ブログパーツ アクセスランキング













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫たちは中原で覇を争うようです 予告


81珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:39:24 ID:t0GkBedU0

【正史】やる夫たちは中原で覇を争うようです【演義】

始めまして。
このレス込みで11レスほどお借りします





82珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:41:03 ID:t0GkBedU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これは、野望を胸に秘めた英雄の物語である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●とある劉一族の場合

       ____
     /⌒  ⌒\    / }       中山精王・劉勝が末裔、劉やる夫だお!
   /( ●)  (●)\   | !  /)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \│ {//    大丈夫たる者、男たる者、劉氏の血族たる者、
  |     |r┬-|     |/^つyく     天下を望まずして何がヒトの生か!
  \      `ー'´     / {  `〈__ }
                ヽ  ′/     やる夫はやってやるお! 歴史に名を残すビッグな男になるんだお!
   劉備(字はやる夫)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ある者は自らに流れる血統を誇りに思い、先祖が成し遂げた偉業を我もまた踏破せん―― と志す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          , ゝ ' ⌒ ̄ ̄ヽ.ゝ―.、
        , ',´-             \
    ,.ィ'',´ィ              、 ヽ.      もう、お兄さまったら、あたしがいないとダメなんだから♪
 , '´ ,ィ´  ,ィ´                ヽ、. ヽ.
´ , '  , '/               iト、. !
  i  ,' ./  ./ /  , ハ./i.i .i ,i  .i  i、ヽ. !     あたしがお兄さまを天下の主にしてあげなきゃ
 ヘ  .// / /  ,イ/゛"'!i  !リi  i  i! i   !
  ! ,'.,'/ /, ,'_/','/   i! i!,'!_!_ノ, !,ィi i .i!
  ノ/ !,'! ,i!__!メ=ミメ、   i'イ夭斥テi!ハ!i l i!
. ノ,'i /!.! .ili! ,i7`、廴ソ  .ノ!ノ' ゞ‐!',' !丿! i!i
ヘ i,'!,ヘ.i ,'!i i i!i、"""  、 ノ' """ ノ! !'ノノi ト.!
. ヘ i!i! _ヘ!ヾミ、i!〉、ハ 、_ __,.  'ノ i_/ノ〉,!ヾ、
  ヘ!ィ!´`i!¨`ヾ、T´::!、 `  '´ . イ' i.!::7/′ `
  /.::::::::::::i::ヾ:::、::ヽ:i!_i>-<_,/!i i!!:/λ
       関羽(字はアチャ子)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 名の売れていない時期に、自らを正統に評価してくれた男を天下の覇者にと志し、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


83珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:42:29 ID:t0GkBedU0

                    _,. -――――‐‐-、___
                 __,イ ,ィ ゚´            `ヽ、       遠からんものは音に聞け!
              , ゚,:´ ,.:'´        . . . . .,.-―‐‐  ゚ : 、    近くば寄って、その眼に焼き付けよ!
             , ゚ /,.:´  ../,イ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―、       ゚ :、
            ,イ  ,:'´  .,:'´:./: : : : : : : . .       ̄`ヽ、     ゚:、   我こそは燕人・張飛!
           j.:  ,':  , -―ァ―r―<_: : : : : : : : : : : : : . . . . `  、   ゚、  この橋を渡らんとするものは、
           (: :. i: ,ィ/ `ヽ   `ヽ、  `ー< ̄`ヽ、:、: : : : , : `ヽ、. . ヽ  \ 肉を捨て、霊となって通るものと心得よ!!
           `ヽ0Y:            、 ヽ‘ ,-―≦禾ァ____   `ヽ゚:  ,ィ⌒
             (f :゚,    ヽ  、:.   、::.. \:\\三彡'´,ィ…‐-、_ヽ、____  i/廴_
          ,-‐-、{、:i 、:ヽ、.  ト、:.ヽ、:. ヽ、:::. ヽ、ヽ-‐==……'´: :,:-‐ミ、⌒/   /
       __,ィ≦-‐-、ヽ:i: i :ト、_、:.  :、゙_,ィ斗、ヽミ、ヽ、‘,ヽ ̄ ̄ ̄ヽ¨´: : ヽ :/゚  /ヽ
   __, ゚_,ィ , ノ_/ノ_ミーi:i: iィぅ弌‐'ヽ 仡ア iヾ、ミヽ   _____     ヽ__/ ゚ /    `
  ≦-‐',ィ´ ,イ-レ辷彡'´ミ、i:ヽ:.゙代汐`ヾi `´ ,゚¨ /_,..::゚ ̄ィ´⌒ヽ r‐イ ,f´0 /: :  ヽ:.:
    ̄'ー'´'ー'´ ̄ .入ー‐┴―‐、ミ、  r‐'! / f,ィ´:.:‐'二二二ミヾ/ / } /∩: : :  、ヽ
          厂 ̄ ̄ ̄ ̄\ }二二二二::-―'´ ノ ____/__/__ ノ`´__ノ、: : : : . ヽ
            /    ,ィ≦≧ヽム`ー、fr i/  V__,ィ≦((こ))=-イ⌒ヽ<´   `ヽ、: : : .
                  張飛(字はトウカ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あるいは、友人のため、死するときは共にと誓い合った兄弟のため
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ              忠義、か……
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }              我ながらバカげたことをやっているよ
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--      それでも、
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄       やる夫殿から頂いたご厚恩に
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\           背くわけにもいかないのが、
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\         ..軍師の辛いところだよなあ、まったく
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ      やれやれ
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ      それじゃあ行こうか、
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \      我らが大恩ある主君のため
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广     数百年後に滅ぼされる國のために……
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
              諸葛亮(字はヤン・ウェンリー)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 稀代の怠け者を心の底から 「先生」 と慕った、あのバカな主君のために……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


84珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:44:02 ID:t0GkBedU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これは、卑しい身分に生まれ、周りから蔑まれ、疑われながらも、漢室に忠義を尽くした英雄の物語である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●とある宦官の息子の場合

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)     俺の一族は宦官の出身だろ
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     それでもオヤジは俺に忠義のなんたるかを教えてくれた
          ,|         }
       / ヽ       }      俺は漢王朝の一臣下として、常識的にお仕えしたいだろ
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く        このプレゼント、皇帝陛下、喜んでくれるといいなぁ……
        ヽ、      |
            |       |
       曹操(字はやらない夫)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ある者は自らに流れる血に苦しまされ、風前の灯たる漢王朝に再生の息吹を吹き込もうと志す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                二''-.ヽヘ / /  ゛''''‐‐‐--....
                :::::::゛゛''''‐''''  ̄''‐-...,,_,,..-‐'"
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘヾ 、      だめだぞ、やらない夫さま!
       /::::::/:::::::::::/::::::∧:::iヾ:::::::::::ヽ::.i',:::::::::::::::'., ヽ',     袁紹軍は大軍といっても、
      ./:::::::::/::::::::::::i:::::::/ ',:::',',:::::::::::::i::::i .'.,:::::::::::::::',       ここで官途港を明け渡したら、
      /:::::::::./::::::::::::::|::/'‐-..',::',',:::::::::/|/__',ヽ:::::::::::|       きょーとーほを作らせちゃうんだぞ!
     ./:::::::/i::::/|::::::::| .,ィ=-、  ',::::/ .,zrx  〉:::::::i
    /:::::::/|::::|:/:::|::::::::.《 .fチり   ∨ ,r”.fyリ》 ./,i!:::/
    /:::::, ' i'::::::i/( ヾ|ヾ::', 'ゞシ      .`-'  // |/           やらない夫さまはえらーい!
   ./::::, '  |::::::,':::ヽ in/7./7     ’     | /     iヽiヽn    やらない夫さまは世界で一番かっこいーい!
  ./::./   |::::,':::::::::|! |///7          .ノ\     | ! | |/~7
  ./::/    i::::::::::::::i~| | | ,' '  γ゛゛゛)   /:::::::::\   nl l .||/  だから許昌に帰ってきたらダメだぞ!
 .//     ∨:::::/| | | | l {':j`i_ '‐- ' _,,-".゛'' .,::::-.,,_ 三:.||ー---{   きっとオチンポ・カタストロフィがやってきて、
 ,ソ     /::._> | '" ̄ ̄iノ .l| .゛''‐ ''"i     >-.,,-.二| ゝ    ',  一発逆転の機会がくるからさあ!
       /γ\ l   γ /     |     ヽ、 ヽ::゛ヘ  ヽ   }
    .-='-‐|   7}     / )'-.,,_ __,,,,,ツ     ,>  i:::::::ヘ     ノ
       ./|   ∧   /-i-..,,_ .∫.  \_ ,r'   .|'-゛/   /
      /::.|  /    / / ∂ ゛∫'"υヘ~ヘ     .|Υ   /
              荀彧(字は響)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 主君と志を同じくし、漢室への忠義を果たそうとし、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


85珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:46:04 ID:t0GkBedU0
: : : ヽ: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:ヽ:.: : ヽヽ      //,
: : :.:.:ヽ:::::.:.:.:.ト、:.:.:i.: : : : :l: : :.:.ヽヘ   / / '/
:::::::.:.:.:iヽ::::.:.:.:lヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヘヘ, '/  7  /     古い主様を失って、新しい主様を得て……
::::::::::.:.:〉 i:::::.:.:l ヽ:.:l、:.:.:l:.:.l:::::.:.:.:.ヘ  7/  /,      そのどちらもが素晴らしき英主ですわ
:::::::::::::i  l::::__l_l__l_::l:.:.l::::.:.:.:.:.ヘ∠/  /
:::::::::;-l―土-+-l‐7:::::l:.:.:l:::::.:.:.::.:.:.l'´  /       わたくしはなんと果報者なんでしょうね
::::::'、¨::l二_l::/  l:/ l:::.:l:.:./:::::.:.:.:::.:l:.l   7        主様のために戦い、主様のために死す
ヽ:::::lヽ、==l/-―ナ>/::.:/:.::::::.:::::::.:l:l  = ',        死に際まで完璧、来世が恐ろしいですわ
 ヽ::l   /  ̄フ¨´//::/:.:.:::::::.::::l::::ll--'¨
.l  y       ノ/;:イ::.:.::::::::::::;:li::ll>          さあ、行きましょうか、曹軍の精鋭たちよ!
ノ         //:::::::::.、―'l/lハ:.ヘ          我らは七〇〇〇、対する呉侯・孫権軍は精鋭一〇万
          /i:::::':.:.:.:.i```リ:::.ヘ:ヘ         戦う相手としては、まったく不足がありませんわ
ー一'´     イ:::::::::::::.:.ト 、::/::::::::.:i.:.i         我が名を〝最強〟の将として青史に残すためにも!
 `     , ' lフ 'l::イ::::.:ト l:::/:::::::::::::l:.:l                 いざ、出陣!!!
 張遼(字はカルラ)  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かつて恋い焦がれるほどに憧れた、〝最強〟の二文字を人生に書き加えるため、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                  ー-、
 『僕は曹操さまに憧れた』                 ,....-‐==≧、__
                             ィ州州州州州州≧x `
 『あの醜く卑しい宦官の息子をね』      ィ州州}li州|lⅦi州i州Ⅸ}ハ
                           イリ州州Ⅶ}l}i}l|Ⅶ}iⅥ州li州li
 『あの男に仕えることが、          ,イ州州州|‐Ⅶ州|! }l}ハⅥリ州州
 イヤでイヤでたまらなかった』        /イ州州l  Ⅵヾ! リ__`ソ l州州!
                          ノ'州l}l|.,ィ云ミ   .ィ云ミ、l州州ミ、
                            |! |l州li!l{弋リ .i 弋リ〃リ}!Ⅶ
 『……でも』                    |リ、ハ` ,;,   :{  `, ;;,../リイ{!
                               }! `∧;;;  r―┐;;;;;/{!
 『なんでだろう?』 ..                   }!l}\. ゝ ノ ./ハ{
                               r≦}、_>ー<_z|≧
 『胸にポッカリと .                  _ィ!三ミ== | r==ニ彡ト、
  穴が空いた気分だよ』        ,ィ==ニ三///////l_|_|//////ミ三ニ=―-、
                         iハ/////////////l  |'///////////// ハl
  ――だから、決めたんだ        l/ハ////////////,l○!'//////////// ハll
                        l'/ハ'///////////,! .!'/////////// /.//|
 僕はあの男の……   ..       ノ'//∧'//////////,! .!'////////// /.///l、
 あの男が守りたかったものを ,  lヘ∨/,∧'/////////,| .|'///////// / ///,ィヽ
 僕が、受け継ぐんだ……!    f' ミヽ'//l//////////l○!'//////// ,' //-=彡イ
                        ハ二ニ.ヽ|//////////| .l//////// , /<ニ彡'〈
                             司馬懿(字は球磨川)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なにも持っていなかった。尽くすべき忠義をなくして、智謀など意味をなさない。あの男はそれを持っていた。今度は……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


86珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:47:51 ID:t0GkBedU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これは、英雄三代に渡る、大業と発展の物語である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●偉大な英雄二代を託された青年の場合

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     兄上ェ……!
     /    。<一>:::::<ー>。    僕には、僕には無理なんですよ!
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜   曹操軍一〇〇万を前にして、
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。    どうしろと!?
   / ,_ \ \/\ \     どう頑張れって言うんですか!!
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.  
     孫権(字はできる夫)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 偉大すぎる父と、兄を持つ若き英雄は、彼にできる限りの才を絞って運命の奔流に抗う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶     僕は、できる夫様の兄君と友誼を結びました
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ    貴方の兄君は、決してできる夫様を僕に託しませんでした
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i    
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!    僕を、できる夫様に託した。貴方が主君であり、僕は臣下だ
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|    僕の知勇のすべては、貴方のためにある
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/     貴方は抜き身の刃を手にお持ちだ
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'      一〇〇万の軍勢であろうと切り捨てる、修羅の刃です
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´        ですが、貴方は怖がっている
   :::::|| |!. 、                r ´          敵を、ではなく。御身が手にする切れすぎる利剣を、です
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ             ですが、恐れることはない
            、        /               できる夫様がお持ちの刃は、決して御身を傷つけることはない
          、.   , -‐丶   _                だから、僕からお渡しする言葉は一つだけ……
         \イ \    ̄                 号令を! 孫呉の興廃を懸けた、大決戦の号令を!
          \.  ヽ                   さすれば、臣・周瑜は大賊・曹操の首級を上げてごらんにいれる!
      周瑜(字はライト)


87珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:50:22 ID:t0GkBedU0
. / / //...'i_// // // /  / ,',' ','l| ,
/ / /, ̄"'')) // /////  /  ///|ili/
. ///'"/ γ' /  // / / γ'"=-、//l|      関羽……! 関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
/l l |//__,,/  / , '/ ./ /  //’./i////i |     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
 ヾ'"" ,-ー_’''ー< / ./ ,'  ,λ/ ////i/|/     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
. / ,-'"/ _  ト<二=、,,,'ノ/ /// .l |'      関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
.>l ,'"l ん、."ゝ l(// ,' / ///// / /i      関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
.( ゞl l C))//.,イ .)l .,' / / ///ー-,,/l|      関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
 ヽ|'、 ヽ、_,,/丿/|.| .' / ///// / /"'-、     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
   ー;-- ,,__人ー l |/ i///  /// / /      関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
    "'ー--' .) )     / -ー'==''-' 、     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
     , ー--'_丿       /’,--、ヽヽ    関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
     ( (,          ( ((_ ,  l ',     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
      "  '        、ヽ、__,,ノ ,l     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽
     、、           ヾ   '"     関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽関羽ゥ……!
     ヾミ 、               ,     クァァアアアアァァアアアアアンンンンンンンンンンンウウウウウウウウウッッ!!!
、      '' ミ __、           //
ヽ                  ,,-"///     ようやく貴女の首をぽっきりと…… 大都督・魯粛の無念…… 
l| \              ,,-"/////      我ら孫呉を軽んじる、その態度……! 許せない…… 許せない……
   ヽ、_        _,,-"l//// // ,      でも…… フフッ…… でもぉ…… 関羽よ関羽、貴女は水の檻にお熱なの
       ̄"'''''''''''''''''   ),./// // /      わたくしの茨にきづかない。 きぃづかないなら、そのくびを……
  呂蒙(字・雪華綺晶)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大恩ある師を侮辱し、仕える君主を「犬」と呼んだ、憎き天敵をこの世から抹殺するため……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


88珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:51:32 ID:t0GkBedU0

   /       ,_,              ',
   /       ( l 、            ',
   l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l    ぬぅ……
   l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /    劉備軍の進軍速度はバケモノだな……
  │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /
   | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ    だが、抜かったぞ劉やる夫……!
   l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   )  
   ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /    貴様が抱いた分不相応な大望を火薬に、
    ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _    燃え落ちるがいい!
       _ノヽ\    -    , '// \   )   この夷陵を焼く劫火と共に!
       `ヲ.  \      / //    `''‐'-,
    , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /
  , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )
//      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く
ヽ.ヽ、        l      ヽ >      l
         陸遜(字はシャア)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自らの家に絡まる既得権益を守るため、仕方なく出仕するも頭角を現したもの……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


89珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:56:10 ID:t0GkBedU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 数多くの英雄が現れ、覇を競い合った。彼らが争うばかりでなく、時に手を組み……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────────────────────────────────┐
│┌────────────────────────────────────┐│
││                 __                                    ││
││                ´     `                                      ││
││              /        \              洛陽にて             ...││
││            /           ヽ                                 . ,││
││               '               ,                              ...││
││            |   ` ー ノ    ⌒   }                                 ..││
││                |   ( ● )   ( < ) i       __                    ..││
││              i               l     <     > .                   .││
││.              l    (  ノ、 ヽ   ,'  /_       __   \                .││
││               l     弋ー‐チ′ /   ´ `    ´   `   ヽ            ..││
││      ___ rチ厂ケ、      ̄     /__ / ( > )   ( ● )    ',            ..││
││    , ´      ̄ ¨´ .∨≧ュ _  _ノ  '           ヽ        .            .. ..││
││    ,                      {    ( _ j、 _ ノ      l     ,ィz´〉..    ..││
││.   l       _                 i      {     j         ,'  r< ヽ`j      ..││
││.   !      i_」                入.    ` ー 一'       , イ_  lヌ´  ./     ...││
││   '    /У 二!            l  >           , z チ ./ ヽ 〈   /      ....││
││  / ___∠/  ー:}             ト、        `</!    /    V   .!      ....││
││.  〃         二ソ    , 、        j /             ,'   /    /   |        ...││
││  {       / ー― "    ー― <l ,'          ノ   /   、 ,    |        ...││
││ ∧ _ >"´                j {         /    〈   ∧    .,'       .....││
││       i                ,' .!          レl    .!   〈.∧   /        ....││
││        l                 { l           | l / ,リ   ,'  ゞ __/       ...││
││.      /                  ヽi           l j_/ノ′   !              ...││
││        .:                  l                 {            .....││
│└────────────────────────────────────┘│
└──────────────────────────────────────┘

                  ┏━━━━━━━━━━━━━┓
                  ┃  最高の日、最高の友人と  .┃
                  ┗━━━━━━━━━━━━━┛


90珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:56:38 ID:t0GkBedU0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 時に争った。歴史に浅くしか名を残せなかったものもいれば、深く刻みつけたものもいる……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「 戦った。あの平原で。あの山麓で。
  ..憧れてた。戦友だった。
  ..だけど、もう、みんな死んじまった。
  ..最後に残るのは、案外オレたちの知らないヤツかもしれねえな 」


91珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:58:02 ID:t0GkBedU0
西暦217年、建安22年。
【益州漢中郡・とある場所にて】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____----------::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::; ; , ; ;: : ::; .:, :, ; .; ; ;; .;  ,,,、i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::............   ''''''''''''''......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ___,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::................         .......        _,、‐" ̄ ̄;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................................     .......    ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                __                ____,,,,、----‐‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
~`'''-,,..._          ,,r'´;;;`'''‐-、、__      ,,,,、--'''´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_  __,,、-‐'''′;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー--、-'´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,,__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r'´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"''--、,,    ,,_、-‐"
               ,,,,_∧ `--、_r''
                (;;;:...,゚)  //
               ノ;;::..|   'i, `':::-、、,,,,,,__,,,
.:: ;;..,,;;   . , ..;.. . ~;;;::..ノ. ., ,::'i ==i::::==:::   ̄`ー、___ ;.,,.:;: ..,.,wiレノvv;,... .,, ;::,,:;' ,,;; ;.. ., .;;. ;,;;.
  .  .. ,     ,.:;;: :';;'' ;;.  'i  :::`´::::::  ^  ^  ''''ー-、_ . .;'' ' .   ' ; :'    . .


92珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:58:49 ID:t0GkBedU0

                    -―-
                  /::::::::::::::`ヽ
                 i::::::::::::::::::::::::::i              やる夫オォッ!!
                  |:::::::::::::::::::::::::::|              てめえ、てめえ!
                  ,イ "|:::::::::::::::ィ(c7:::|爪ヾ=≠≦ヽ      なんで漢室に刃向うんだ!
        _  イ´/::l !::i:::::::::::::::::: ̄::r/ リ )从  圦
       从7ミヽ:::::::i::::! !::::::::::::::::人::::::::j/:::::!! !| j  i!ノハ     お前、前に言ってたじゃねえか!
      ィミ) ヽ:::::::::}::弋ヽ:::::ヽ:::z- -メj::::// .i!    !| イト、    体に流れる劉氏の血統だけが、
     r三`ヽ::::::::::::::::::|:::::::::)〉::::::::::::::::::::::::::!' ノイ i   |l  ク!     お前の誇りなんだって!
   /: 三: : ::::::::>==7¨`!:::乂::::::::::::::::::::::::::((  /   ,| // ∧
 , '::( ̄ ̄ ̄7{入 イ ヾノ人:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ /    /!  ノ ∧   俺は憧れたんだぞ!
.,'::::::/―――{ :| !´ .|  ヽ:::::::`ヽ、::::::::::::::::::::弋以>  /:::\  イノ〉  劉氏でありながら下は庶民と遊び、
i::::::i      ∨´\ \  }ァ⌒ __〉::::::::::::::::::::::ー――ァミミニ) !  /∧  上は皇帝陛下の信頼をたやすく勝ち取った!
代:::>     ヾ>‐ つ‐し':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヾ `ミ! / ∧   劉やる夫を! 俺は尊敬してたのに!
ヾ三≧=ニ三>‐' ̄´ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽニニ 爻   ト、 
             }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    \ ニ刹ニ //!   そのお前が、どうしてッ?!
              )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}      )少  / / 7  どうして漢王室に刃を向けるんだよ!!
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ      \ ヾ三≧ソ 八
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リト-      \}:::::::::}   i
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::)      i:::::::::::、  l
           r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ\       .|:::::::::::入 !


93珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 20:59:18 ID:t0GkBedU0


                          -――――-
                         /          \
                     /              ゙
                        ′             i
                     i _             _.|           答えろッ! 答えろよ、やる夫ッ!!!
                     |   \   ilili   ./   |
                     |  〃 \_jiiliil、_/    |       やぁぁぁあるぅぅうううううおおおおおおオオッ!!
                     |  { lililリ }ilililill{ lililリ }   |
               -- 、    |   l´   i   `l   |
                 /   /⌒Yヽ!   ゝ __人__ ノ   |
             /   /   |  \__{|l|l|l|l|ll||ll|i}    |
              〃i.  /    /    i\:::::::`ヽl|l|l|l|ll}     ,|
              / /   /    /}   ./  \::::::::|`1 ̄` 「 ̄ ̄/
          ∨               ノ|:::::::| |  __|   /{__
           }                  }:::::::| | ̄  l   /:::::::/
          /:::.                   |:::::::|    /  {:::::::/---..
         /::::::::::.                 |:::::::|、 \_/ /::::/:::::::::::::::..、
       /::::::::::::::::::,             ;::::::::| \〈 /{:::::::::一ァ::::::::::::∧
        {::::::::::::::::::::::.             ,´ヽ:::|   }o |::::::::::::::|::::::::::::/::::i
        |::::::::::::::::::/´}             /  /}:|   }  .|::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
        l:::::::::::::/::{\\          _/_,..イ:/::!    }o |::::::::::::::{:::::::::::::::::::|


94珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 21:00:27 ID:t0GkBedU0
: : : : : : : : : , r          ,_m,、          ヽ: : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : :/     _ , r ‐ ''' ´},,州,,{ ` ''' ‐ - ,     `ヽ: : : : : : : : :リ
: : : : ,r´   _ , r ' ´    _,,,ニ=ニ,,,_     ` ' 、   ヽ: : : : : : /
: : : :{  , r ´ _ r==三三三三三三   ̄ `==、   `へ ` }´: :ノ
` '‐-}´_, r=三三三三三三三三     三三三三==、  ヽ{:/      ハッ、何を言い出すかと思ったら、
   rニ0三三三三三三三三三二二二三三三三三三三三0 {        やらない夫、どうしてだってお?
  ≦三三三三= ̄ニニ、"、"   "">´,r―-ニ_` ̄ ̄ ̄ト         どうして? どうして? どうして?
...    ;| "  r ' ´ ・   } ;::ヽ   i;:/ {  ・   ヽ    ;;;         お前は離縁状を突きつけられた女かお?
...    ;|     ヘ .     /       \     .リ    ;;;
.      |      `ー-〈       i    〉ー― ´    y         やる夫は男に生まれたお! 
..     |          ゝ、     _人  ノ          |          やる夫は大丈夫、そして劉氏の血を引く男だお!
      ヘ     ,、r― . ` ̄´    `´.―--ャ      ト
      ヘ    λ`=-――'--------≧´/     リ、        だったら、やる夫にだって天下を狙う権利はあるお!
    , r‐: :ヘ     `ヽ` ̄'‐--―-―''´フ'        ノ  ` ' 、    そして、ようやく天下を伺える場所まで漕ぎつけた!
, r ': : : : : : : :ト、      ` ー―---― ' ´     /| L_   ヽ   その過程で多くの志士が生命を落とした。
: : : : : : : : : : |  \     ー------―,     /  |、| | | | ̄| |    みんなから期待を、希望を託されてるんだお!!
ヽ、: : : : : : : | ヽヽ \                   /  ノノ ヽ| | | | |     軟弱な漢室なんて必要ない!!
、 ヽ: : : : : :|三≧,ヽ ≧ー-- _      _≦_==三三三ヽ| | |     取って代わって、豪族にも宦官にも毒されない、
 ヽ ヽ  /三三三三三`====三三三 ̄==三三三三三|       強力な國にしてやるんだお!


95珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 21:01:29 ID:t0GkBedU0
                    _____
                 /          丶
                     /            ヽ
                i                  i
                  i__ ノヽ、____      |      ……変わったな、やる夫
                    |{;;;;;;;;} l l {;;;;;;;;} i      i      反董卓連合を作った頃とはまるで変ったよ
                i ー    ー "      │
                '    ノ、     `    │     いや、違うか
                `ー-'  ー---ー'      │     俺が、劉やる夫という〝獣〟を見抜けなかっただけ
                {  ー―           ト,     ……俺も見る目がないってことか
                     | ´   `      >'#´#|    
                  ,ゞ、       .≦######|     悪いが漢室は渡せねえ!             .ホコリ
                   ∨:>┬― ,ィハ##Ⅱ###ト、    皇帝陛下をお守りすることこそ、宦官の息子の使命!
                   ∨|ヽノ  `l¨´/|  }##>'': : ヽ、_  豪族なんぞに玉体をみすみす渡すことはできないんだよ!!


96珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 21:02:09 ID:t0GkBedU0
                 r 、_、
                i ヽ〉__/ヽ
                  \    /
                  r._{___iィ
                 ト、__,.イ /  ̄ ̄ \
                 i/////i        i        ……全軍に告ぐ
                 |/////{  、     , |
                 |////,∧ i \  ノ |        漢室の存亡はこの一戦にあり
                  ∨////∧::::::::::::::::O:).j__      敵将が漢室の血を引いていようが、躊躇うことなく剣を振れ
                 ∨////∧:´ i  Y////      奴らは敵ぞ、皇帝陛下に弓弾く逆賊ぞ
                      ∨,/////ハ¨^¨´イ////{__
                    i///////}\/{/////∧     我は漢室を擁護するもの!
                    |///////! io }//////ハ     我は漢室の敵、ことごとくを討ち滅ぼすもの!!
                    |///////! i  {////{///i                          . ツワモノ
                        }//////リ {o !////!///!    お前たちは俺の兵、漢室を守る聖なる兵たちだ
                      ///////}  | ノ////,!///|    臆することなく戦え!
                 ////////'   ! {/////,|///,!    皇帝陛下をお守りするんだ!!
                /////////{   /! |/////,|///,|
              ///< ̄ ̄ ̄_彡'{:Ⅵ/////,!///,}
            /´ ̄:::::::::::| ̄ ̄:::::::::|:::::\////{ニニア    ――いざ!!!
           /´ ̄ ̄ ̄`´}::::::::::::::::::::i:::::::::::\//|__j/
                    |::::::::::::::::::/{::::::::::::::::\{
                     |::::::::::::::::/ |::::::::::::::i´
                      |:::::::::::::::;  |::::::::::::::::|
                       |:::::::::::::::   !::::::::::::::::|
                  |::::::::::::::;   |:::::::::::::::::
                   |:::::::::::::;    |::::::::::::::::|
                    |::::::::::::;     |::::::::::::::::|
                     |::::::::::::{    |::::::::::::::::!
                     _|:::::::::::::i    |:::::::::::::::|
                〃 ̄ ̄  }     「 ̄ ̄i´
                  ̄ ̄ ̄       ゝ---'


97珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 21:02:48 ID:t0GkBedU0

            ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `
         /                                     諸君! 聞くんだお!
        /              '.                        この漢中はやる夫の先祖、劉邦様が
.        /             \                           王に即位された聖なる地!!
       |              \_}                         漢室四百年の歴史が、
       i              「fメ、 i:|                       漢室の皇帝二十八祖が!
                       `¨、 i           (_ ̄`ヽ-、
        '.             {     )ノ           とヽ  `iヽ      諸君らを天から見下ろしておられる!
        「三三三三≧ミ    ゝ, --'/            「ヽ と〉     {
        |三三三三三三三三ニヲ-'/           { `ー ' ___iリ      この劉やる夫が許す、存分に戦え!
        人三三三三三三三ニ/一'            \_/___,}ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`::.. ___          ヽ/::::::::::::::::::\    
     ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::`¬..______}::::::::::::::-=ミ::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::ヽ:::::::::::i    ――いざ!!!
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::\::::::}
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
ー一'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_彡'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/:::::::/::::::: -――――   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄{ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  }
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ  '.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   〉


98珪孔雀 ◆EfbwRpjX9Q2014/06/02(月) 21:07:50 ID:t0GkBedU0







                                 「「 全軍、進撃ィイ!!! 」」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 申し訳ありませんでした
 私の計算違いにより、予告した数より多くなってしまいましたorz


 【正史】やる夫たちは中原で覇を争うようです【演義】

 6月3日 午前零時(今から三時間後) より投下開始します
 三国志知らないよ? という方も、
 三国志? 名前くらいなら という方も、
 三国志? 好き好き! という方も、
 
 どうぞ気兼ねなく見てやってください。
 では!


101名無しのやる夫だお2014/06/02(月) 21:11:01 ID:VCrbANwY0
面白そうだな、期待。


102名無しのやる夫だお2014/06/02(月) 21:11:20 ID:OV3SubvU0
乙乙


関連記事

宦官だったのは曹操の父親じゃなくて祖父の方だろ
[ 2014/06/26 01:43 ] [ 編集 ]

【古代に存在しない朝鮮人】
朝鮮民族の成立はおよそ1000年前と新しく、彼らが主張する古朝鮮民族というのは、
倭人・中国人・満州系・その他多民族を指す言葉です。古代に朝鮮民族が存在したのではなく、
現在も存在する他民族が半島にごった返していた状況に民族主義を無理やり当て嵌めたのが古朝鮮民族という捏造の人種です。

在日朝鮮民族が好む「古代半島の朝鮮系が・・・」と言うセリフは、過去に朝鮮民族が存在していないため~系とぼかしを入れた表現です。
実際には朝鮮系すら存在せず、他民族がそれぞれの民族史を作り上げていただけです。

ちなみに、韓民族という人種は現在の韓国人とは全く別人種です。過去中国中部・北部や半島に存在しましたが、この民族を近年の朝鮮民族が偽称して盗用しているだけです。
ですので、本来の韓民族≠現在の韓国人、となります。
[ 2014/07/11 09:28 ] [ 編集 ]

そうだな曹操は宦官の息子の息子が正しい
のっけからこんな間違いで大丈夫か?
[ 2014/09/11 04:57 ] [ 編集 ]

曹操以外に、宦官の一族の英傑っていないのかな
[ 2014/09/13 17:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruyalibrary.blog.fc2.com/tb.php/2285-17b337ab


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。