-: : : :ヽ、    ,
                  ./: :i:ヽ: !{: /: :/: : : :/: : : : ヽ,..':/
             ヽ   /: :ヽ:ヽ:、: !:i: :/: : : : : : : : -:':´: : : /
              !: :`:-': ミ- :、:ヽヾ!:i: : :, ,イ´  ̄ /: : : : :/:ヽ
              ヽ: : : : :!   ` Y´   |    /: : : : /、: : :ヽ
                ヽ: : :}  、  |  /  !  ,..ィ,、: /: : :ー:-:,ァ、
             \:-:'´: : ヾ、____ヽ |  ! ,..:.:-:':_:.,.ィ'ヽ: : : _:,: イ: ヽ`
               \: : :,}- :,:.:._ヽ`  ,ィ' ,ィcy>  !:.レ cト: : :ヽ: :ヽ
                /:i:Tv <ゞ''ノ |  ヽ     /:.:}、 )/:ヽ: : :、`ヾ、
                 |: :、!     |        /: :/ノ/: : :、: : :ヽ
                 !i: : 、!     |      / Y_ノ: : : : :ヽ: : :ヽ
                /!: !: :ハ    ` ‐       /´|: : : : : :ヽ- :、: \
                 ,: :!: : :ヽ  -------‐   /  .!: : :、: : : :.、  ` ̄
                 /: ,!: : : : iヽ  ,,‐‐,,   /   .!: : : r-、: : :、
               /:/ /: : : /i| ヽ.::.:.:.:.:.:-,/  /   }: : :ヽ `  ̄
               /'´ /:ノニニ ! ヽ:.:.:.,: '   /   /ニヽヾ:.、
                /イニ、ニニ}、         /ニニニヽ_`
                イニニヽニ|} ヽ     /ニニニニ/ニL
              , =ニ/ニニニ、ニ|   ヽ   r'ニニニニ /ニニニ`=-、
         _,. -=ニニニ/ニニニニ/       |ニ|ニニニ /ニニニニニニニ=- 、

                      【  勝海舟  】

.


503◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:27:10 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          荒井郁之助の叔父で、
               幕府海軍の創設者の一人、矢田堀鴻。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

              ‘,',    ,,'",,'"      _
              ‘,',>''",,'"      _/::__:`ヽ
              ,, ,、 <       ノ>―┴-ミ
           .,'",,'" Lノ、     ,,'":::::::::: ̄`丶、丶
         ,,'",,'"    ヽヽ   ./:::::::::;:::::::::::::::::::::::::ヽ::'.    
       ,,'",,'"       ヽヽ  ':::::::::∧::::::{、―-:::::::::::: l    
       ,,'"           ヽ` |::::::://ヽ、{ ,≧z、、::i:::;    
                    L.ノィ:::∧ ,ィ= `   ,,`^!/
                      ヽ}/^'ヘ,, n丶     _ノ:l
                       `、`、 ト{{_ <l_フ イ',:::_L_ _
                        `、└t--`ヽ ノ`V    V
                         `ァr^了^ムイ:.:.:.:}}    ヽ
                        /:.:|レ ./:.:.:./,リ      Ⅵ、
                       .//:.ア  /:./:.:({{_    -― {、::ヽ
                      //:.イ   /:./:.:.:.:.:.:||: : : : r¬: : :l] 、:ヽ
                        /:.:.:.: l  .ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:<||: : : : |__」 : : l  ヽ'.
                     r':.:.:.:.:.:{イ:.jT:T:T:T:T:l||: : : : : : :_: :l   ‘,'.
                     ‘、:.:.:.:.:.:.:./:lr≦彡-r:l:l||: : : | ̄   |: l   }:}
                         ヽ:.:.:.:./:l:l_寸>'x≦|:l||: : : |    | :l  ./イ
                       ニ7:l:l:l:l:l:lx≦>'|:,:||: : : l     .l: :l ./
                     x≦7:l:l:x≦>'":l:/ .||: : : |    |: l

                         【  矢田堀鴻  】

.


504◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:27:36 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          榎本も一緒に机を並べた仲である。
                                     ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━┛
                __ __
             , ':.:.:..:.:.:.:.:.:.:.`¨:.':.‐ - 、
           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ . :. .ヽ
         ./ :.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.!:..:. :. }:.:.',ヽ.:.',
        /. :  .:.!:.:.:.:.:.:.i:.:.:/:././ :./,':..:.: .,'|:.|:.ヽヽヽ
        l:. :!:.: .:.|:.:.: :.:.:.|:./:/./ :.///:.:. /:.|:.lヽ.:ヽヽヽ
        ',:.:.|:.:.:.:.| :. .:.: .l/./:/ :.///7:.:/:./|/__l:.',:.|l|:.{
         }.:.l:.:.:.:.l: .: .:.:.l/:.//∠__//./:./ャテミ.:.:l.:.|||`、__
         l.:.|:.:.:.l`l:.l:.: .|:.|/7=rzェミ/://k斗ィ:.{|:.l |       正確には第一期の時
         |l:.ハ.:.ヽヽ',:.:.ヽヽヒエ才‐ヽ  ',  l:.:.||.|        俺は員外聴講生で
         |l:{ }:.:.|.ヽ_:.ト.:.ヽヽ      . > ノ.:.l l|
        / |l ヽ.||:ヽ:.|ヽ:.:.ヽ\  、 ..-‐'/ヽ:.| `
          ヽ }|:.:.:.',ヽ`ヽ:.', 、   '¨, 'ヽ.{ ヽ         正式入学は第二期だが
           ´ l:.|:ノヾ、___.ヽ  >‐-':.|  ヽ
            /|:lリ〈〉‐‐‐|.ニニニ彳ヽ{
             リ,^}{,-、: :| |: : : :||}             
           / 《〈〉{{^: :| |: : : :||`‐ 、           
         / ((_)Yr'´: : | |: : : :|| j乢 `r ^ ‐‐- 、_    
    _ , -‐ ´ : : : : : (ノ`=´: :} }--‐‐} } 丱: : : : : : : : :  ̄l¨} 
 _ - ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : | |: : : : : : : : : : : : : |: :l 
r' : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : ,': /


505◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:28:18 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          また海軍伝習所の校長は、永井尚志。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

                        _,,..,,_
                      ,ィ´::::::::::::::::::`≧r―‐- 、
                    / ィ:::::::::::::::::::ミ 彡:::::::::::::`ヽ、
                   ,イ/ ///:::::::::ミ 彡::::::::::::::::、,::ヽ
                     /://  イ/::::::::ミ 彡::::::::::::::::il   li,
                  l::///  //:::::::::ミ 彡:::::::::::::::lil   jl,
                   l::::::://  ,.ィillli>ミ 彡:::::::::::::::il   li li,
                     l:::::::// / ` ~゙` ー--、:::jl::::::l  川:::l
                 ,ノ|::::::::::/         ヽi li゙' li''i il:::l::リ 
                  |:::::,久ゝ、        'il:::l,li::::lj::::::/      後に蝦夷地の中枢に
                  |/lf゙li6:>ニヽ、      _l::::::::::::r、::/      係る人物が多いな
                      lヾ` ‐`' ノj_, ==ニそ}:ll:::::/l/イ   
                    l ` ̄´ / ̄{,'ニ9フフオリi:/ノ:/    
                      ',   /   ` '― '´リ rク:::/        幕府の俊英を集めたから
                    ヽ  ヽ        ,ノ/ル'′        当然と言えば当然だが
                     丶 、‐- 、__    ,. '′L      
                     /ヽ`二¨´ . ィ"´  l〉ヽ、
                   ,ィ/   /'ー "´ ,:'  /   ト、、
                , ィ/.:/  ,'     ,::' /   ,ハ:.:`丶、
           _,, - '´/.:.:./   {     ,::::'/     ,':.:.ヽ:.:.:.:.`丶、
     _,,, -‐ "´.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/ ,. --ミ、     /      /.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.`丶、

                    【  永井尚志  】

.


506◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:28:49 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助は海軍伝習所を卒業後、
               矢田堀と共に築地の艦操練所の教授となる。
                                           ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                             ヘ
                          rァ':.:.:.`、
                       r―-{/:::斗―'┐
                      ,,'"´ ̄:::::`''<ニ}
                       . ':::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                    /:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                   . '::::::::::::ハ:::::::::::: i、:::::::::::::::l
                 /::::::斗―‘.::::::::::::{―-::::::::::::,      後にはこれも私と一緒に
                  フ::::::::lzzzx、:::::::::::l斗zx、::::::::::、     教頭へ出世してますね
                _/::::::::::イ ,之ン ヽ{、::::',之ン\::{、:.:.、
                Z イ:::::'.      \'.   i\:\` .,_
                    '.:.:.:{:、    `       /:::::{   ̄
                    Ⅵ{ \  、_ァ  /::::::::::,
                        ゙}  `  .,_ .. イ、::::::::::::::,
                       .ィ}    ん、:::::::::::::,
                  _,,<}:l:l:l}    }:l:ト .,___:.}
                ,ノ:7:l:/:.:.:.:.:.:}:l:l:l    ,:l:l:|:.:.:.:.:.Ⅵ:T^ヽ
               /:.:.:}:l:l{:.:.:.:.:.:.:}:l:l:'、  /:l:l:l:|:.:.:.:.:.:}l:l:}:.:.:.`、


507◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:29:19 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          他にも色々と引っ張りだこで仕事やってるが、
                    いちいち描くと長いんで、箇条書き。
                                             ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              ┌────────────────────┐
              │                            ....│
              │    ・浦賀で日本初のドッグ建設を監督   ...│
              │                            ....│
              │    ・館浦台場建築の総監督         ...│
              │                            ....│
              │    ・浦賀港の石炭管理役           .│
              │                            ....│
              │    ・軍艦頭取、及び旗本へ出世        │
              │                            ....│
              └────────────────────┘


                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    ┃
                       この時期の海軍・海防の第一人者と言っていい。
                                                      ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


509◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:29:53 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          だがこの激務に三郎助の体が音を上げた。
                                     ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       ,. -―‐- 、      , ' ⌒ヽ
                    . ´       \     (  ∧  )
                  /               〉     ヽ廴) ノ
                /                 /\     |/
                /            /: : : :ヽ
       .           }          //∨l: : |:/
                |ハ、___. -=≦/≧-|: :.イ
                 / |: :\ニニニニ=イ////}}乂:∧:、
              ./: : |: : : :≧=≦´: : | |.≧=-リ::Ⅵ 乂_    俺は元々、喘息持ちで
           / イ: :|: :/ : :|: :|: : : : :Ⅳ u   /        体が強くねえんだ
         _彡"  / : j /: : : |: :ハハ: : :八 ― /:|
            /: : :j/: : /: |:/ニ|: \:|_/:≧=イ|.リ
           /: : /: : : /: : /ニ从\ゝニ:イ  リ         歳も四十六になったし
         _彡/:/: :/ /: : /ニニニニ∨ニム          ここらが退き時か
          / : /: :// /: /ニニニニニム\ニム
          /: :/:///:/ニニニニニニニムニ\=〉
         从//: : : : : /|ニ/ ___  Vムニニハ
         レ |/|: : /V=|〃ニニニニニニニム_/ ',
           / .|: ∧ニ仁|ニニ/ ____`ム   }
             |://∧ニ|=//ニニニニニニ}   |

                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      ┃
                         一八六六年、三郎助は全ての役を辞任。

                         (一八六二年にも病気で一時辞職している)。
                                                    ┃
                        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


510◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:30:25 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          与力職も長男、恒太郎へ譲って隠居。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━┛

                  r<  ̄ ¨ ニ ‐-_ ._
                   {   ` ー- ._  ¨ - .._
                /:\  ,....-...―...゚- ̄. ~¨ =7
                 ,.':::::::::! /::::::::::;ィ::::ハ::::::::`ヽ  /
              /::/:://::::::/:/ !/  ';ハ::ヽ:::::∨:'.,
             ,:::/::::::レ:/:::;〆≠={'    !=マ::';:::::',::::'
                i:/::::::::;i/i::;/ _.ミ、     ⌒V:l!:::::!::::!
                l' !::;:::;i::::l/,行;斧ヾ        i:ll:::::':::::l
                 i::!l:{ V::i 弋シ      -_≦、'/::/:::;::'
              ',l',:ゝV:', '' ''     、  ̄ シ::;:/::/i/
                    ', ';:ト;:::ヘ.  r ‐ 、  '' ''/:ノ':; ' ′
                 ゝヾ`is。 ゝ- '  ,...イ:::/     ┏                ┓
                   γ'  ̄ヽヽ-`T/´// ´       .┃   中島恒太郎   ┃
             >'' /     ノ ノ、ヽ iヽ\          ┗                ┛
              | ./r TT  ̄ Y ヽ、 ノヽヽ
               {., ' .L,.ゝ"¨> ' -‐d¨,  ヾ!、
            /  /> 7 , -‐ ゙ ̄ :;  `ト、
              /__ /ー</ /  ',     ;    l`~
           /   ./. `ー 、くノ  .!       l
            人   { r-`ニソ_   !        .!!
           `T T´ゝ-'::_::::」 .! γi ¨, ヽ  i.l__
         ,r。)ヽ/V/ノ':´: : ノ ,'  ! ' ´jヽ } l !::j
          ∠ゞ/:/レ、(:): :./  ,  \7¨’ノ !.l:∧
     rー- ': : :/: : : : : 。_∠. _/     ̄  .! !'  ヽ
     /:/‐,‐,-. ': : : : : :.7'(   ハ` ・ 、 ,. __ .i. _!_   ヽ
   /:./ー.'-'-:,,:_:_:, , ' ,::;' `ー' v._  ノ(=.)  `Y=) Y   ヽ


511◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:30:59 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          だが翌年、榎本と矢田堀に復帰を要請される。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

           /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
           /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
          l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
          {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
          |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
          |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|     「開陽」がオランダから届き
          |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|      幕府海軍を本格的に整備する
            |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
            ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
               \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l        経験も知識も豊富な中島さんの
                |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|          力が必要なんです
                |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
                l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                    `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
          _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
       /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \


513◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:31:33 ID:DlVOk9zc0

   Vニ∧.         l ||        --ミ
   Vニ∧         l ||      /::::::_:::::≧=-ミ
    Vニ∧           l ||   ,,'";,'"::::::::::::::::::::::::`
    Vニ∧        l ||,,'":::/:::::::::::x、::::::::::::::::::::::::丶
     Vニ∧       ,l/::::::/:::::::::::: /-1:::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ
     Vニ∧     ,, '":l:::_::ィ::::::/::/:/  .l:::::::::i::、::::::::::}:}:::::,
      Vニ∧  ,,'"::::::-=l---:/:::::/}/‐- _:::::::::l/Ⅵ::::::}イ :::::,     薩長の動きもおかしく
      Vニ∧'"::::::::::::::::::: l_厶ィヤ! 7丐竿 }ハ::::l_..斗-:::::::::::: l     日本はさらなる混迷に
      ,.Vニ∧:::::::::rvヘ. ィlニⅥⅥ.゙{   ̄´   ⅥV心、:::i:::::::: l     入ろうとしています
     /::::Vニ∧ヤニVニ',.ニl/〉ニⅥ、''      , ゙} `ー'}::/}:: ∧|
   /:::::::::: Vニ∧Vニハニ'. /.l'-Ⅵ乂 、   - 、   '' }/ }::/
  /:::::::::::::::::;.Vニ∧Vニハニ//.lニⅥニ! 丶、      イ .}/       どうか復帰してください!
/:::::::::::::;,'"  Vニ∧Vニハ// .l二Ⅵ」  _>---=ニ_、 _
::::::::::::/     Vニ∧ ̄//>'"lア:./ /:.:.:.:r'^ _r'⌒ヽ| 「  -、
::::::; "       V>ヘ ///了:l:.l:.:./イ:.:.:.:.:.:/  _「     .l l     、
:::/        〈_.ィ∧// r':.:.l:.:l/:.:.:.:.:.:.r'^ _「     //   ⌒  、
/          V ∧ ⌒^~l^ー'^ー' _r'      / 「l  {    } ` 、_
          /V ∧^"7'^~l⌒^ー^'′     ,  l l   乂 ノ    i
         / //Vr――-、  l        ` 、  l l: : : :r-: : :_ . .  l
      /⌒ヾ./// ノ rァ-   、 l         }   .l l: : : :l : : : :l: : : : l



             /                              、
            {                             ヽ
               .                                 }
              {                              /
           _-ニ}                        /    /
        ,..:<三八 `゙''ー- _                /   /ヽ
     ,,..:<三三三三ニ=- _              ,,.. -―--≦〔: : !: :ヽ
  r≦三三三三三ニ==― -- 、 ____ ,,.. -=≦: : :i: : : : : : ',:ヘ: : |: : :',       ……徳川が危急を迎えようとしてる中
             |: : {: : :!: : : |: : |: | |: ハ: : : : : : }〆ヘ: ト、: :.',: : :.',: ',: :| : : ',     老いぼれ隠居ってわけには
             |: :ハ: :|: : : |: : |: { j/ V: : : : :.|斗孑七',: :ト. : :.i: :',: }: : : ',    いかないな
            ノ|: :{: :',: :,: :.:.|: : |Nf笊ミx V: : :.:.|ィf笊爪ミV: ハ: :|: :.|/:ハ\:,,
          ∠: : ハ: !: :\:',: :.|: : i八.Vリノ ヽト、: :! Vzソ ソ|: : :}:∧: |: : {  }::
            ノ: : :ヘ{: }从:\:{: N:` `T´ ´   \! `¨  ´ |: : j/ : : !: : !  リ    分かった、両番上席軍艦役として
       -= : : : : : : : : :j: : : : : :ハ.   !    .j          | : : ; : : :; : ,  /     再出仕しよう
           ̄ア: ´: :.j/: /: : : ゝ.                 .ィj: : /: : :/: /
          ノ: : : : :/: : V: : /!: }/ > .  ´   `   .イ/: : /:/ :/: /
   、_ ,,.. -=: :´/ヽ~ヽ≦//!: /-|/}ニ --≧. _  .≦--= |: :/j/- 、∠
        ,イニニ',ニV//,j///j/ハ//=-- __ }-- =≦//{://///∧fヽ__
      ,イニニニニ',ニV///////,ヾ//////,| .|///////,j/////////  ヽ
   __ 彡ニニニニニメニ}/////////,\////,! .|//彡〔/////////     マ
 _.ノ {{ニニニニニ/ニ/////////////,\≧===≦/////////       V


514◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:32:01 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助復帰の翌年、鳥羽伏見で幕軍は敗北。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :... . .:::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .:::::........ . .::::::... .... ..::::::::: . .::::::... ....:::::::::
,_:::....::::::........ (     ... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
 : ゙゙"'ー-、,, ..::::)   ノ::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ (     ::::::::
 : : : : : : : `((   ,,,;)..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::(;;、(,,,   、::::::....::::::..)   ノ:::::... ....:::::::::
: : : : : : : :    )  ノ  、.. .. . ... .::::.. . . .:: : ,,)    ( :::: :: ((   ,,,;) :... . .:::: .. .
 : : : : : : : : ( _ ⌒)   `ー(      .. .. . ... ..( (    ,;;. .. `⌒)  ノ  .. .. . ... ... ..::. .. . .
     : : : : : 、:(  (    : :)   ノ ... .. .. .  ヽヽ  ,,ノ .. ..::. .( _ ⌒) . .. .: :::.. ... .. .. . ... .
  ~~^^;:;:'',,,,.....=) ノ-;;;;;~~^((   ,,,;)^^~~~~~^^"'''~) ))  ^^'',,~~~~~(  ( ''~~^^~~~^
       "^  )ノ      )  ノ  .,"'`',(   (,, (     ''.,,.....=) ノ-':
   ⊂( ゚Д゚.;..'.'';;;"  ;..,"'`( _ ⌒)        -- ノ、,,,,,,,_.,"'`',:' "^  )ノ    :',:'':(
                  (  ( __;:;((   ,,,;)         .'';;;"       )   ノ
            ∩∩'',,.....=) ノ-二(,,゚ロ゚)  ノ  '' "'''.''" ':    '"'"'    ((   ,,,;)
         :⊂/ /`:"^  )ノ     ( _ ⌒)                  '':'`::':'::',:'':)  ノ
         (。ロ。 )二⊃  .'';;;"  '     (  (                     ( _ ⌒)
                         ,,.....=) ノ- . ∩               (  (
  ;'"'"''::',:___   '':'`::':'::',:'':';:;..  :'"'`,"^  )ノ  ⊂⌒(。Д。 )⊃       ,,.....=) ノ-
  (。Д。 )二二⊃            "'''.  ..'';;;"      ∪        ::'::',:' "^  )ノ
  ∨∨"'"''"'"' "     ⊂;(゙;;0゙#),,,';;:'::',                   :'::'    .'';;;"

                             ┏━━━━━━━━━━───
                             ┃
                                江戸開城へと続くのだが、
                                                   ┃
                               ───━━━━━━━━━━┛


515◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:32:30 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          三郎助は二人の息子や浦賀時代の元部下を連れ、
                        榎本と合流し、蝦夷地を目指す。
                                               ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   ´ ̄ ̄ ー 、
             > ´   ,. - : : : : =-- __
           /     ..イ: : : : : : : : : : : : : : : : :>= 一
           ./     /: :.\ : : : : : : : : : : : : : : <\
           /     /: : : : : : \ : : : : :\: : : : : : : : `:.<
         ′    /: : ',: : : : : ', \: : ノ: :\: : : : : : : : : : ー――ァ     徳川への最後の御奉公だ
         i     〃: i: : \: : : : ',孑.z≧=: : :\: : : : : : : : : : :<´
         {. _ ノ/: : :|乂: : \: : :ィ´ マ炒'´∨: : : : : : : :` ̄ ̄: : . _
          j////: : : : |f//\: : : : : \¨´  ∨:{Y⌒i : : : : : : : : :< ̄   蝦夷地で驀臣が生きる道を
           ///}: {: : : :|{///ツj` ̄ ー `    V!Kノ/ : : : : : : : : : : :\   つける手伝いするぜ!
        ////ハ:ヽN: :∨彡 `         八.ィ : : : : : : : : : : _:_ : :\
       {{/////ヘ: : : : : :乂___   __     / : : : : : : : : : : : : : : : :\ ̄`
         `''ー ⌒\: :` ⌒ヾ  (_ .ィ´    イ { : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
              \: : : : :\     /  V: : : : : : : : --ァ=≦ ..__
                    \ト: : : \ー ≦.====ミ=≦彡ニニニニニニ>、
                   `>≦マハニニニ> ´ニニニニニニ> ´f  \
                   〈ニニニ}.}.}ニ> ´ニニニニニニ> 7/ /     、
                 _ }ニニニ|.|/r-<ニニニニ> ´  // /   ′  \
                乂ニニア>彡ニニ\ - ` '' =-< > 彡  /  ./      \
             ,..z≦ニニ}/ニニ==- r.彡⌒: : : : : : : `:< __ /  /        \
          ,..z≦ニニニ/ニニニニニく.ノ´: : : : : : : : : : 〃´: : ∨ {         / X

                             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                             ┃
                                当座の役職として、「開陽」の機関長に就任。
                                                           ┃
                               ───━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


516◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:33:33 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          俳句の素養もあった彼は、
            家に残した妻と三男の與曽八へ
                      江戸脱出の際、歌を贈った。
                                       ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             ┌───────────────────┐
             │                          ......│
             │            ,ア ス               .│
             │     乙島や 翌日は常盤の 国の春    .│
             │                          ......│
             │                          ......│
             └───────────────────┘


                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━───
                     ┃
                        蝦夷地を良き場所にしようという、
                                 意気込みが現れている。
                                                     ┃
                       ───━━━━━━━━━━━━━━━┛


519◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:33:58 ID:DlVOk9zc0

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━───
       ┃
          その蝦夷地で三郎助が
              壮絶な戦死を遂げるのは、
                  約十ヶ月後のことである……
                                   ┃
         ───━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                    /                     }_
                                       /: : : .
                    /                     /: : : : : :\
                 /                  / : : : ヽ : : : : ヽ
                ′                ィ : : : : : : : : ', : : : : : .
                    i           __,,.. ィ:〔 : : : : : : i: : : : : :', : : : : : :
                {      __ -= ニニ./!: : : : : : : : :.:|: : : : : : !: : : : : :
                ゝ--=≦ニニニニニ/: : | : : : : : : : : :.| : : : : : | : : : : : :
           _    ノヽ  ./ニニニニニニニ/: : : : ト. : : : : : : : :.:| : : : : : | : : : : : :
         {/ハ  j//} /ニニニ ==---.ィ: : : : : :.:.| ヘ : : : : : : : | : : : : : | : : : : : :
           .∨/∨//jン:`7: /: : : : : :/  ',: : :i : : : |彡ヘ: : : : : : :! : : : : :.| : : : : : :
          ∨/V/ハ: :,,ィ=ミx: :/: : /`ヽ. ',: : ', : : :!'´ ̄ヽト.: : : ; : : : : : :! : : : : : :
            ∨/V/}//-ヘ//V|: :/≧x彡ヘ: : ',: : : . , -- \/ : : : : : ; : : : : : : :
              ∨ハ/|///{ .ゞ.くj:/ニニニ}} .ヘ: :',: : :',,ィff示笏≧: : : : :/ : : : : : : :
           ,. :マ.Ⅵ///∨//ミx ニニ.リ   ヘ{\: :', 匁zツj/ : : : /: :i : : : : : :
          /: : ::ヾ: {//,イ/,久-≦ニ彡 j     ヾ!  /: :/!: : :/: : :| : : : : : :
     __ -=彡: :/: : :\/{/////乂__   ノ         /:/  ; : / |: : :{ : : : : : :
 --== : : : : : : :./: : :/: : :\////////≧=- 、_     /イ   /: /__.ヘ: : | : : : : : :
      ̄ ̄ /: : :/ : : : : : : :\///////////\ w )    ___./:イニハ: ',: :{: : : : : :
        ./: : :/: : : : : : :___ : : :〉ニ=== --- 彡y'z´≦ニニ /イニニニハ: !_ノ乂_
       /: : :/: : : : : -=fニ!ミx}三ニニ= -彡イ { {ニニニニニニニニ 」八{≦ニニ
       ,: : : : :,.. ≦ニニ|ニ|ニムニ=> ´ /ニ! | |ニニニニニニニ /ニニニニニ
        |,.. ≦ニニニニニ|ニ|:::/'"´    /ニ.|||ニニニニ-=≦/ニニニ/ ヽニ
    ,..ィ f| |ニニ(O)ニニ!ニ/       /ニニ|||-=≦ニニニ/ニニニニ,イ: : /∧ニ
   /ニニ| |ニニ 中ニニ.|ニ.:      /ニニ彡ニニニニニ/ニニニニ/: : :.//: :.Ⅵ
 /ニニニ| |ニニ }{ ニニ/        /ニニニニニニニ/ニニニニニ/: : :.//: : :∧


520◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:34:19 ID:DlVOk9zc0

以上です。
三郎助は「壬生義士伝」にもけっこう出番があった。

「土方殿が率いし新選組、なぜかくも強かったか分かりもうした」
のセリフが印象的。


521◆TLDPZPDjO62014/11/13(木) 21:34:31 ID:DlVOk9zc0


              ~~人物表~~


              【  新選組  】


・中島登 ……王大人 (魁!男塾)


             【  榎本政権  】


・中島三郎助 ……木曾 (艦隊これくしょん)

・榎本武揚 ……ルルーシュ・ランペルージ (コードギアス)

・永井尚志 ……笛吹直大 (魔人探偵脳噛ネウロ)


              【  その他  】


・中島清司 ……球磨 (艦隊これくしょん)

・中島恒太郎 ……まるゆ (艦隊これくしょん)

・勝海舟 ……風鳴弦十郎 (戦姫絶唱シンフォギア)

・矢田堀鴻 ……鳳翔 (艦隊これくしょん)

・桂小五郎 ……伊藤カイジ (賭博黙示録カイジ)

・吉田松陰 ……ディスティ・ノヴァ (銃夢)

・宮部鼎蔵 ……アスラン・ザラ (機動戦士ガンダムSEED)

・ペリー ……Bismarck (艦隊これくしょん)

・近藤周斎 ……近藤勲 (銀魂)

.


522どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:36:25 ID:hL8QAqko0

五稜郭だけでも惜しい人物を結構亡くしているんだなあと思った。


523どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:39:34 ID:jL3MSBSA0

1ヶ月とあまり長い付き合いではなかったのに、この嘆きようは、
よっぽど馬が合ったんだろうなあ


524どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:43:49 ID:9qBtW2bk0
乙ですー。
勝手なイメージだけど、榎本艦隊についてきた幕臣の人達はなんだか先進的な知識を学んでた人が多いように感じる
それともそういう人達の活躍の場が多かっただけだろうか


525どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:43:50 ID:FWQVsr1.0


戦争やテロで無駄に人材なくしているよな


526どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:47:27 ID:Ed.xEIbE0
乙。
桂小五郎なんて長州でいろいろあって人付き合いが悪いって話だったのに、そんな桂にこれほどの思いをさせる人か。


527どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:49:42 ID:hL8QAqko0
>>526
むしろ維新政府で嫌なことばかりだから(欧米人にコケにされたり、同郷の前原に反乱起こされたり)
江戸遊学時代の恩人を思い出して涙したんちゃうか。なお数年後桂は40代で病のため逝った。


528どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:50:14 ID:FWQVsr1.0
>>459-462
剣術を二つの流派から習ったうえに砲術習ってるのか
旗本より与力の方が裕福だったのか?

浦賀というと現在の横浜市
天然理心流で講武所師範になった人物も横浜出身だった
天然理心流は多摩から神奈川県東部で勢力があったっぽい


529どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:51:24 ID:UAWnjaTY0
桂小五郎の中島弟子入りは韮山江川塾経由と言う説もあるな。


530どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:53:59 ID:UAWnjaTY0
>>528
>天然理心流は多摩から神奈川県東部で勢力があったっぽい

伊豆から神奈川を経て多摩まで全部伊豆代官江川太郎左衛門の知行地だからな。


531どこかの名無しさん2014/11/13(木) 21:55:25 ID:FWQVsr1.0
>>527
明治どころか大正になっても50代、40代でばたばた人が死んでいたのが日本という国


532どこかの名無しさん2014/11/13(木) 22:06:24 ID:FWQVsr1.0
>>530
歴史的背景があったのですね
鎌倉幕府が現在の神奈川県鎌倉市で発足したのだから
東国武士の拠点としてはその辺の地域の方が江戸よりも伝統がある


533どこかの名無しさん2014/11/13(木) 22:07:51 ID:ZDIgpc/k0
>>528
ちょっと惜しい、浦賀は横浜からもう少し南に行った横須賀市。
あの横須賀鎮守府(現横須賀基地)のすぐ隣の港にあたる。
(なお、横須賀市に編入されたのは昭和18年で、それまでは浦賀町)

>>531
50代、40代どころか戦前までは10歳までに死んでしまう子供が凄く多かったのが日本
(都市部では比較的マシだったっぽいが、実家が農村の人はひいひい爺さんぐらいの戸籍をご一読されたし)


534どこかの名無しさん2014/11/13(木) 22:40:52 ID:E/F6.rcw0
>>533
婆ちゃんは11人産んでるが3人はガキの頃に死んでたな


535どこかの名無しさん2014/11/13(木) 22:46:26 ID:zGgGk5PkO
木戸は晩年まで人付き合い良いけど・・・

長州初の西洋帆船が出来たのが中島のコネ関係だったから
付き合い短くても、木戸的には恩師だと思われ


536どこかの名無しさん2014/11/13(木) 22:50:37 ID:cFt4BLTM0
木戸はこういう理系タイプと相性いいよね
国士好きで技術屋嫌いだったら西郷とは対照的


537どこかの名無しさん2014/11/13(木) 23:04:55 ID:kqKNJZpQ0
>>528
そんなもん小説のイメージとは全然違ったんですよって
近藤勇考だのでもさんざんやってるじゃないか

土方考でも触れてるし
なんでスレで解説されてることをさも得意気に語れちゃうわけ?
その神経こそ分からんわ


538どこかの名無しさん2014/11/13(木) 23:08:07 ID:Ci2ZLnqA0
今日も乙でした


539どこかの名無しさん2014/11/13(木) 23:20:44 ID:PhQ0O/..0
乙です
中島三郎助と言うと自分の中では若林豪のイメージがあるな


540どこかの名無しさん2014/11/13(木) 23:23:35 ID:xueqOafU0
乙です。

中島は病気のために咸臨丸の渡米航海には参加しませんでしたが、
咸臨丸の操船をしたアメリカのブルック大尉が記した日記によると、船員として参加した海軍伝習所の卒業生は、
中浜万次郎、赤松大三郎、小野友五郎以外は落第で、彼ら3人とアメリカ人水夫11人で荒天の太平洋を乗り切った
そうです。


541どこかの名無しさん2014/11/14(金) 01:05:37 ID:KWMqipfo0
乙でした

桂は英才であるとともに若い頃から難題に立ち向かい続ける人生を送った人だから
>>1が描いたように若輩の頃にこそ受けた厚遇が身に沁みていたんじゃないだろうか
普段受ける親切も有難いけど病気とか難儀している時に受ける親切は
殊更印象に残るのが人の情というものだよね


542どこかの名無しさん2014/11/14(金) 01:08:44 ID:UFYUGRGk0
維新期のゴタゴタで無くなった人の子を引き取って養子にするってのはよく聞くな


543どこかの名無しさん2014/11/14(金) 04:56:33 ID:Ykvwh0x.0
おつ
銀二枚ってなんだろう?
二朱銀二枚で一分か、一分銀二枚で二分か?


544どこかの名無しさん2014/11/14(金) 07:20:28 ID:Qc94M5aU0
>>530
自由民権運動が盛んになった地域ですね
それで東京に近い多摩だけ神奈川県から東京府に編入替えされた


545どこかの名無しさん2014/11/14(金) 10:37:14 ID:m6AixVBA0
>>533
別に日本だけやないで。世界的に当時の平均寿命はそんなもんやで。
子供の死亡率が格段に下がるのは予防接種が始まってからやで。


546どこかの名無しさん2014/11/14(金) 11:16:00 ID:K1Z7TIYU0
都市と農村の死亡率の差ってのもあるしなあ


547どこかの名無しさん2014/11/14(金) 12:02:05 ID:tHPBJRWE0
>>526
桂(木戸)が人付き合い悪いうつ病の人ってのは司馬先生のキャラ付けなので気をつけてー
むしろ晩年まで人付き合い良くて面倒見が良すぎて家が傾いてたという罠


548どこかの名無しさん2014/11/14(金) 18:55:01 ID:HzIbdqHQ0
志士の中でもトップクラスの人脈の持ち主で、多くの人間に引きたてられた&引き立てた男が人付き合いが悪くてうつ病って意味不明だよな。


549どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:13:20 ID:m6AixVBA0
友だちと思ってた西郷が反乱したらそりゃうつ病にもなるんじゃないの?
このスレで興味持って維新十傑調べてみたら、まともに生涯全うしたのが公家の岩倉だけでワロタ

ワロタ・・・


550どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:16:43 ID:K1Z7TIYU0
フーシェ・タレイラン「「因果応報なんてウソウソ」」


551どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:29:20 ID:2e.t5bGw0
中島三郎助は以前NHKの番組で取り上げていたなぁ
勝海舟とは仲が悪かったとか


552どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:33:07 ID:AxRg/QHQ0
勝と仲がいい人を見つけるほうが正直そのwww


553どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:36:12 ID:K1Z7TIYU0
いなくもないぞw
ただ嫌われると、徹底的に嫌われるよね勝は

榎本も勝を嫌っていたんだっけ?


554どこかの名無しさん2014/11/14(金) 20:42:13 ID:AxRg/QHQ0
でも勝は維新政府では働いていないんだよなあ・・・やはり人間関係が・・・


555どこかの名無しさん2014/11/14(金) 21:37:26 ID:Qc94M5aU0
>>554
小栗は周囲には好かれていたのかな
大隈重信や東郷元帥は持ち上げていた


556どこかの名無しさん2014/11/14(金) 21:47:52 ID:Qc94M5aU0
>>537
近藤勇考は天然理心流と試衛館道場が繁盛していたという話だし
土方歳三考では金上げ侍に軽く触れられただけで
与力の方が旗本より裕福という話はしていなかったような

試衛館組の地縁血縁の話はまだ本格的にされていないけど、
天然理心流の勢力範囲と近藤土方井上の出自も何やら関係ありそうで気になりました
京都ではそこまで武士身分に執着していなかった近藤さんが
本編で甲州武士を武田の遺臣だといってえらく過大評価していたのもひっかかる
甲斐国は江戸から近藤土方の故郷の日野を経由して進んだ先にある土地なわけで
日野の人たちと縁でもあったのかと


557どこかの名無しさん2014/11/14(金) 21:49:04 ID:ENXVRuBk0
でも勝さん金の無心に来た元新撰組隊士に金渡してるじゃんw


558どこかの名無しさん2014/11/14(金) 21:56:42 ID:Qc94M5aU0
>>554
榎本は優秀さもあったけど周囲に慕われる人物だったのかも
実は助けられましたって人の子孫の話が現代にいたるもぽろぽろ出てくる

勝海舟も徳川慶喜の資産使って困ってる旧幕臣に金を与えているのになあ
後日婿養子に慶喜の末息子を迎えてもいる


559どこかの名無しさん2014/11/14(金) 21:59:52 ID:Vzxh3Do20
山岡鉄舟はあんぱんの話が好き
あれも一つの歴史だよなあ


560どこかの名無しさん2014/11/14(金) 22:08:57 ID:Qc94M5aU0
どこかの本で読んだ町奉行所与力の跡取りでクリスチャン伝道師になった人物が
ご一新でそのまま新政府の役人になるのにほとんど抵抗感なかったようなのがひっかかっている

旗本の方は、廃藩置県まで新政府に仕えた者に風当りきつくて
そういう家から来た嫁を追い出して上様のいる静岡に行った話があるのと対照的

お目見えの資格のない者なら旧幕臣でも勝てば官軍に鞍替えする
現地の小役人で構わないというのが、江戸の世間の認識だったのか?
彰義隊敗れた後の目明し以上に無節操な気もしないではない


561どこかの名無しさん2014/11/14(金) 22:17:58 ID:PN3fOJ3Y0
>>559
あれ天子様を利用した露骨なステマですわと思ったんだがw
ステマじゃなくてモロマかもだが…イイハナシカナー?と思ってしまうお


562どこかの名無しさん2014/11/14(金) 22:28:32 ID:Qc94M5aU0
>>561
山岡鉄舟は天皇の侍従の立場利用しているけど
幕府ゆかりの者を拾い上げるためで自分の欲得からじゃない
これをどう評価するかコネを活かす事への是非の問題


563どこかの名無しさん2014/11/14(金) 22:32:43 ID:m6AixVBA0
>>560
池波正太郎で悪いけど、与力同心って超薄給。目明しは単なる副業。
奥さんが小料理屋で副業して本業以上稼がないと成り立たない暮らし。
ぶっちゃけ幕府が倒れても暮らしに影響はなく、むしろ土地を離れたら死ぬ人たち。


564どこかの名無しさん2014/11/14(金) 23:24:11 ID:Qc94M5aU0
>>563
二つの流派の剣術を習った与力の家はなにか副業していたんでしょうね
当時の習い事は金がかかったというし


565どこかの名無しさん2014/11/15(土) 02:28:13 ID:AttPbfjM0
>>551
そのソースが吉田松陰の桂宛の手紙からなわけだが、松陰はどうやって二人の不仲を知ったのだろうな
海軍伝習所にいた長州人からの情報だろうか

>>554
一応初期は色々役職就いてたぞ、海軍卿とか。だからこその瘠我慢の説だろうし
まともに仕事してたかは知らないけれど


566どこかの名無しさん2014/11/15(土) 07:14:48 ID:y9NDnDbg0
>>564
与力同心なら敷地を利用した家賃収入、町人や藩屋敷からの付け届け
目明しは強請りたかりめいたことをしていたのかな

同心に相当する邏卒の薄給みるに維新の後も汚職はかなりあったろうな
地域の問題の解決でも地元の顔役に依存していたのかな
打ちこわしや一揆起きたら憲兵隊の出動


567どこかの名無しさん2014/11/15(土) 10:03:44 ID:L8TKkEL60
与力同心の汚職は小さなものだったと思うよ。ほぼ世襲だし江戸を離れられない。不評を買うと子孫まで迷惑する。
その意味で新選組は、福岡に暴力団つぶしのために送り込まれる警視庁の刑事と立場が似てる。
愛着のない土地でしがらみもないので、憂いなく強権を振るえる。
東京で警察官になった薩摩人が、オイコラ警官と嫌われたのも同じ理由だろうな。


568どこかの名無しさん2014/11/15(土) 11:25:58 ID:Dx1UdGxA0
与力同心は薄給なのは本当だけど町人や商家から付け届けが結構あって割りと裕福だったらしい
その代わり便宜を図らんといかんがこれを汚職と呼ぶのは今と時代が違うからなんとも言えん
殺しとかの重犯罪はきっちり捜査したらしいが軽犯罪は結構見逃したり金で示談にしたそうだ

目明しは元々裏社会とかの有力なものを引き込んでたから(情報収集のため)
強請りはよくあることだったようで目明し使用禁止令がでたりしたこともあったようだ

江戸時代のこうした風俗に詳しいスレがあるんだが・・・R-18で人を選ぶからなあ


569どこかの名無しさん2014/11/15(土) 13:04:02 ID:sj7l6PiU0
与力と岡っ引きと目明しに話を見ていると、本当に江戸の行政関係者って少ないわなあ。


570どこかの名無しさん2014/11/15(土) 13:05:24 ID:kY.9y5Kc0
町奉行とか、過労死しちゃう人が多かったみたいだしな


571どこかの名無しさん2014/11/15(土) 16:11:02 ID:HvYZkNmk0
>>570
江戸時代の治安維持担当者に続発するカローシ
そこにニンジャ真実が……ア、アイエッ!?


572◆TLDPZPDjO62014/11/15(土) 19:31:10 ID:h3s2/Vt60

明日午後八時より投下予定。


今度こそ本編続き。

……次回の前半部分だけやって
「榎本軍の戦いはこれからだ!」で終わらせてえなぁ。


573どこかの名無しさん2014/11/15(土) 19:51:15 ID:8HyFa1hM0
でもドMで鳴らした>>1自身が絶対それで満足できないよ


574どこかの名無しさん2014/11/15(土) 20:05:39 ID:zs3LY4qI0
イッチが納得するならそれでもええんやで


575どこかの名無しさん2014/11/15(土) 20:44:53 ID:CCdhwfrk0
榎本軍大勝利!希望の未来へレディーゴー!!
で終わらせてもいいんですよ?


576どこかの名無しさん2014/11/15(土) 20:49:17 ID:sj7l6PiU0
開陽沈んだ時点でベイスと一緒で始球式でゲームセットだろwww


577どこかの名無しさん2014/11/15(土) 21:00:36 ID:d4ZF474.0
上陸された時点でもう負け確定だからなあ
制海権を握るための奥の手が喪失したのは致命的だったか


578どこかの名無しさん2014/11/15(土) 22:06:46 ID:TKbL9fJs0
人や物をつつがなく運ぶ、ないし運べる状況を作るってのも、
海軍のお仕事で、それはきっちりやってたんだから、気にしなくても良いのにな。

後知恵です。すんません。


579どこかの名無しさん2014/11/15(土) 22:09:40 ID:CCdhwfrk0
海軍がメインで仕事する前にある程度発言権を与えておきたかったんだろう
その判断は間違いではなかったかと


580どこかの名無しさん2014/11/15(土) 22:34:31 ID:y9NDnDbg0
このスレを見ていると日本人で我執や自己顕示欲の強い人はごろごろしていたんだと思う
事実を曲げた記録を遺したり、余計な場面ででしゃばって肝心なときを逸したり
それとも、武士や武人というものの特性なのか


581どこかの名無しさん2014/11/15(土) 22:43:42 ID:TKbL9fJs0
群盲象を評すって言葉がありましてな、その人の真実と、客観的な事実が、
必ずしも一致しないだけだと思います


582どこかの名無しさん2014/11/16(日) 12:30:32 ID:NQ7yaGPw0
武士に限らず公家でもジャーナリスト()でも人によって記録めちゃくちゃですし…
あと日本と日本人に限らず外国の資料でも真実とは限らない雑多なものなんてごろごろしてると思われ


関連記事

>中島家は父、清司の代から浦賀奉行所で与力を務めていた。

与力同心なんて維新後もそのまま新政府の現地役人になった者が大半なのに
重用されたがゆえに蝦夷地に来てしまったか
[ 2014/11/19 23:53 ] [ 編集 ]

中島三郎は「風雲児たち」のマンガでもよく出てる
咸臨丸の時は勝海舟が結核を疑って全員が罹患するリスク
を恐れて渡米から外してしまったとあったな・・・
[ 2014/11/20 05:23 ] [ 編集 ]

風雲児たちにはある種の歴史観があるから、
鵜呑みにするのはヤバイけれども、
こういった話の際に話題についていくには最高だと思う。
[ 2014/11/20 11:59 ] [ 編集 ]

多摩から神奈川東部、っていうのは江戸末期~明治期の養蚕&煙草生産・輸送ルートと重なりますね(府中街道?)
明治期に鉄道敷設の運動があり、今の横浜線になってます
天然理心流がどういう人たちに受け入れられていたのかと何か関わりがあるかもしれませんね
[ 2014/11/20 17:55 ] [ 編集 ]

本>>555
小栗先生はその事業は偉大だが、すぐにキレるwもう簡単にブチキレるw
で、幕閣とケンカしてすぐに役職やめちゃうw
だが、才能はあるのですぐにお呼びがかかるw
性格のムラっ気さえなければ、どこまでえらくなっていたことか…w

ちなみに浦賀は天領。江戸に入る船の荷卸し港だったので、割合すんなり造船の町になった感じ。

>2014/11/20 17:55
群馬あたりで養蚕が盛んなのは周知のとおり、それが八王子あたりで集積されて横浜港へ。
もう一つ、厚木で集積されるルートがあったようで、当時は要衝として栄えています。
現在こそ東海道沿いの方が栄えていますが、幕末には県央ルートのが案外栄えていたようです。
当時の古地図を見ると、サムカワ、タムラ(現在の平塚市田村車庫付近)あたりが詳細に記載されていたり。
ちなみに平塚はローマ字でシラヅカと記載されており、もともと「ひらづか」と読んだのではないのかと…。
イノシマ、ダイブツなんてのもあって、案外当時の外人さんたち、遠出してんのかなあと。
[ 2014/11/20 20:21 ] [ 編集 ]

後年、成長した與曽八氏は軍艦の蒸気タービンのプロフェッショナルとして活躍したそうな。
親子揃って海軍に深く関係したんだな。
[ 2014/11/21 17:52 ] [ 編集 ]

>多摩から神奈川東部、っていうのは江戸末期~明治期の養蚕&煙草生産・輸送ルートと重なりますね(府中街道?)
>明治期に鉄道敷設の運動があり、今の横浜線になってます
>天然理心流がどういう人たちに受け入れられていたのかと何か関わりがあるかもしれませんね

江戸時代には同じ江川太郎左衛門が世襲代官を務めた地域です
維新後でも多摩はもともと神奈川県でした。
自由民権運動をうるさがった明治政府が東京府に編入替えしたうえに、横浜と八王子の交通の便を悪くしたそうです。
[ 2014/11/21 18:35 ] [ 編集 ]

本>>524
徳川幕府の技術官僚たちがかなり集まっていましたから。
オランダ留学組の赤松則良等も参加しようとしたくらいだからね。
自分たちなら、もっといい国を作ることができるという自信から、太政官に反発したのかもね。
[ 2015/03/14 12:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruyalibrary.blog.fc2.com/tb.php/2711-84a070e1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。