ブログパーツ アクセスランキング













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫たちは中原で覇を争うようです 第一部 第二話中編


225珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:23:47 ID:gyE/MKys0
                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   ┃                                ┃
                   ┃ 【正史】やる夫たちは中原で覇を争うようです【演義】.┃
                   ┃         第一部 『群雄争覇』           ..┃
                   ┃                                ┃
                   ┃       第二話 「覇者占拠洛陽」 中編       ┃
                   ┃                                ┃
                   ┃                                ┃
                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



226珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:25:21 ID:gyE/MKys0

 西暦188年、中平5年。某月吉日。
 【帝都・洛陽、平楽観(宮殿の西側、通称『西園』)】

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :」冖、: : : : : :.「 ̄ ̄|iiik;; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :/ ̄t_: : : : : : :_/ iiiiii,:__:__:__」 t_」 「iiiiiiiii : : : : : : : : : : : : : : :
. : : : : : : : : : : : : : : |==iiiii. : : : : : : |  iiiiiiiiコ |ii iiii iii |iiiiiiiiiii;.: : : : : : : : : : : : : ::
:  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :「 ヨ |iii!-;_:  :  : :r'´r、 ii| H レ'= ニ!! iiiiiiiiiiiii; :  :  :  :  :  :  :  :  :  : :
 .  .  .  .  .  .  .  .  .  . 」ヲ|ii |ii H  .土℡‐┘ ロ rj i=!!==!!:::: ::ii::::::iiiiiiiiiii1..  .  .  .  .  .  .  .  .  .
.  .  .  .  .  .  .  ハ .j .ョ ヨ iiiii .=!! コ ト-イ Hii  ̄ []  [] []l ii:::;;;iiiiiiiiiii (''''':::.....::´.  .  .  .  ..
 .  .  .  .  .  .  .| ソニ !H | t t t "|円!! !.        ロ     :::,!!!''''ヽ、(::::::ヽ´´~.  .  .  .  .
  .     .     .,=、」  L!叩凵! ト=≠ ii  ョ  且  旦 =ョr'⌒´`y'´...:::::::::::::::::.:.:.:.:`) ( . : . :.:.::.:::.::.:.:
..   .        /  レ= ´ ロ || ̄   ̄~           i! ii ii::::ゞ;;;;;;:::::.. .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`:ヽ): :.::.:.:.:.::::::.::.:::
 )          |   ' t !!...|||」i」 | L!  l}. l}  [] [] i! ii ii::(;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ...::::::::::::::::::;;;;;;:::;;;
 `;          」フ '., i ii |||||:┌┐ r‐┐ ,=、ri :┌i   「|「|:::ii::i::::iiゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.::.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;:;;;;;
 (  (::::)       /  i !! ~:: ̄::└┘ ヒニ.  L.l.!! : =___ ヒ.ニ:::ii:::::::ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::;::;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:;::;;:;;;:;;;;
::::::::~::),.:、 .........::::{ l´ r' iii に _ =='' ¨´  ̄  ̄  !i´!i  「l「l  ||||::::||||::iiii::`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:;:;:;:;:;:;:;::::::'´::::.: :.: .].-‐ ¨..~ . ̄┌┐ii ii  ||||   l」l」  !! .!!  ~ ~  . ̄  ̄ ::::::::::::::::::::''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:::::::::::´~ ~r'´::ii .!!   ||  └┘'' ''  _._. . .,,, ,,,.   ri ri.  「l「l 「|「|::::|||:::::::::iiiiiiiiiii!!!!、  `~~'''''''''''''''''´~~~~~
~~~~´´ `´`'' ' .ソ    _ ,,,, iiii  riri  ||||   .||||||  |.|.l」. .l」L!.└'''':::::三三三!!!!!!!!!!!ii!{´
.... .... ...... ... .ノ:::::::.: .: .::::::!!!! ;_」 |.  ! ! :|!..:| .|」.L:! .=┘¨¨ .''''  ̄::::::iii::iii:::ii::ii::::iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、.. ... .. .... .... ... . .
l|l|l|l|l|l爪_<ノノノ |||||| ||| .||| ::ii. iii 「 ,,, ̄,,, ̄'''',,,, ̄ロ ̄  r‐i r‐i ト、iiiiiiiiiiiiii:::iiiiiiiiレ'''´_ , イlゝ'''''´, イ;';';'ヾヾ==
|l|l|l|l|l|l|l|l|l'´`> `''''' .'''    .'' .iii __|||...」||   ||| ,,,,、 _,, l._」,,!,,,! |iiリ|「 ̄三〒〒i''´||||||三彡'壬''´;';';'''''''''ハ....:....
l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|liiiiー''''''''   ,,;;;  '''''''''''''''''''''''''''iiii_,,    _,,,,,,,,, ゞ、|:::ミ〉F'''''"""  ̄`゛゛E'''''''ミ;';';':.:.:.:.:'''':.ゝ'...:.....:


227珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:25:44 ID:gyE/MKys0

 この日、盛大な閲兵式が行われていた。

                  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                  ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
     ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ,.~^,.~^,.~^..~^      ザッ
                   ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                , '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ
ザッ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ザッ


                ..;;''';;';';;''    ザッザッザ・・・
              ..;;''';;';'';';''';;''   ザッザッザ・・・
             ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
          ¬ ¬ ¬ ¬ ¬
        _r-─-.r-─-.r-─-.r-─-.
       r-──-.  _  _r-──-.   r-──-.  __
     r-──-.  r-──-.  _ _r-──-.  r-──-.  _r-──-.


228珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:26:30 ID:gyE/MKys0

 その先頭を進むは、豪華絢爛な甲冑に身を包み、
 体格のいい騎馬に跨った、この國で最も格の高い人物。


 ――後漢・第12代皇帝、劉宏。
 後の世に、霊帝と呼ばれることになる人物である。

                                    ,.-───-、
                                   /
                                  /
                                 /
                                /
                               /
                               ,|
                       ,.- ‐─ '´¨ ̄ `
                      /
                      |
                      |
                          |          ¨'''‐- .._ヾ、
                      ',         ヘャ=≡ヾ \  ヘ、_,.-‐'´
                      ヽ            `'´ 〉   }i弋::
                    ____,\  _,. -‐、      /    '' ̄¨
        ______  .,へ、厂   _ヘ-'ニ`''´ `l  |      ,'
,.-‐‐‐‐'´" 、...,,__   ^      /   , ¨`l  |  |`ヽ、   〉
   ̄''''         冫^r 、   ノ   -‐'|  .|  |  .ト、  ',   ヾ__,='´
             | /.:l¨ ̄^    r-‐'  l、__ノ__」. ',   ', _,‐-----,.,、
             | ,|:::|  i     `ー‐'´   {._____\ ヽ -ー-‐--‐`-、
             | .|:::|   `          _ ,_ ,//¨´-'´^`- 、    `
              ', |::`ー‐‐- 、..__,.-‐'´  //
                l |::::::::|      /l    <_/    ,.-'´`ヽ、
 ̄`ー-- 、       ヽl:::::::|     /  `ー------‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
       ` ̄`‐--、   ヽ:ノ    /    |::::: : : |::::ヾ  ヽ、::::::::::::ノ´ \
             `ヽ/    /     .|::::: : : |:::::::}     ̄ ̄      ̄
              |     /      |::::::: : : |::::::〉、
                 |     /     / |::::::: : : .|::::::| ヽ         ノ
              |   /    /  ,|::::::::::.  |::::::|  |`-ィ─-、__/ |::
                  |  ,'   /   /:::::::: : . |::::::|.  |::::::|  |:::::::|  |::
               | ,'  /     /:::::::: : :::| |::::::|  |::::::|  .|:::::.|.  |::
               レ' <     /:::::::::: : ::::|  |::::::|  |::::::|   |:::::|   |::
              /   〉     ,' ::::::::: : |:::::|  |::::::|  |::::::|   |:::::|  |::
              ,'    l     l:::: :へ:::::|:::::|  |::::::|  |::::::|   |:::::| |::::
             ,'    |     |:::/   \:::::|::...|::::::|  |::::::|   |:::::| .|:::::
             ,'    l    / 〈    /:::::::,- 、:::::::::::::l`========'l─
                       ●後漢考霊皇帝・劉宏(霊帝)



 霊帝は、自身を 『無上将軍』 と称し、数多の将兵を率い軍を統率した。
 皇帝が将軍号を帯びることは、前代未聞の出来事である。


 これは、4年前に引き起こされた黄巾の乱の指導者、張角が 『天公将軍』 を
 名乗ったことへの対抗処置とされる。霊帝が名乗った 『無上将軍』 には、

 「朕より上の将軍はこの世に存在しない」

 という意味が込められているからだ。(鎌田重雄著、後漢の西園軍より)


229珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:27:15 ID:gyE/MKys0


 皇帝専用の高台を登りきると、霊帝はゆっくりと将兵たちへと振り向いた。
 その姿はまさしく中華の主 ――皇帝に相応しい雄大な姿であったという。


 もっとも、これらは演出された儀式でしかなく、霊帝自身が英雄たる
 風格を備えていたとは言い切れないのだが……
 ―― 閑話休題。


 やがて霊帝が、声を上げた。


                    ___
                    /     \
                  /::      \        ___
                    /:::        丶、__,,  '´   `ヽ
                |:::::                         |
                |:::::::.                     |       今ここに集いし我が精兵たちよ!
                |::::::::..         \         │      お前たちは今この時より、
                人:::::::::        _ __ヽ        |       我が直属の兵となった!
              /          ⌒ヽ_・Vノ:;〃     〈
               /                 -=ニ二;::={{___   .  \      これよりお前たちは、『西園軍』である!
.            /            / x--、`く_:::フヾ・}⌒       \     
          /                   /⌒丶\^7゙  ソ         \    お前たちを率いるのは、朕が認めし
         (                くー-、::::<//              ヽ   八人の将星たち!
.          ヽ::::::::::::............          二ヽ_∨              ......::)
          \:::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::...           ....:::::::;;   -‐ ´   八校尉よ、前に出よ!
            丶、::::::::::::::/ ̄厂 ̄ ̄}}\:::::...        厂 ̄
               ̄ ̄/  {    〃  >::::::.        /
           __rー<,,_      {{  /::::::::::::.      /
    __ rー‐<\:::::::::::::::::::>ー-、____{\::::::::::::..   /
 /         \\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>──‐<_
    /          \ ー─-、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__>、
 |   /              ー─-、 ̄ ̄\____/ ̄ ̄   -――\
 |                    ̄  ー──‐一´ ̄ ̄    /⌒ハ
 ∨    /                               /     |


230珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:27:30 ID:gyE/MKys0

 促され、進み出たのは八名の将軍である。


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(●),   、(●)、.:| +     どうも、蹇碩です、よろしく
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

●蹇碩(字はダディ・クール)


 この男、宦官である。
 演義によれば霊帝の信頼厚く、霊帝を教育・指導した男だった。
 さらに演義では 『十常侍』 と呼ばれる、霊帝時代に専権を振るった宦官集団の筆頭とされている。
 このスレでも、そういうことにしておく。


 宦官の身でありながら、身体壮健であり堂々たる体格をしていたという。
 そのことから、西園八校尉筆頭である上軍校尉に任命された。(正史・演義ともに)


231珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:27:52 ID:gyE/MKys0

 二番手に進み出たのは、皇帝に勝るとも劣らない風格を持つ男。

       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/    任じらたからには、
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l       粉骨砕身の思いで
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ      職務を全うしようではないか
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

           ●袁紹(字はルルーシュ)


 袁ルルーシュは後漢時代に4代にわたって、三公(総理大臣クラス)を輩出した、
 名門中の名門 『汝南袁氏』 の出身である。血筋のみで言えば、劉氏を除いて
 当代最高の家柄であった。(日本で言えば明治期の徳川家のようなもの)


 本家に近い血筋だが傍流であり、正嫡と見なされているのは従兄の袁術であった。
 しかし、名門出身にも係わらず謙虚であったため、名士受けがよく、大勢の人々から慕われた。


 名実ともに西園軍のナンバー2であり、次席の中軍校尉に任命された。


232珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:28:08 ID:gyE/MKys0

 三番手は影が薄かったので、将兵たちの印象には残らなかった。

 四番手に進み出た男に、将兵たちは度胆を抜かれた。


              γ /::::三三三γ  //.//トi!i!`メ`ヽ、
                / /三:::::三三三{  弋ノ/ 廴\i!i!i!i!`ヾメ、
                 ゙i |三三:::::三三三ヽ      !i´  .\i!i!i!i!i!\\
              | |三》´:::::::::::`三三ミメ .。o≦≧、   ゞ、i!i!i!i!\\
              ノノ三´::::::::::::::::::::::三三三三三三三≧、   ーi!i!i!i!\\___,、
                //三´:::::::::::::::::::::::::::::::::三三三三三三三三≧o。。.... ̄ ̄  )ヽヽ
            //彡'::::::::::::::::::.。o≦三≧o。.::::::::::::::::::::::三三三三三三三》 〃弋
              //´:::::::::::::::。o≦>斧刈卅卞ミメ≧o。.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃 廴  ヽ 
          イ/:::::::::::r≦>斥辷圦  ㌢乂  ヾママ三≧======ー――ヽ、_ >‐
        //:::::::::::::ノζl|l|气ミ刈 ヽ f´Q゙ゝ  ∨メヾメ、:::::::`マ三二>   ¨´
    __.  イ/:::::::::::::::イ三|l|lヾγe゙オ   ´     |l|l|l|∨::::::::::::::::::ゞメ、       どうも。精一杯頑張らせてもらうだろ、
  ヽ  f´:::::::::::::.。o≦三三洲l|| ゙¨´ j    、     リl|l|l|l∨::::::::::::::::::::ゞ ヽ      常識的に考えて
  弋  \三三三三>¨´リl|l|lk  弋T彡' __ .,  ノノ|l|l|ζマメ:::::ト、::::≦二
    ゝ、>`ー‐ ¨¨´   ./!l|l|l|lk  r‐=≦二二|  / リ {彡刈:::::ヾ\、ゞメ、
                   / |l|l|l|l|lk マ弋´  `オ   イγ⌒<:::::::::廴`ヾメ
                |l|l|l|l|l|lk マエエエ彡'  彡イ.i fマ ∧≧ー辷刈ヾ`
                  _ 弋l|l|l|l|l|lk `¨¨´       / .| | .∨ ∧:::::::::::::マ
               .i  `ー‐刈l|l|lk       /  | | .|∨.∧:::::::::::::マ
             | fヽ  ζ |l|l|l|l|弋__    イ  イ| | .|i!i〉  〉:::::::::::::〉
             | |i!∧  ∨  廴____彡イ三》|/  |;/ ./:::::::::::乂,、
             ∧∨i!ヽ ノソ ノ三三三三三三三|  /  ./::::::::::::::::::::::::>―z
                 ∧∨i!∧/ 刈三三三三三二> | /〈  ゞ::::::::::::::::/  /:::ヾー
               ヽ廴i!∧ ヾソ´ー=卅卅¨´  ./ ∨ゝ  `ヾγ´   /:::::::::::::::::
           γ:::::イ  ノ::::|  i   / ヾメ、  .∧  .∨::≧o。.    ./:::::::::::::::::::::::
         。o≦三∠___/::::イ   /   /   |  ヽ./:::::ゝ   `ヾ、:::::`¨´::::::::::::::::::::::::::::::
   、r‐::::::::::::::::::::::::::::::>¨´    イ   /   |  ./:::::::::::::::\    \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::
   |:::::::::::::::::>¨´   .。o≦:::::::::|  /    :|  /:::::::::::::::::::::::\    \:::::::::::::::::::::::::::::
γ⌒ヾ:::::::::::::::|   イ:::::::::::::::::::::::::::゙i /      /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     >:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::∨ ∧:::::::::::::::::::::::::::::|        /::::::::::::::::::::::::::.。o≦   /:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::∨ . ∧:::::::::::::::::::::::::::|       /::::::::::::::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::\、::::::::://∨ .∧::::::::::::::::::::::::j      ./:::::::::::::::。イ     .。o≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::ヾ ノ/:::::∨ .∧::::::::::::::::::::::ヽ    /:::::::イ      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ●??(字は?????)



233珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:28:26 ID:gyE/MKys0

               だ、誰だありゃあ……
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´U  i三ミ::::i,   あ、あんなヤツいたか、ウチの軍に……
     /,,, Y.. -‐u.ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l   
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒,u.   ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、 u.  ノ-イ     
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、    だ、誰だ?
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::   おれは知らねえぞ……
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::   
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::   
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::   おいおい、なんかヤバそうなやつがいるぞ!
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


234珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:29:23 ID:gyE/MKys0

 しかし、将兵たちが目を擦ったり、頭を振ってよくよく見直してみれば、
 そこにいたのは……


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)      な、なんで皆してヤバそうな野郎を
  |     ` ⌒´ノ      見るような目で俺のことを見てるんだ……?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      
 
●曹操(字はやらない夫)


 小柄な小男、それもチンポ頭の冴えない風貌の男がいるだけだった。
 将兵たちもよく知っている、あの気さくな、されど軍紀には口うるさい、将軍らしからぬ将軍、曹やらない夫の姿だ。
 将兵たちは、あの悪魔のような出で立ちは何かの間違い、目の錯覚だったのだと思い、流した。


 ※小柄な小男……(出典、曹操の外見は世説新言の容姿編によると、「形陋」
                 魏氏春秋によると「姿貌短小」とあり、小男であったことが認められる)



235珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:29:51 ID:gyE/MKys0

●補足【西園八校尉】
 ミZ彡'  /                    \             `:.
 /.....|  .′      l    \    ,     \          ヽ  この西園軍、および西園八校尉は、黄巾の乱を
. L.....j          トミx、             \           受けて設立された組織です。
____.|          「 ̄ `     `ー  =-   .x、         一人の人士を狂わせ、多くの無辜の民を死に
¨¨¨¨¨¨¨           |        =-   ,.x====ミ,         至らしめた未曾有の大乱は、無駄に終わらなかった
                           爪.:しハ}} 〃Y  .      のです。
               ,.x===ミ、        乂j≧ツ  ノ      |
      l       〃爪.:しハ}}   _,_._,_._,_._,_._,_._,_._,_._,_._,_._,_./_._,_._,_..j_.    八校尉の筆頭ともなると、大将軍や
      |!  {     . 乂j≧ツ 〔三三三三三三三三三三三三三      司隷校尉といった大権を持つ(大将軍や
      |!  {     .l         Y                        司隷校尉は時に皇帝の意を無視できる)
       |!         :|       |::.                         将軍たちでさえ、隷下に置いています。
       |!        乂        .|:::.   
       |!    、     .`三=-   |::::.    補足の                  しかし、その権限が使われた形跡は
     八     \     `  .  _|:::::        コーナー               ありませんので、おそらくは名目上の
             三二=-   |_::::::.                         シロモノでしかなかったと思われています
         `..   __彡'... /¨ _'ノ::     
         /7........................... /   /  )                                ●補足【西園八校尉】 終わり
               >>1こと珪孔雀


236珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:30:20 ID:gyE/MKys0
       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i  もう見たくないだろ、
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´    宦官や官僚の常識外れな行為は・・・
  |  レ'   '- '~  /..|_
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │



 曹操。
 姓は曹、名は操。字はやらない夫。

 先祖は前漢で劉邦の信頼厚く、丞相(中華全土の総理大臣)にまで出世した、漢平陽侯・曹参である。
 その系譜に連なるやらない夫は、袁家ほどではないにしろ、それなりの名門の出身である。


237珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:31:11 ID:gyE/MKys0

 祖父は曹騰。『大長秋』 という、宦官の最高階級にまで登りつめている。優れた人材を抜擢することが趣味であり、
 後漢の後期における繁栄は、曹騰抜きにして語れない。祖父の人材マニアっぷりは、孫の曹操へと
 確実に引き継がれていると言える。


             〈〃〃:/    /.:::::::::::::::::::::::::.、
          /{{川;/    _彡,::::::::::::::::::::::::::ハ
          ,′        __彡,:::::/:::::::ノ:.:::::::::l
         _,′     x仁ニ=‐ァ  ∨//.::::::::::::::l
        〈::{    彡 ,二ニ,ノ   |:::彡⌒Y::::::::|
           `トミ  {:; 〃_(:ツ ′   |:::| / l }|:::::::;
         イゞ〉      \     |:::| 〉  八:::/
           l /           |:::レ' /!::::/
           /               |:::|   人/!
           `¬ ^ー-=ミ      八::.、   |
          x彡ニ-―一 `丶、     i:::.    |
        〃 { ー‐     ハ::.    |::::!   |\
        !|  |        |::i     |::::l   j  }
          l:| |     ,イ   |::l   」::└ ´ 〔
.        !:|  'ノlノイノ:丿  |::l ´ -!:::|‐ ''"´ ∧
.         リ /.::::::::::. イ   /|::l/
      / /.::::::::/ j, / ||
              ●曹騰


238珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:31:28 ID:gyE/MKys0
              _ _‐ニ二:_: :‐-. ..
             //_/_ / ` ヽ 、: :丶
             . :" ̄ ,: : : : : : ̄ `・ 、/\: : \
         /: : : :/ !: : : :l.: : : : : : ::.\/ヽ.: : .
       _,.. /.: : :/ /  !: : : :ト: : : : : : : : : :\,ノ!_:_ i
     i"   i.: : :.i /   .l: : :l l ヽ: : : : :.\\_ \.∧! ,.._
.       '< _i.: : :,'l/    i: : ll.l  \.: : : :.\ヽ ̄.l i"  >.
        i.: : :i l! ⌒  .i: :l l!  ⌒\: :: : :\ゝ l !、___〕
        i : : l l      \! l     l≧ ― -`/: l
        !.: : :!  ●    `  ●  l====l: : : : !
        l.: : :;                 l: : : : : : l: : : : !
        l.: :〈 ///        /// .l : : : : : ,': : : : !
.         l: l: :.>    (_人_)     l: : : : : ,'. : : : ::!
         i:l!: : : : `!: ー----‐= '' ´, l: : : : :,'. : : : : :!
         .i.li: : : : :l \/l l∨ / ./ .l: : : :.,'. : : : : : !
         i! V: : : ! /-l //./ /__  i: : ,'l,'. : : : : : :.l
           V: :.! .i .〈 { i l ,'   ヽ!: :/.'. : : : : : : :.l
            ゞ:l/.  }ー-‐.,'   l!:/l : : : : : : : : : l
                i   .,l:i:i:i:i,'     !::::l: : : : : : : : : :.l
              / .,匕!':i:i:;ム.=   ト.、ヽ:: : : : : : : : :i
.          _/  /: : :.y;'ー‐\ヾ     \ヽ: : : : : : : i
.        , ー-‐ "{:_:_:_;!: : : : :l .l\ゞ     > `> '' 、;\
.      ∠._   〈〈〈    ̄ ̄\\ `ー-'´    _,..・"
          ̄ 「 ̄lー- _    ̄ _ ,,... ・''"´
             _.|_.|._      ̄
               ̄ ̄
             ●曹嵩

 やらない夫の父親は 曹嵩。
 もともとは夏候氏の出身で、宦官だった曹騰の養子に入っている。
 つまり、やらない夫は宦官の孫ということになる。

 性格は温厚で、忠義を重んじたという。

 霊帝時代、高位高官は金銭によって売買されていた。(西園軍自体、霊帝の私財によって結成されている)
 曹嵩も一億銭にも上る金額を霊帝に献上し、

.     , -――  メ
   / /〈 ̄  ´ヽ ヽ
.  /  //. // ト. !  、 丶ヽヘ
  〔__}] /(((リ从  リノ)) {__/
  |  i  l   . ヽノ .V l
  l ,=!  l  ///    ///l l
  l ヾ! ', l    ヽ_フ   l l
  |  ヽヽヽ        //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)\\//|_"____
  li   /l, l└ タl」/l´一 億 銭 `l
  リヽ/ l l__ ./  |_________|
   ,/  L__[]っ /      /


 宦官に賄賂を贈り、曹騰の口利きによって太尉(当時の軍務大臣)の職についたという。

 曹嵩は宦官の養子であったが、夏候氏の出身ということもあり、豪族的な性格が強かった。


239珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:31:49 ID:gyE/MKys0

 祖父は宦官、父親は豪族。

 特にやらない夫は、宦官だった祖父のせいで幼い頃から苦労している。

               .ノ 、 、                   <おいズボン脱いでみろよ!
                  。゜○ ○))。゜。                   どうせチンポ生えてないんだろww
               0 (人__) | ο   なんで俺が
                /^)  .ノ     こんな目に
                 ヽ   ヽ    あってるんだ               <おい、よく見ろ!
               |   | |                           アイツ、チンポねえ代わりに、
               ゝl  lし'                           頭がチンポの形してやがるwwww
                    `(_ノ                    <今日からアイツの渾名、チンポ・ヘッドな!

 豪族たちの子弟と交われば、宦官の孫であることをバカにされた。


240珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:32:33 ID:gyE/MKys0
   ./ ̄ ̄\
 /   _ノ   ,\
 |   (○) (O)      とーちゃん、俺もうイヤだよ……
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }     なんでチンポ・ヘッドだとかバカにされて、
.  |   し' ` ⌒´ノ     泥水飲まされて、小便かけられなきゃいけないんだ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       じーちゃんが宦官だからイジメられてるのかな……
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



                     -- ―― --
              ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、     _
             ,.ィ::´  二二.ヘ.ノ:::::`:.<二二≧、{\ /   ヽ
        /iヾ''´ ,.ィ::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::ー―--.V    /
   ./ ̄\i  | }/::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<__― '      お、お勉強を頑張って、見返して
   .{    |  | /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::{:::::::::_::::::::::::::::::::<        やればいいのでは……
    \_/ハ /:::::/:::::,,:::--/-、 ',:::i::::::::ト、::´::::::::::`ヽ:::::::::::::::::>
        |::∨::::/:::/:::::::/   ',::|::::::::! ,ィf芋ミ:、::::::::::: ̄',´
        j:/:::::/:::::::::::::,ィf芋≧、. ',ト:::::::{  ,J沁 ヾ:::::\::::::i
        /:!::::/i::::::::::::〃 ん ハ   ',::::!  {榛名} }}:::}::`::::::}
       ,::::|::/::{:::::::::::{{   榛名}   ヾ{   泛zツ j/:::::j:::::|
        /:::::|/:::ハ::::::::::ト  泛zツ     ’  ,, ,, ,,  ∨::j/
     /:::::::::::::::{ ト.:::::::|  ,, ,, ,,              }::::i
      /:::::/:::::::ハ{::ヽ:::!          ,    、     八::.
    ./::/:::::::::/:::::;:::::ヾ!   U                 イ::::/:::',
   /イ:::::::/:::/::::::::',::::|:::≧:..             ..z≦:::|:::/:::::::',
    ,:::::::/:::/::::::::::::';:::!::::,r≦に≧=  r==≦、::::::::i::::|/:::::::::::::.
    /:::::/:::/::::::::::::::::ヾ!::ハ ', {ヽ \/ / / ハ::::::|::::::::::::::::::::::',
   ./:::::/::::/::::::::::::::::::::::/  ', ', ', ',/ / / /  ',:::::|::::::::::::::::::::::::ヽ

 父・曹嵩は決して無為徒食の輩ではない。
 ただ成人してから、曹騰の養子になった。
 そして曹騰の庇護の下、貶められることもなかったため、
 息子・やらない夫に対して的確なアドバイスを与えることができなかった。

 もし、彼が苦汁をなめたとしても、温厚な性格の父には息子に対して良い助言はできなかっただろう。


 そこで、曹嵩はやらない夫を祖父に引き合わせた。


241珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:32:53 ID:gyE/MKys0

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │       じーちゃん……
   (,`⌒ ´      |       オレ、もういじめられるのはイヤだろ、JK……
  . {        |
    {        ..:/       このままじゃ、俺、宦官も陛下も憎まずにはいられなくなりそうだよ
    ` ー     \      常識的に考えて……
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′




  /ミヽiイ/,イ''’ : : : : : :::::::::`ヽミ三ニミ三ミミ三二ニ=-
  f⌒irN ./      : : :::::::::::::ミ三ニミ三ミミ三二ニニ-        お前が謂れなき暴力や暴言に晒されているのが、
  .ヽ.'  '        : ::::::::::::::ミ三ニミ三ミミ三二ニニニ-       この俺や、陛下のせいだと……?
   .|       . : ::::::::::::::::::_.ミ三ニミ三ミミ三二ニニニ-
   .| .. . . . : : :     ..:::::::,,,`ヾニミミミ三ミミ三二ニニニニ-
   {           ィヤ'¨’` /::::::::'ミミ三ミミミ三二ニニニニ-
   ゞ\    .//  ,,ィ,.'.:::::::::::.ミミ三ミミミ三二ニニニニ-
   ,ゝ. ヽ, ゝ_/ イ´ゞ以'..:::::::::::::.ミヽ〉 j lミミ三二ニニニニ-
   `ゝ夬}   ヾ     丶.  .:::::ミヽy´/ミミミ三二ニニニニ-
     'i!´.|               .:::::::ミミヽイミミミミ三二ニニニニ-
     .'. |    ,      ..::::::::::::ミミミ ヾミミミミミ三二ニニニニ-
      '.〈__ -´        ..::::::::::::::ミミミミ ヾミミミミ三ニニニニ-
      》彡イ ヾミ三ミミミメ、.:::::::::::..ミミミミイヽミミミ三ニ-
      《リイ下ニニィ´ `ヾ.ミ.、:::::::ハミミミ、
      ’,ハ  ー-´  .:::ヾヾ寸ヤヾミミミ、
       ヾ',         ::::/ヾミハ
         .ト,.,,、,.,、,.,.、,.ィ/   丶ミミ
           iリノリノリノリi,      ゝ, __ヽ
         'リトリトリトリハ、
          ゞミハミミミミヽ、


242珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:33:04 ID:gyE/MKys0

  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\


243珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:33:20 ID:gyE/MKys0
     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)       じーちゃん……?
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|       なんで俺を殴ったの?
 .   |     ` ⌒}  
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)



 /i,′     i!:.:     __...、  ヽ::::::::::::::::/  `ヽ
 ili{       i!:    〃^}リ    Y;::::::::/ /`ヽ  }
 ヾハ     i!    /,′/′     リ:::::/ /.:{  ノ  .|
.   iハ    i! ,ィji/:.         {i:::::{ {.:.:ヾ   |       くだらん!
.  リ}!    ilj/圭/:ノィィ        ヾ::{{  `ヽ )   |
.  }}i     }圭fリv':::::ノ        ヾ}! ∨ /  |       この曹騰に男根があったとして、
  jiリ     ,挂fij{{ Yヽ`           }ハ i!/o   人      お前は謂われなき暴力や暴言に晒されていただろう
  {{!.      /:::.∨|             iji} :: 彑/
  ヾ、    ,':::.:.. |!             /j,′:;亙ヌ
     \   ,'::::.:. !          从{  凾亟}         お前がいじめられているのは、お前が弱いからだ
.        /:.:.:..:.            {{リi{.  戔夛
      〈:::.:....ィi;          jリ}i}    }           知恵の有無ではないぞ? 腕っぷしの強さでもない
.        ` ー‐;;,'、、_       从リ    !
            ノ;;¨¨⌒ヽ.、     リ/    ,′.          お前の、心が弱すぎるのだ
         `Y''¨ ̄` }}}     /′   ,':.:.:.:
           {、..,,;  jjj      {   ,.'.:.:.::::
             `}リ  jリ!      ! ./.:.:.:.:::::
           i′  i|!       /.:.:.:.:.:.:.:::::
           {    {{   .::.:´.:.:::.:.:.:.:.:.:::::
           ヽ.__.::;リi-‐''''‐、::::::.:.:.:.:.:.:.:::::
              {{ i|!   ノ
             リ リ


244珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:33:30 ID:gyE/MKys0

      / ̄ ̄\
     / _ノ  ヽ、_ \
   . | ( ○)(○ ) |       こ、こころ……?
   . |  (__人__)  │
     |   `⌒ ´   |       意味がわからないだろ、常識的に考えて……
   .  |           |
   .  ヽ       /
_,、n「!  ヽ      /   「!n,、_
\ヽ Y')  >     <  ('Y  /
  ヽ  l  |      |  /  /


245珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:33:49 ID:gyE/MKys0


     /,〉  i^'i     ,、
  , -ー’'ー、 | .|    / | /_,i.|__ミミ,ヾヾ
 く,、 / ̄i }. 〉 |    i /彡`-ーi i´ミミミミミヾ
  /./  /,/  i{ |/ ,,ィ'|,i/,ィ'_"´,'_、、彡彡ミミ       やらない夫よ!
 ,//  ,//  ヽ`,i////´  l (_/ / ヾヾ彡彡ミ
    !/ い, {/ / r'r,、ヽ` ー'´ ri i、 i/彡彡      俺には男根はついていないが、
       〉彡'./ `´ ヽヽヾ,   i/.レ/i〈_,彡彡、     それでも男根を持っている者よりもはるかに
  ヽ、,ヽ、/ミミ/  r--、、ヽ`i i  _,/,/ `ヽ彡      功が大きい!
  .ヾミミミ/    __ir'^ヽヾ V/  ´ ̄
.=彡彡ミ/    ´ ̄,\丿! ´                それが何故か、今のお前には分かるまい!
.彡.彡ミ/           /    , -- 、,
彡彡/_ _      ,  /  , - _`_'.ー-、ヽ、ヽ       俺は俺の意思、皇帝陛下の御為という、強い意志だけ
彡,ノ'~:::;:::;:::::`ヽ i´/     く, , -、ヾ、, `_ヽ、       で宦官の位を上り詰めた!
, - '"7´i/,ヽ、``'  `i,  .    ヽ\丿 _i  `ヽ'
'/  ; / \ \ ヽ  `''丿    `>、`,, -
,i  ./i,r- -、ヽ、\ !;:ヽ,     ´     ,/ミ       「これこそは」 と己に命じた、魂の誓約! 俺にはそれがあり、
  i .i i    ヽヽ, \ヽ;:i,        ./ミミ       お前にはそれがないのだ!
 、. ヽ ヽ、    ヽ\ ヽi::::|      /i,/iミミ
  ヽ、\ `'ヽ、,_ノ ._,,>'i;::i    ./:;/´/ミミ
,   `ヽ `ヽ- '"´~, -'"/:/  //:/:/´ミミミ        お前がどのような野心・大望を抱こうと、俺は構わん!!
彡          _/::/ ,/i:::::i/;;;::iヾ、ミミ         宦官や陛下が憎い? 俺が守ったものを壊そうと言うならば、
彡彡`ー---―=ニ"´/:;:!,´i;:i:::i:::i::i::i、!;:、ヾミ          それもまた良し!!!
           ,|/.|;::i::i;:;::i::i:i:ヽ;:::ヾ、
________.,,,,,.. ---_-_ニ-| |:::i::i:i::::i::i::::、;:ヾ;:::ヽ          やってみるがよかろうよ、曹阿瞞! やらない夫!!
'''"""""""~~~   ヽ! i、ヽi::i::::ヽ;::゙ヽ   !


246珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:34:42 ID:gyE/MKys0

_―-<三ニーてン、_っリ//ミミミ、_ |     トl      //
   ̄   ‐-∠二ニ≦シ_/ムミミシツ‐.l     トl     _//
      └'⌒`テ-、_>j"ハハ l l l l l l¦   トl    /,r‐´      野望を抱け! 大志を抱け!
          //7ハヾヾヾヾll l l l l    トl   "
          _/〃/バ゙^/゙`゛ヽll l l lハ.   トl.           誰にも真似できぬ、やらない夫という個人のみが抱くことのできる
        //小.Y′/     ヾ、ゾ"´',  ゙ハ.           大望を持つのだ、やらない夫!
      //ハヾ、 /              ',  ゙ハ. 
      / /{ヘミミ l :           ',  ゙ハ.         人に笑われ、誰一人として信じないような志を胸に刻め!
    / / イミミミ l ::  _  --- _ -',   V、
  / / /人ミヲ ミ=、、   ` ‐ ニ  .:  >,  ゙V、       さすれば、貴様が抱いたその分不相応な願望が貴様を育て
_/ / /7イl彡//`゙、_ヾミヽ、     _,.ィ彡''_,   ゙マ、       貴様を強くする!!
  / ////彡/ィ  八弋ヶミ≡j {,ィ"彡tヤフノハ、   ゙マ、
    / ///r爻ハ   `7` ̄´ ラ :`.   ̄´T´  i、    V、
    /////升ハ       ,::l         lハ   ゛lヽ
    //////メ::.      ::::l           lミミ∧   ヽl、
   //彡////∧     ゙-ト _,.-      ハミミ∧   ヽ    やらない夫
   /彡イ/〃// ハ.    _,,ィ="‐ ヾ=、、、   ハミ } ハ        他者の下らん戯言に耳を貸すな!
    /⌒// {  ヽ f"ーニニニニニ- リ  /   X / /ヽ       天だの、他人だのに自身の運命を委ねるな!
-~⌒/ / _/_  l  丶   -―‐-     , ′ト、_//  \ 
::l//::: l:. ヽ: ヽ:  l   ::lヽ、        / /    ̄``ヽ /     よいか
::l ';:::::l:\ \ `、 \  ', | it、, , ,,ィ'´:/ /  や 男 V       貴様も士大夫の一人なれば、
\ \\ \ \ \ \ ',_l ll//// //,'  ら  に  !        我進むべき道は
  \ \\_`ー `ー-``ーY/l l〃/イ‐/-‐l   な  な l          「これ他、無し」と
 ̄¬===-ニ______二ニ-に,!l///フ}ー‐---l.  い  れ /        自らに運を定めるべし!!!
 ̄ ̄二二二____   -‐'´ヾll/∧ソ--   ヽ  夫     /


247珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:35:12 ID:gyE/MKys0

     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__


  /il||/〃////,,.-''"´  `ミミミミミミヾヾ、ヾ、ヾ、ヾ、`'''ー─‐
  ,r=ミ、|i川〃/          ミミミミミミヾヾヾヾヾ、ヾ、\`''=
 .!il|゙'7ヾilil/             三三ミミミミミヾヾ;ヾ;ヾ、;ヾヽ、;=
  ヾ,/  V              三三ミミミミミミ;ヾヾ、;;ヾ;;ゞ=三
   .!        ,.,;:;';';';';,,..     三三ミミミミミミヾ;、ゝ;;、ヾ;;;、=;
   |                ≦三三ミミミミミミミ、ヾ;;、ヾ;、;;;≡
   |  二三彡'     ,..,,,;;=''""゙  ヾミミミミミミミミミミヾ;;;、`二三
  ,i゙i、 ゙'''‐ '"   ,,.;;シ"  __,.ィ    iミミミミヾ、ヾ;、ヾ;;、;ヾ、;`==;
   ヾミ;、    _,,,;彡シ _ィ;;;o゚;;/ ,.,.,.;:;: ゙!ミ;iミミヾ、ヾ;:、ヾ;;ヾ;;;、`=;三
    ゙i_ヾミ、 ゙i;;彡'"/´_,ゞ-''",,;';;';';'゙" ゙!゙i、ゞ)ヾメ;;ヾ;;、;;゙ヾ;、゙ヾ;;、、;
    `i、_(;;ヽ   ゙'''   ''"゙^      ゙!゙i、ミく /ミミヾ;、;;゙ヾ;、`=三
      ゙if;  i               i゙i、;i;ノミヾ;;、ヾ;;、ゞ、゙=≡三
     l,  l                i゙!;!;、ヾ;;;、ヾ;、゙ヾ:;、`ヾ;;、≡
     ゙i, /    ,.. )           i゙i;!、ミ、゙、;;ヾ;;、;;ヾ、ヾ≡三
      .゙i,ヽ--、 ヾ;;;;;;ー‐,,.、__      ミミゞ、ヾ、;.-''^゙>、;`=三三
       /;;;、_゙'___,二ス三ミ、     》、ミ、ヾ:;、-''"´_o_,./o⌒ヽ
        il;;i;! `ー一''"´   ヾミ;;;、 ./''^>、ミミミ、=、ヽ、_)! ,X∩、
       ゙i;i;゙i,          ヾミヾ、/-;;;;;;フ'´⌒゙ヽ、 ヽ、_ノ´゙
         ヾ;;!           /,>、ミr;;/ /  わ    ヽ,、o o゙´
         ゙i;,.,.,.,. ,.,.,.,.,._,/// ,ハ;;| ./          ゙!`''')゙''i
          i;:;l;i;;:i:;!i;:゙i;Y/ '-^ン⌒);!/     か       |`´,.-
          ゙i,;:゙i!;ゞ;:ゞ;ヾ;、r'⌒`,=、ヽ'     . っ      |'´::::::
          ヾ;、ヾ;;;ヾ、ミミヾ、(__,,,,.-|            |:::::::::
       __,,,,,. -'-'一''''"´´::::::::::::::::::::::l     た       l:::::::::
     ,./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        /:::::::::::
   ,..-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   な   /::::::::::::::
‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ?  /:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐'"::::::::::::::::::::::::


248珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:35:44 ID:gyE/MKys0

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |        わかりました、だろ!
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |        常識的に考えて、やらない夫にだって
        |        }        大望の一つや二つ、ありますだろ!
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄


 やらない夫は、祖父の言葉に胸を強く打たれた。
 漢の忠臣中の忠臣である祖父に、
 「この國を獲れるものならば、獲って見せよ」
 と言われたのだから。


 この時のやらない夫は、おそらく漢の中で唯一、
 祖父の本質を知る者となった。
 祖父は忠義ではなく、己の大望に身を任せた結果、
 当代随一の忠臣と呼ばれるようになっただけのことなのだ。


 祖父がまた違った大望を抱いていれば、この國は……!


 ……だから、やらない夫はこの時に強く決心したのだ。
 金剛石よりも硬く、歴史の流れよりも永遠に。
 ―― 魂に、誓約した。


 「我こそは、祖父を超える漢室の擁護者たらん」と。

                      .サダメ
 これは歴史的には、非常に稀有な運命と言えよう。
 彼を苛んだのは、宦官の血である。
 家系の呪いとは、並大抵の人物に克服できるものではない。


 極稀に、克服できる人傑が歴史には現れる。
 人々は彼らを、英雄と呼ぶ。


 それでも、凡百な英雄程度であれば、祖父に背中を蹴っ飛ばされ、
 野心を滾らせた奸雄と成り下がっただろう。


 されど、やらない夫はそうはならなかった。
 祖父の堂々たる姿を見て、涙が出るほど勇気づけられた。
 たとえ、天が漢を見放そうとも、漢がやらない夫を見捨てようとも、
 やらない夫だけは、漢の忠臣たる男でいようと決めたのだ。


 ――我が身が受け継いだ、血統によらぬ、魂の遺伝として……


249珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:36:02 ID:gyE/MKys0

 その日から、やらない夫は誰に何と言われようとも、気にならなくなった。
 鼠輩になんと罵られようと、それに感情を動かされるようでは祖父のような傑物にはなれぬ。

          / ̄ ̄\                              <おいチンポ・ヘッド、チンコ見せてみろよ?
        /   ⌒  \     見たいなら見せてやるだろ?
      |    (● )(● )  言っとくけど俺のチンポはデカいだろ、
      |.      (__人__)     常識的に考えて
      |      ` ⌒´l                            <チンポ・ヘッド! 宦官のクセして生意気だぞ!
      |          }
      | _        }      宦官なのはじーちゃんの話だろ。
     ,l(  ゙)    ,ノ )      じーちゃんの前で言ってみればいいだろ。
     |/   |`ー一"  |      殺されても知らないけど、常識的に考えて
      ヽ  /    ヽ ノ                                       <なんだとぉ!
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


250珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:36:32 ID:gyE/MKys0

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  チンポ・ヘッドを叩きのめしてやろうぜ!!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         チァーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ン、ンホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |


251珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:36:52 ID:gyE/MKys0

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)       来るならこい、だろ……!
.   |  u  (__人__)
    |      ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }  _
     ヽ     ノ  l/⌒) 
     l/   く   / /
     |      ̄ / 
      |    | ̄.    
     |    |     

 相手は十人近く。
 ケンカの腕っぷしには自信がついてきていたが、
 それでも一人で相手取るには少々辛い物がある。


252珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:37:10 ID:gyE/MKys0

                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
                            `r      r'
                            )     (
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
                             ,              キ人_,/
            `                                )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (                             \
           - <       >
              )     て
             /^⌒`Y´^\


253珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:37:24 ID:gyE/MKys0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    な、なんだっ!?
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|     俺じゃないだろ、JK
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


254珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:37:36 ID:gyE/MKys0

   /二__,--、r'"___、 ヾト、.ヽ
レ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ\ヾ:、
K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"  ヽ i
!〉ー―'"( o ⊂! ' ヽ  ∪ Y」_.   /
i #  ,.┃二二ニ:::.、.      l 、   |
!    :r'エ┴┴'ーダ ∪   ! !l<   だ、誰だ、お前はッ!!
.i、  .  ヾ=、__./   #  ト=.  |
ヽ 、∪   ― .ノ     .,!    \


255珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:38:05 ID:gyE/MKys0

                  / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
            -=彡::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
            /.:/..:::::::::::::::::::/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`、
           -‐=彡/..:::::::::::::::::::::::{..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      お前たち下郎に名乗る
             / ..::::::::::::::/.:::::::::i::::::::::::::::l::::::::::::::::::::/..::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{      名などない!!
.          /  _彡::/..::/..:l:::::::::l::::::l:::::::::::::::/..::::/.::::::::::::/.:::::::::::::i::::::{::::::i:::::l:::::{
.          /  ̄ _//..::/..:::::::l::|::::::l:::::l::::::::::/;::::::::/.::::::::::::/.:::::::::::::::i!::::::{::::::l:::::|::::{    漢を迷走させる腐った奸賊め!
             ̄ /..:/..::::::::/^i:::|::::::l::::l:::::///.::::::/.::::::::/ } ::::::::::! /、 :::{::::::l:::::|::::{
         -‐=ニ彡.::::ノ.::::::::l {::::|::::::l:::{≦//.:://.:::/  /.::::::::ノ./  ∨:{!::::l:::::|::::i!
         _ニ=‐=ニ:::/..:::::::::::{ {:::::l::::::l::i_∠∠.,ヽ //   / .::::/.:/   ,.ト::{!:::|:::::|::i:i `、
            ⌒ -==ニニ≦丶i:::::l::::::i゙ヽ r:::::气ミヽ _ / .:///_≦ }::::乂:!从:}il
                ≧-=二//i:::人:::::i  乂三_`ノ\//Y / i彡j::/ノ ./.::::::}:/::i }} i!
.              /   {:.: . : ./ {{ i::;ヽ::ヽ `--‐ ≦ / ヽ从 八=ン,. ∠i!::::// ::i .}} .i!
        _ ,.. <     l: . : .{{:   `!{:∧\ヽ            i  ` ̄ /::/}:::// }:}〃 ,リ
    ,/ 、         .l:. : . :i!   { {:{ \ `             {:.  ∠:/ /ノノ  リ
  /   `ヽ       i:. : . :l`、   \    丶  ヒニニ=-=ャ   イノル' //
./        ヽ      .i:.: . : .{: ヽ   > / : : ヽ   "¨ . ≦    }ヽ′
          `、   i:. : . : .} /~`,/  :{: : : :∧ `::: ´ /. :} ./ ,' /
\             i   i: . : . :/ .:) 厶    :.// ∧ー-≠. :}/ / /


256珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:38:26 ID:gyE/MKys0

 突如として現れた少年の加勢も得て、
 やらない夫と少年は、豪族の子弟たちを返り討ちにした。

     __∧    ¶彡   / ̄ ̄ ̄
   (_  ・ ミ∠⌒∧ < そこで何やってるモナ!
      \ ミ(´∀`《)   \___
      (  (    つ╂───
     /   / /
     \(/(__) Y彡
          | | \  ヽ
          ( (  丿
          / / /
           /_/_/

 警邏に見つかり、やらない夫と少年は一目散に逃げ出した。

        / ̄ ̄\
       ノ  `ヽ   \
     ( ●)( ●) u |         捕まったらとーちゃんに殺されちまうだろ、
      (__人__)     |             常識的に考えて……
      (`⌒ ´ U  .|
       {       |
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄) 三 二   とーちゃん、こういう争いごとが
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄        大っ嫌いだから……
 (⌒ヽ、 / ヽ        く
  \  ヽ  /\      \
   \__/     \        \
            /    ノ   \三 二
          /    /\    \
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ


257珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:38:41 ID:gyE/MKys0
  、、, , ,
⌒ヽ:;";`;: ヽ
:;";`⌒ヽ:;";`;⌒ヽ
,.;;:。: :く;;::、;....: :)
;';:':、; ⌒ヽ";`;:; ⌒)
,.;;;;:。;:: : : : :ヽ__, --、)                      /⌒´⌒⌒ヽ⌒⌒ヽ
,.;;;::、;: : : : : : :);;;: : :)        ( ⌒),,           〉ゞ:;ヾ        ヽ
;;::、;: : : : : : : /⌒ヽ ): :⌒⌒ヽ⌒'":;";  ヽ⌒⌒⌒ヽ⌒/⌒  /⌒⌒'"⌒ヽ⌒)  /⌒ヽ       (⌒⌒ヽ   (⌒
,.;;:。;:: : : : : :ノ: : : : : ヽ,;;::、;: : ),.;;:。;:: : :(,.;;::、;;:): : : (ゞ:;ヾ  (;;;;;ヾ       )  (,.;;:;:: : }     /,.;;: : : ノ  (⌒
ノ⌒⌒ヽ  (;;::、;: : : : ),.;;:。;: );;::、;: : :( ,.;;:。;:: : :)(;;;;;ヾヾ ( /⌒⌒⌒ヽ(⌒ヽ(,.;;:。;:: : )    (,.;;:。;:: : : ) (,.;;:。;:
ヽノ;;;;  ) (;;::、;: : : : :):;";`;:;" -、/⌒ヽ:;";`;:;": : :)( ヽノ;;;;      /⌒ヽ、 ):;";`;:;",-'⌒ヽ'⌒ヽ: :'⌒ヽ'⌒ヽ、
ノソゝヾ;;;;⌒ヽ/⌒ヽ: : : :ノ ;;::、;⌒": : : : : : ),.;;:。;:: : : :)(;;;;;ヾ;;    ⌒⌒     〈-'⌒⌒: : : : ⌒ヽ: : :/⌒ヽ
;;(;;)) ヽノ;;;; );;;  ) /⌒ヽ;:。;:;";`;:;": : : : ): : ,-ー'⌒ヽ(;;;ヽノ;;;;⌒ゞ:;ヾ⌒      ),.;;:。;:_ノ⌒: : : : :)ノ,.;;:。;:⌒⌒ヽ
;;;;;ヾヾ    );;;,,  ): : : : : : );;::、;:;";`;:;": :)(⌒;;::、;: :( ( (ノソゝヾ:;ヾ   )   ノ (;;::、;: : : : : : (;;;;;ヾ: : : : : : : : : : )
 /⌒⌒ヽ、⌒⌒ヽ、⌒ヽ -、⌒ヽ⌒ヽ⌒ヽ⌒): : : : : ) (;;;;;ヾ:;ヾ      ⌒⌒   )"'- 、;;;;;;(,,,;;;;; (;;;;,,,,,: : : : : : : : :): : :)
ヽノ;;;ノソゝヾ; )ノソゝヾ)  )ゞ:;ヾノ;;;;: : : : : : : : ): :(⌒ ): :>ヽノ;;;; (⌒⌒       ノ     "'- 、(⌒⌒;;;)''''''''''''''''''''
ヽゞ:;ヾヾ;;;;  );;;;;ヾ )   )ノソゝヾノ;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::( ヽノ;;;;  ヽノ;;;;     ノ'''- ,,,,      "'- 、__:, :, :, :, :, :, :, :, :,
;;;;;ヾゝヾ   );;;;;ヾ iヽ二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ;;;;;;;; ;;;;;; ;;;;; ;ノ--''' ",' '" ⌒)       "'- 、, :, :, :, :, :, :,
;;(;;))ヾ;;;;    );;;;;ヾ|ニ}二二二二二二二二二二二二二二二二 } ",' '" ", ' '" ",' '"",' '",- ,⌒)        "'- 、, :, :, :, :, :,
;;;;;ヾゝヾ;;;;   )   |ニ}二二二二二二二二二二二二二二二二 } ",' '" ",' ' "",' '" ",' ' ",- ,⌒)          "'- 、, :, :,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,;ノ, ,,,,,,|ニ}二二二二二二二二二二二二二二二二 { ",' '" ",' ' "",'  '" ",' '",- ,⌒)              "'-
",' ' ",' '",' '",' '",' ' .!----------------------------------〈 ",' '" ",' '"",' '"",' '",- ,⌒)' '' '
(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)ヽ \-\-\-\-\-\-\-\-\-\-\- \(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)⌒)'''' ' '
' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' Yニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''
             L! : :| |: : : : : : : : :L! : : | | : : : : : : : :L! : : :| |
                   L! : : : : : : : : : : : : L! : : : : : : : : : : : : L!


258珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:38:53 ID:gyE/MKys0
          _______
        /          \       ハァ……
      __/        u,    \       ハッ……
    /.   U        、 U. |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |       こ、ここまでくれば大丈夫だろ……
    l  lヽ u.    )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    誰かは知らないけど、助かっただろ
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}     俺の名前は曹操、字はやらない夫だろ
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}       君の名前は?
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


259珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:39:12 ID:gyE/MKys0

                __,,..-‐―‐- _
                 , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          僕?
           /::::/::/:::::/::::::::::::::::l::::::::::::::::::::\
              |::::/::/::::/::::::::::::::::l::::::|:::::::::l::::::::::::::l        僕の名前は袁紹。字はルルーシュ
.              |::::l::/::::/:::/:::/:::::::ト、:::|:::::::::|::::l:::::::::|
             /:::::::l::::::l:::/::,イ∠|:| l:::ト、::::::|::::|:::::::l::ヽ       親友にはルルって呼ばれてる
            ノl:::::::::|:::::|///‐、 リ` .|::|=≦、|::|::::::::|:ト:l\     だからやらない夫、キミもルルでいい
          |:::::::::ハ::::::l==、 /   レ' '´ヽ |:|:::::::/:|.リ
.           |::::::::l ヘ:::::l  `     ァ==、 ,リ:::::/:リ
            \l:l:ヽ_ゞ_l u.           /ソ::/::l:l
            `゙ー-ゝ   __ '_ U /"::/l::ハl
        , ―-、___ ,.ィ\ `=´_ , イ_/ l/. !
.              .   /::::ト-≧=チ_|\____,、
.



       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |       袁紹って、あの四世三公を排出した、
     (__人__)  u   |       名門中の名門、あの袁家の!?
     .(`⌒ ´     |
     {         |        それは失礼しましただろ……
      {      u. /
      \     /         ルルーシュ様、親友だなんて俺とじゃ
      ノ     \        釣り合わないでしょう、常識的に考えて
     /´        ヽ


260珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:39:37 ID:gyE/MKys0

                       _..... ------ _
                , -‐:::´¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         何を言ってるんだ、やらない夫
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉      身分だの階級だの、狭っ苦しいのは大人の
        /∧:::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       話じゃないか
    ∠i l /::::::::::::::///  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     | |l:::::::::::::::く / ̄ヽ、|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il       僕たちは子供で、上も下もない
     | |    |  =ヽ、ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     |  l| ∧ | ´lノトヾ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i|       それに、僕とキミは二人で戦ったんだ
      ヽ、|ヽ| い  |::| |ト  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ      十人もの敵とね。五倍する兵力を破ったんだ、
          y ゞ/   iソ ll /::::::::::::::::::/lヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       これが戦場なら僕たちは英雄だ
           く    `¨´ //:::::::::::// ) 〉::::::::::::::::::::::::::::∥:|
           \ ,__    /:::/l::::// /::::::::::::::::il:::::i:::::八ヽ、      なら、大人になっても英雄同士、
            ヽ\`i  ////  7::::::::::::/|:::::/|:::::/|          余計な謙遜は止めにしよう
                \´____ -,_-┐  l/´/:::i入/ヽ .,..,,.:.:.:        
                  ∠  〈 |ヽ//  V.,.,.,.,..:.,.,/゙`゙゙゙r        ほら、やらない夫、呼んでくれ
           イ´  / l /::: | /´  /-こニ≠´¨´ ̄`il         「ルル」って


261珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:39:49 ID:gyE/MKys0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |     ……ルル
  |    |  |⌒|  |
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ  
   / ノ,,ノ    |
   |        | 
    |       |


262珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:40:11 ID:gyE/MKys0

            ノl:::::::::|:::::|///‐、 リ` .|::|=≦、|::|::::::::|:ト:l\
          |:::::::::ハ::::::l==、 /   レ' '´ヽ |:|:::::::/:|.リ        うん
.           |::::::::l ヘ:::::l,,,, `     ァ==、 ,リ:::::/:リ
            \l:l:ヽ_ゞ_l         ,,,,, /ソ::/::l:l          これで僕たちは親友だ
            `゙ー-ゝ   __ '_   /"::/l::ハl         今日からよろしく、やらない夫
        , ―-、___ ,.ィ\ ` ‐'´_ , イ_/ l/. !



      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )      こちらこそ、よろしくだろ!
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)       ルル!!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |



 こうして、やらない夫とルルーシュは友人となった。
 若い頃のやらない夫とルルーシュの逸話は、ややDQNがかった
 ものも多いが、この時期の二人は紛れもなく親友同士だったと言えるだろう。


263珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:40:28 ID:gyE/MKys0


                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
                    ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


264珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:40:54 ID:gyE/MKys0

 西園軍発足記念式典、および西園八校尉就任式が終わると、
 やらない夫は就任祝いの宴会を辞退して、とある場所へとやってきていた。


         ___
         |    |
         | 曹 |
         |    |
         | 騰 |
      ,,,.   |    | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ∥  `i二二二!´ ∥
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l



 祖父・曹騰の墓前である。


265珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:41:18 ID:gyE/MKys0

    / ̄ ̄\ .........::::::::::...r‐ ' ノ.
  /      \........::::::::_ ) (_
  |::::::: :      |.....:::(⊂ニニ⊃)      祖父さま……
  .|:::::::::::::     |....: ::::`二⊃ノ
   |:::::::::::::      |..: :::: ((  ̄        俺、西園八校尉に選ばれただろ……
   .|:::::::::::::::     }    [l、
    ヽ        }  /,ィつ        あの時、祖父さまは俺に大望を持て、って言ったよな
   /   ヽ   . ノ .,∠∠Z'_つ        祖父さまだけには、言葉にして伝えとこうと思う。
  /    ''⌒ヽ  ./ .r─-'-っ        俺は宦官の誇り――皇帝陛下をお守りする職務と、
 .| (      / } ./  ):::厂 ´         國をよくしようとする豪族の心意気、その両方でもって、
  |   /  .// .ト  /            祖父さまの時代より、ずっといい漢にしてみせるよ


266珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:41:42 ID:gyE/MKys0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)      祖父さまを超える忠臣になって見せる
   |      (__人__) /;;/      後世の歴史家は、きっとこう書くだろ
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'        『 漢最大の忠臣、やらない夫 』 って
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │          あの世で自慢しまくってやるから、
  \  “ /___|  |          楽しみに待っててほしいだろ、常識的に……
.    \/ ___ /                                         <やらない夫、ここにいたのか


267珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:42:08 ID:gyE/MKys0

 声に応じて振り向けば、
 そこには十年来の親友――

        /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ

       /::::;::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::://::::;::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::ヽ
     /,イ/}:::::::::::::::{::::::::::::::::::::/,.:'::;イ::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ!:::::::::::::::::::::!::::}::::::::::::::::::}
    '´/  ,::::::::::::::::::!::::::::::::::/ ,.::/ ///::::::::::::::::::::::::/::::/ i::::::::::::::::::::::!::/:::::::::::::::::;′
    /    ,::::;:::::::::::::::i::::::::;__,.:∠_/ム/:::::::::::::::::::::/':::/  .i:::i!::::::::::::::::}/:::::::::::::::::/
  /    .,'::〃::::::::::::::i:::::/  〃―-マ:/ ,::::::::::::::::::::ア7:::辷―--マム::::::::::::::/:::::::::::::::::;′     まったく、お前は昔と
       i:::ハ:::;イ:::::::::::::/,ィ≧ュ、_‐-〃.,:::::::::::::::://:/フ_ ̄`_';:j ';:::::::::/::::::::::::::::::::}      ちっとも変わらないな……
       i::,' |::i ';::::::::::::i {{ しイ;i弐/‐i|::::::::::/ ,:/ -‐ァ=テ芋ミ.\〃::::::::::::::::::::::!
       i::| .!::! ∨::::::::ヘ ゝ込:_:_:_タ\!::::/ /  /弋‐:'{:i:} :}} }ノ 〃::::::::;、::::::::::i!::!
       i::!. ';:! ∨:::::::ト;:、  ̄ ̄   i|/ } ´    `¨`ー=ムィ /::::::::::/ ,::::/|:::!i:|      少しいいコトがあると、
          !i  !|  ∨:::::::.ヾ:、     ′ ,:             /::::::::::/,イ::::, |::| i|      こうやって曹騰殿の墓前にいる
          i:!. i|  ∨:::::ヘ. \         ,:             /イ::::://::::::::i .}::!.リ
        リ  i!   }::::∧:::.  \     i| ,        / /:::∠/::::::::/|:!  ';:!
                }::∧ }:::\      i|       / /,://::::::::::::::::,' j;′ ヾ、
             j:/   }:ハ::::\   ー-=__- 、__      / ,ィ:::::::::::::/|::/ ′
            〃  .i:! .}::::::::ト、   ー--` ̄¨¨´   .イ /::::::::::::/ {/
            ′  .リ }:::::::i \         . イ  ,':::::::::;イ:! リ
                ′ }::::{`ヽ、 \    . イ    ム::::::::; i::! ′
                 jハ;ィミx、` ‐-ゝ、. イ      _ム.}::::::i .i:!
                 /〃|三三ミz≠ z二二二二二 }::|ヾi i!
                     ′!三ニイ三{ }三三三三三} ∧j ’
                    ノ三タ }三{ }三三三三三i} ト、
                。ュ≦Y z. } ≠ミ{ }三三三三三i} .}ニ≧ュ、
             。ュ≦三三iレニV /,z、 { }三三三三三i} .}、ヘ}三≧ュ、


 ルルーシュの姿があった。


268珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:42:26 ID:gyE/MKys0

      __
      /   \
    /  ゝ_   \      俺にとっちゃ、少しどころの騒ぎじゃないだろ……
   (●)(●)U   |
   (__人__)     |      征西将軍にでもなれれば充分だったのに、
  ・━(\_∩     |      陛下直属の将校に取り立てていただけたんだぞ?
    ヾ(_  \    |
     { \ \  \     こんな名誉、祖父さまに報告せずにはいられないだろ、
    / \_\ \ / .)      常識的に考えて
    |  |___ \ “ /
    \___ \/



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       志が低すぎるぞ、やらない夫!
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     お前はこの袁ルルーシュが認めた
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     男だ! もっと上を目指せ!
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/-‐'´ !l ..::ト..:|      それに、西園八校尉など……
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、.   ____′  , ′:/         宦官の蹇碩如きの風下に立つなど、考えられん!
                 从/ト'、 > '--- ’ .イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{


269珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:42:49 ID:gyE/MKys0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/    ……………………。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


270珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:43:08 ID:gyE/MKys0

                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.          おいおい、なんて顔をしてるんだ?
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ        宦官と言っても、お前の祖父殿と
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、        やらない夫だけは別格だ
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|        特にやらない夫、お前は豪族だろう?
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|         郷挙里選にも通ったんだ、お前は官僚たる身、
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!        陛下を意のままに操ろうとしている宦官の肩を
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从          持つ理由など、ないではないか
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l


 子供時代のルルーシュは、人士の身分を問わずに交わった。
 やらない夫を親友としたのも、差別意識など持っていなかったからだ。

 しかし、身分を問わず、能力のない者を嫌悪したのもルルーシュの性である。
 特に、現状の宦官たち―― その中でも 『十常侍』 とされる宦官の上位十名を
 毛嫌いしていた。

 名門の袁家に生まれたとはいえ、その傍流だったルルーシュが最も憎んでいるものとは、
 然るべき地位に然るべき人材が就かず、
 無能な連中が重役を占めている状態である。


271珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:44:24 ID:gyE/MKys0

   / ̄ ̄\                            気にしちゃいないだろ
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―)             ,  、          実際、今の宦官はやりたい放題だ
  .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
  |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )      でも、俺たちがいくら現状を陛下にお伝えしたくとも、
  .|        ノ            ヽ `ー ノノ        上奏文は、陛下の手に届く前に、握り潰されちまう
  ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ         
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ                   困ったことに、皇帝陛下は宦官―― 特に『十常侍』
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ                      筆頭格の蹇碩が大のお気に入りと来てる……
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /


272珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:45:05 ID:gyE/MKys0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l     宦官共が陛下に渡される文に全てチェックを
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ     入れているからな…… 宦官にとって都合の
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|     悪い上奏文はすべて握りつぶされる
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      だが、見ていろ、やらない夫。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l      いずれこの俺が、無能者共を宮中から一掃し、
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州       俺が漢室を立て直してみせる
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ       その時は、やらない夫、お前は俺の右腕として
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |       三公のいずれかになるんだ
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー     今の内からどれにつくか、考えておけ
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.


273珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:45:19 ID:gyE/MKys0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ー)(●)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄         あんまり過激なコト言うもんじゃないだろ、
    |       ( ( ノ                 常識的に考えて
   .l^l^ln    ⌒ }
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・        ……でも三公か。うん、悪くない響きだろ
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´
   /  /    \/  |               楽しみに待ってるから、早く就けて欲しいだろ
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ


274珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:45:32 ID:gyE/MKys0

          ,.:.:.:´.: ̄.:.:.:> 、
       ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、                    こいつめ、本気にしてないな?
    /.:/.:.:.:l.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:l.:.:.:.:.:.ヽ
   ,.:.:./.:.:.:.:|/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:爪                   ホントだぞ? 三公だぞ?
  /イ./.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.::/.:.:.:.:.:.トー-、.:爪
 '/,.:l.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:人.`ー 、VL',\   ,_,
 '  ,イ.:.:.:.:.:.:.:|//フ>く//V.:.:.:.:/ゝ、`ーム ゝ┴  ̄    \-、-、
   | |.:.ム.:.:.:.:|〃隹不 フ /.://≠―チ> 、_     ァγ ´/イ: :\
   ’ , l.:ll.:.:八ゝヒ角ムメ./.:彡´ テri一 ,.:.:.:.:.:.:.:lヽ ー " /| イ/: : : : : : \
   ' ,.:.ヽヽ: ヽ     '  l 〔角7 "/.:.:.:.:.:r ' ̄'__./  | 'V: : : : : : : : : :\      ハッ、ハハッ、ハハハハハハハ……!
     l.:.:ゝヽ.:`        /   ` //.:/.:.:/" ̄      Y: : : : : : : : : : : : :.\
     从.:.:.:.:l>\ ____   ,.:.:/.:/V         乂: : : : : : : : : : : : : : \
   , ´//リ.:.! \   ̄ ̄ "  イ.:.:.|/レ'           ` <: : : : : : : : : : : : :ヽ
    //j.:.不  \    ィ ´.:.:.:.:|乂"                ` <: : : : : : : : : :.\
      / ⊂ニテニ> <ニ乂|乂                     ` マ: : : : : : : : :
       イ: : : :| |: : : : | |: :从       _____              ヽ: : : : : : : :
         |リ厄 | |: : : : | |う||__/ヽー ´      ヽ - 、       __ _V: : : : : : :
      人ク: : | |: : : : | |: )ル: ノ: : : : : : : : : /: : /: : : : ヽ―――≦: : : : :/: : : : : : : :


275珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:45:56 ID:gyE/MKys0

   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |     はははははははは!
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |     俺とルルが組めば、漢は史上最高の国家になれるだろ!
.  |         }     常識的に考えて!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        ははっ、ははははははははは!!
   /    く


 この時、二人は本気で口にしていたワケではなかった。
 親友同士、他愛もない夢を語り合ったのである。
 袁紹を漢のトップに据え、実務では曹操が辣腕を振るう。
 もし実現すれば、どれだけいいコトだろうか、と。
 洛陽は平和だった。遠い未来に、夢想を抱ける程度には……。

 しかし、これより約一年後、洛陽は風雲急を告げるのである。


276珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:46:25 ID:gyE/MKys0






 西暦189年、中平6年。五月。

 ―― この日、中華全土に激震が走った。
 後漢第十二代皇帝、劉宏……







277珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:46:41 ID:gyE/MKys0


       f⌒フ
      《"´
  ノ⌒ヽ、 V´ ̄`ヽ
  `ヽ._,ゝ) |ト、`ヽ、}
       `v/ `ー、ソ
    __〃__   ′
  (´二 二二 `)
   ) ー -+--‐(
  /  .:' l!  :.. ヽ.
 i   :: l|  :  i
 |   :: |l   :  |
 |.. . . :: ..|| . . . . .|   )
 | ゚ :...::....|!. . ..:...::..|   (
 |   :: i!   :  |
 |   :: !!   :  |   )、
 |   :: ゚il ゜ :  |    ソ
 |   ::゜|!゜  :  |
 |   :: il   :  |                     __   ◎  _n_n__
 l .....::..!i.........:  |                     | | r、   └i_n┌'
 ヾ.  ::″ ゜. ゙ヽ|                     |_| \>     く丿    [][]「l
   ヽ :_____丿            /´⌒ゝ‐-、                       くノ
            . : .: (´⌒ゝ   ( レ'フ  ノー-、
                ``´  /⌒/´f':::;:;。'   }
                 . . .: : :{   {_ノ-、゚'”ゞ-<
           . . : :{`ー-、 . : : :ヽ._ 〉-、 }"´ ノ }  r‐ 、
          . . : (⌒ヽ ヽ. 〉 . : : :::{   〉‐-<.._.ノ _ノ  ノ
         : : ` ー'  ̄´  . : ::::`ーヘ.__ノ    ` ̄´


 ―― 崩御。享年、33。
 諡号は、孝霊皇帝。今日では霊帝と呼ばれている。
 後漢の皇帝は夭逝した者が多い。霊帝もまた、その一人だった。


278珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:47:09 ID:gyE/MKys0

●補足 【霊帝】

      ,. < ̄ ̄\
    /¨\     j     ̄ ̄ ̄
   / /¨¨Y\  /               ` 、       後世の歴史家による霊帝の評価は、
  ./ 斧ミ,/  ,/                 \  \      決して高いとは言えません。
  ′ミ彡  /    /(  \ ヽ     \
  /⌒i   /    ,:     `ヽ .`   ,.            宦官と官僚(特に外戚)との争いは、
  |:\_j  '    / ̄ ̄`  `ミz  三= - ̄ `       つまり、皇帝と豪族との争いは、
  ¨¨¨¨f¨     ,                   . |   霊帝の代で宦官(皇帝側)が有利になりました。
    ノ      {  ,イ斧芹ミ      ,イ斧芹ミ }
       :|!   ヽ .乂::::.ノ     、  乂:..ノ  /      本来であれば、宦官とは皇帝の手足に過ぎない者。
       八     \:::::::.         ′ .:::   /   .: 八   しかし、霊帝は手足に踊らされてしまった皇帝として、
   八   `     > -  _         ノ  . イ/     歴史に名を残すことになってしまいました。





         ヘ
     /    j     -━==ミ         近年では、彼を再評価する声も上がっています。
    /    /           \
        /  /                  それこそが、霊帝の発案による皇帝直属の常備軍、
   l__/   .:                   西園軍の設立です。
       ′ /   ,/  (  
              /(   \             これまでの軍隊とは、宮廷警備兵を除けば、必要に
          /⌒`  _ ≧-=彡'       応じて地方から召集された兵隊が主体でした。
           f斧芹     f斧芹   |      しかも、地方から集まった兵たちはそのほとんどが農民兵、
     .|!    乂_り   .  乂_りV        士気も低ければ練度も低く、弱兵だったのです。
     八        '      .:   八 j
         .  `ト     r . _ ノ  /  .     ですから、常備軍建設は歴代皇帝の悲願でもありました。
          \ .>-   -= r  〔  /
      / ⌒..f......|! ≧ー< ` <个⌒ヽ     高級官位を金で売買する売官制も、霊帝は奨励しました。
      ,:............|......|!   ∧   |!..... |..........l     その意図とは、単に西園軍を設立するための、手っ取り早い
     .............. |......|!   ∨   |!..... |..........|     資金集めだったとも言われています。


279珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:48:05 ID:gyE/MKys0

     .,.==┐
     /@./―=ミ、
      l三/  -=ミ、          この西園軍は、完成する前に霊帝が崩御したため、後漢時代に
      Y  ノ=- _ .          機能することはありませんでした。
       ! f.j  f.j`Y .j|
     八人 '、  ,.ィ /ノ        しかし、次代の王朝がシステムをそっくりそのまま実行に移し、
       >T 〔`ミく         次代の王朝以降の歴代王朝が、西園軍を模した大規模常備軍を
        ///ハ.........}...`Y        設置するようになるのです。
     /..'.....V.........|......,:
    /⌒く⌒/¨ V...../:(
    >f 「....¨¨¨....../:::::}        こと軍制という、国家を守る最大のシステムを完成させ、歴代王朝に
     f ノ¨ T{¨マ, ̄1\::}        ほとんどそのまま受け継がれていった……。
    / ノソ ∧ マ,)ノ.  v
   ./_ノソ / .∧_ マ∧ ./         システムを作ったという意味合いにおいて、霊帝という皇帝は、
   /.......`/ー=∧........k          後の世にとてつもなく大きな影響を残しているのです。
  {.'⌒ヽ'      Y-=ミ
  .ヒ三リ     L _j                            ●補足 【霊帝】   終わり


280珪孔雀 ◆6pwBRmMwyQ2014/06/05(木) 20:48:37 ID:gyE/MKys0
                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   ┃                                ┃
                   ┃ 【正史】やる夫たちは中原で覇を争うようです【演義】.┃
                   ┃         第一部 『群雄争覇』           ..┃
                   ┃                                ┃
                   ┃       第二話 「覇者占拠洛陽」 中編       ┃
                   ┃                                ┃
                   ┃              終わり              ┃
                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


関連記事

霊帝は継いだ時点でどうしようもない状況だったしな、資金集めの方法はもっと冴えたやり方がなかったもんかとは思う
[ 2014/06/15 22:07 ] [ 編集 ]

売官制度についても色々言われている。
経済破綻を起こしてるの状況で豪族から税を徴収する力がないから売官という形でとったという説。
各地に軍閥ができてしまう原因にもなるがその兆候自体はすでにあった。
まだ科挙がないので官僚は豪族から選ぶしかないから漢王朝の株主にしてしまって運命共同体にさせようとしたなど言われてる。
[ 2014/06/19 13:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruyalibrary.blog.fc2.com/tb.php/2289-e8428fcb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。